mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > イルデブランド・ピッツェッティ

イルデブランド・ピッツェッティ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月20日 17:35更新

イタリア人作曲家、イルデブランド・ピッツェッティのコミュニティーです。

あまり詳しくはありませんが、なかったので作ってみました。
皆様から勉強するつもりです。
どうぞお気軽にご参加ください。



イルデブランド・ピッツェッティ(1880・パルマ〜1968・ローマ)

イタリアの作曲家、音楽教師、批評家。
生地パルマの音楽院で学び、ジョヴァンニ・テバルディーニから15世紀から18世紀の音楽を学ぶ。
1915年、ダンヌンツィオの台本による歌劇『フェードラ』でデビュー。
マスカンニやプッチーニの音楽が主流だったイタリアにおいて、新しい形の音楽劇作品として紹介された。
その後、言葉と音楽のドラマ化を理想に自らの台本に作曲する。
代表作として『デボラとヤエーレ』(1922)、『大聖堂の殺人』(1958)などがある。
ギリシャやイタリアの古典音楽から強く影響を受け、それらを主題とした室内楽、オーケストラ作品、室内声楽曲(歌曲)なども多く作曲する。
日本の皇紀2600年を記念した、恩賜財団紀元2600年奉祝会への委嘱作品として『交響曲イ短調』を作曲(1940)をしている。


音楽雑誌への寄稿も多く、生涯を通して批評家としても活動する。

また、フィレンツェ(1908−1924)、ミラノ(1924−1936)、ローマ(1936−1957)の音楽院で教職につき、院長も務めている。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 11人

もっと見る

開設日
2007年12月1日

3647日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!