mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 喜多郎の世界とその音魂を語る

喜多郎の世界とその音魂を語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月25日 09:27更新

とにかく、世界に羽ばたき、喜多郎の世界を日本を音魂で語る喜多郎

その音魂を 深く 浅く 優しく 語ろう。

何処までも やさしく 激しく 魂 を ふるわすその旋律 

過去と未来の時代をつなげる

糸つむ

喜多郎 を 何時も楽しんでいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次に、アップします「天空アルバム」〜

僕は音の手紙を送ろう
天は駆けめぐり
空白を抱きしめて。
遠い遠いかなたの方へと飛行する。

山峰を超え
大海原の向こうまで。
アンデスの峰に舞い降りて
ネパールの腹を撫でてゆく。

音たちが流れる姿を見てごらんよ。
風の道に足を止め、耳を澄ましてごらん。

自然とは恋の彩(イロ)に満ちたもの。
日々新たな物語をときほどく

草花は拍子に合わせて息を吸い
虫はそれぞれの調べを奏でる

光は翔び、風は呼んでいる。

さあ、音をつかまえて・・・・・・
光を好みで感じよう。

いのち有るものを感受すれば、
無垢の人はこの世のいかなる小さき溜息にも
耳を傾け、夢織り人になりゆく。

彼らの夢は世界に広がる。
人は言葉のない愛の調べを歌い始める。

ここはすべてが始まるところ。

息をはずませる君の彩が
夢に出逢える場所。

平和のしじまに、君は歌いさればいい。

ココは、君の場所。


喜多郎 アルバムLP 天空 から 1986

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
同じ思いです、そう在りたいのです。

今、まさに皆が真に魂の、意識変革の時代に、なりました。

心 色々な魂 を つなげる事を、喜多郎は教えているようにも感じます。

私は、1980年9月18日初めて行った、渋谷パルコ・コンサートそこで喜多郎と触れた。

写真は、その時の入場券及び会場に配られたリーフレットと、後日発売されたその時、その日のデジタル録音アルバム、喜多郎インパース・LPです。

その後

1988年8月8日、富士パノラマスキー場での

「命の祭り」での再会の音。(自己採録音あり)

曲の終わりで、私はアンコールのつもりで、「地球創生」と大きな声で語った時

「ア、ソウデスカ」と語った喜多郎。

あの時は、皆多くが瞑想に入ってた。

ああ

今は、すべてよき思い出になってます。

語ろう語り合いたい、そんなことを。

天空・大地・オアシス・絹の道(シルクロード=NHKシルクロードのテーマ曲)・敦煌(前出、NHKシルクロードの敦煌の場面で使われた)などにつづくLP全盛のアルバム、すべてが今も語りかけてきます。




 

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 12人

もっと見る

開設日
2007年12月7日

3399日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!