mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > サカリ・オラモ

サカリ・オラモ

サカリ・オラモ

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年8月18日 19:05更新

指揮者サカリ・オラモのコミュニティがないので作成しました。

まだまだ情報が不足しておりましてすみません。

サカリ・オラモ(Sakari Oramo、1965年 - )は、フィンランドの指揮者。

シベリウス音楽院でヴァイオリンを学び、17歳でアヴァンティ室内管弦楽団の創設に参加する。その後、フィンランド放送交響楽団のコンサートマスターを務める。

1989年から3年間、シベリウス音楽院の指揮者ヨルマ・パヌラのクラスに在籍した。1993年、フィンランド放送交響楽団の指揮者が病気のため公演の直前にキャンセルし、代役として指揮台に立った。この成功により、同交響楽団の正指揮者の1人となった。1999年、バーミンガム市交響楽団の音楽監督に就任、2003年5月、同交響楽団が主催するフルーフ音楽祭の芸術監督を務めた。同年6月、バーミンガムの中央イングランド大学から名誉博士号を授与された。同年9月、フィンランド放送交響楽団の首席指揮者に就任した。


修正中です。。。



王族ストックホルムフィルハーモニックオーケストラでアラン・ギルバートの後任となるSakari Oramo
ヴィヴィアン・シュバイツアー
2006年3月31日



Sakari Oramo

エードリアンバーミンガムBurrows/市のSymphony Orchestraによる写真

フィンランドの導体Sakari Oramoは2008-09の季節に始まるロイヤルストックホルムフィルハーモニックオーケストラの車掌長と芸術的なアドバイザーに任命されました、とRSPOは発表しました。

OramoはフィンランドのRadio Symphony Orchestraの現在主要な導体です。 彼は最近、バーミンガムSymphony Orchestra、1999年以来彼が保持している位置の音楽ディレクターを辞任して、2008-09の季節から始まる主要な客演指揮者になると発表しました。

彼の新しい役割を批評して、「私は、ロイヤルストックホルムPhilharmonicと共に客演指揮者として長い関係を持って、我々の関係が非常に強い音楽の地盤で築き上げられると信じます。」と、Oramoは言いました。 「この新しい役割の組み合わせとフィンランドの最も偉大なオーケストラの私の位置に伴うCBSOの私の新しいタイトルは、私がさらに強いスカンジナビアのオーケストラのアイデンティティを保育するのを可能にするでしょう。」

RSPOとのOramoの契約が3年間それが広げられるという理解と共にあります。 彼はアメリカ人の導体アラン・ギルバートの後任になります。(1999-2000の季節と踏む計画が2007-08 季節の終わりにダウンするので、彼はオーケストラを率いました)。

OramoはヘルシンキでシベリウスAcademyを卒業しました。そこでは、彼がヨルマPanulaと共に研究しました。 彼は頻繁にベルリンとニューヨークPhilharmonicsを含む主要なオーケストラを指導しました、アムステルダムのConcertgebouwとOrchestre deパリと同様に。


2006年より、フィンランドのコッコラ・オペラの首席指揮者も兼務している。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2007年12月2日

3297日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!