mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > グルメ、お酒 > 抹茶をこよなく愛する会

抹茶をこよなく愛する会

抹茶をこよなく愛する会

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年10月18日 13:44更新

概要
抹茶は、有態に言えばチャノキ(いわゆる「茶」)の葉を粉末としたものだが、その製造工程において緑茶とは異なり蒸してから乾燥させ、これを砕いて葉脈などの不純物を取り除き、更に茶臼という臼でひいたものである。江戸時代までは茶臼でひきたてのものを飲用していた。茶道では前日などに茶臼でひいたものを飲用する。家庭用には既に粉末化されプラスチックのフィルム袋に密閉されたものが販売されている。変質を避けるため開封後は密閉容器に入れ冷暗所に保存する。

その種類には、黒味を帯びた濃緑色の濃茶(こいちゃ)と鮮やかな青緑色の薄茶(うすちゃ)がある。飲料として飲む場合は、濃茶は茶杓に山3杯を1人分として、たっぷりの抹茶に少量の湯を注ぎ、ポタージュスープより少しゆるい程度のとろりとした入れ方をする。従って「濃茶を練る」という。薄茶は茶杓1杯半を1人分として、多目の湯で入れる。

この飲料としての抹茶を茶筅(攪拌するための竹製で専用の道具)で撹拌する際に、茶道の流派によって泡の立て方が異なる。千家においては、表千家はうっすらと泡が立つ程度、裏千家はたっぷりと泡立てる。立てる泡がもっとも少ないのが武者小路千家であるなどである。

抹茶の種類は高級品や一般向け製品の違いを別にすると単一である。甘みがより強く、渋み・苦味のより少ないものが良しとされ、高価である。一般に高級なものは濃茶に用いられるが、もちろん薄茶に用いてもよい。現在の茶道では、濃茶を「主」、薄茶を「副(そえ)」「略式」と捉えている。

爽やかな苦味は砂糖の甘味と良く馴染み風味が際立つため、菓子の風味付けにも好まれ、いわゆる抹茶味のアイスクリームは日本では定番風味の一つともなっており、日本アイスクリーム協会の調査では1999年から2007年まで、バニラ・チョコレートに次いで第三位の地位を占めている[1]。



というわけで、抹茶大好きな人!!

アイスクリームでは抹茶味を絶対選ぶ人!!

抹茶チョコ!!

抹茶のような恋がしたい人!!

抹茶フラペチーノも抹茶ラテも好き♡

どうぞー↑↑

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 20人

もっと見る

開設日
2007年11月30日

3293日間運営

カテゴリ
グルメ、お酒
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!