mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > ゲーム > ☆晃龍烈火★

☆晃龍烈火★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年11月18日 19:13更新

火引弾 プロフィール

初出作品: ストリートファイターZERO
出身地: 香港
誕生日: 5月6日
身長: 177cm
体重: 74kg
スリーサイズ: B113 W83 H88
血液型: O型
好きなもの: 挑発
嫌いなもの: ワカメ、子悪党、キザな男
特技: かわら割り、カラオケ
関連キャラクター: さくら、ブランカ


香港在住の日系人。彼の父親の強(ゴウ)も格闘家であったが、ムエタイの帝王サガットとの死闘の末、敗北し命を落とす(その際、強はサガットの片目を奪っている)。その経緯もあり、以来ダンはサガットを父の敵として追い続けている(公式にアナウンスされたものではないが、ストリートファイターCDブック用に書き下ろされたサガットのイラストにはダンとおぼしき人物がやられ役として描かれている)。またそれと同時に、独自に編み出した格闘術「サイキョー流」を世に広めるため、弟子集めと道場開設に世界を駆け回っている。

このようにバックストーリーだけを見ると骨太で硬派な印象を抱くが、その実態はまるで正反対のコミカルなキャラクターであり、自信ばかりが無駄に強く実力の伴わない、ギャグ担当のキャラクターとして位置づけられている。

かつてはリュウとケンの師である剛拳(ゴウケン)の下で修行をしていた。つまりリュウ、ケンの兄弟子にあたるが、剛拳にサガットへの憎しみを看破され破門された。リュウたちの入門はその後になるため、互いに同門であることを知らずにいる。

「サイキョー流」はこのときの修行をもとにダンが独自にアレンジしたものだが、修行が中途半端なために完成度は低い。技のそれぞれも、派手さを重視した実用性に欠けるものが多い。『CAPCOM VS. SNK』シリーズではガイルをして「素質を無駄にするスタイル」と言わしめている。

春日野さくらの師匠を自称しているが、実際には技のコツをレクチャーした程度の間柄である。また、ブランカとは親友で、他人には咆哮としかとれない彼の言葉を理解できるほど。『ZERO3』ではブランカのピンチにさくらを無理矢理連れて助太刀に現れるシーンがある。これらのキャラクター間の設定は中平正彦の漫画『ストリートファイターZERO』及び『さくらがんばる!』での設定がゲーム本編に取り入れられたもの。なお、『さくらがんばる!』でのダンは、格闘シーンであっさり敗北するなどギャグキャラ的扱いも多かったが、ストリートファイターとしての心得を訓示したり、手がかりのほとんど無い海外の旅の水先案内人になったりと頼れる先輩ストリートファイターとして描かれており、ゲーム本編では描かれない一面を見せることとなった。

アメコミ版では、さくらの師匠となるがすぐ追い越されるダメ格闘家として、ゲームに非常に近いイメージで描かれている。チョイ役でありリュウ達との関連性は描かれていない。

OVA『ストリートファイターZERO - THE ANIMATION - 』ではバルログに切り裂かれたり、バーディーに絞め上げられたりと明らかに踏み付けにされている。

落ち物パズル『スーパーパズルファイターIIX』においては「サイキョー流パズル道場」でゲームの案内役を務めている。また、同作品の隠しキャラクターとしても登場しているが、キャラクターがデフォルメされている影響か、攻撃パターンがゲーム中最弱の赤一色、攻撃アクションが全て挑発になっている、最終ステージで豪鬼に叩きのめされるなど、よりやられ役、弱キャラとしての側面が強調されている。この路線は『ポケットファイター』にも引き継がれている。

『CAPCOM VS. SNK』では、大会に優勝しているシーンがある。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 13人

もっと見る

開設日
2007年11月23日

3381日間運営

カテゴリ
ゲーム
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!