mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学校 > 市商 静南 庵原 清商 再編

市商 静南 庵原 清商 再編

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年1月18日 00:09更新

市商 静南 庵原 清商 

学校再編について広く意見を求めます冷や汗

四校連合で考えましょうexclamation ×2


県、静岡市が4高校再編で署名 具体構想策定へ

県と静岡市、県教委、同市教委は9日、静岡市内の県立・市立高の共同再編計画の公表式を県庁で開き、県立高、市立高の各設置者の石川嘉延知事、小嶋善吉市長が計画書に署名した。県教委と市教委は計画を踏まえ、3月末までに再編後の新高校の規模や学科編成などの共同具体構想を策定。来年度に再編対象高校の職員を加えた検討組織を設け、構想の具体化に向けた協議を進める。
 計画では平成25年度をめどに、清庵地区に県立庵原高と市立清水商高、静岡地区に県立静岡南高と市立商高を再編統合した1学年6―8学級程度の新構想高校をそれぞれ設置。清庵地区の新高校は普通科、商業科、英語科などを有する市立高、静岡地区の新高校は総合学科などを備えた県立高として整備する。
 新高校の設置場所は、清庵地区は清水商(清水区桜が丘町)、静岡地区は市立商(駿河区有東)の各校地を軸に検討する方針。静岡南に併設の静岡北養護学校南の丘分校(高等部)で実施している共生・共育は、新高校でも「一層充実させ、継続する」とした。
 石川知事は、県立と市立の枠を超えた学校再編計画について「大変画期的なこと」と強調。「今後の最大の課題は校名。関係者の理解を得ながらいい名前が決まることを期待している」と述べた。小嶋市長は「適正な高校の規模を維持するためには再編整備はやむを得ない。新しい時代に合った有為な人材を輩出できるような高校を目指してほしい」と語った。
 計画の共同検討委員長を務めた遠藤亮平県教育長は公表式後の会見で、「各高校の関係者から存続の要望があったが、多くの県民からは再編整備の方向性に賛同してもらえたと思う」と述べ、校名の決め方については「公募を含め、各方面の意見を聞いて検討する」との考えを示した。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2007年11月30日

3525日間運営

カテゴリ
学校
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!