mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > プラシド ドミンゴ

プラシド ドミンゴ

プラシド ドミンゴ

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月16日 03:12更新

探してもないので 作りました。。。


歌手 俳優 指揮者とスーパーマルチでその上ハンサムでとってもやさしそうなジェントルマン。。(たぶん)

そんなドミンゴが大好きなヒトが集まる場所を作りました。




経歴 1962年にドミンゴはイスラエル国立歌劇場に加入、1965年にニューヨーク市のメトロポリタン歌劇場に初登場する。また、1969年にはスカラ座(ミラノ)(スカラ座)、1971年にはコヴェント・ガーデンにデビューした。2000年には「ケネディ・センター賞」を受賞している。1981年、ドミンゴはアメリカ合衆国(米国)のフォーク/ポップ歌手の故ジョン・デンバーと重唱(デュエット)で歌った『パーハップス・ラヴ』を録音したことで、オペラ界以外からも広く知られるようになった。
また
「三大テノール」として、FIFAワールドカップを皮切りに一連の3人合同での演奏会を開いた(3人揃っての来日公演も行なっている)。演奏会収入は聴衆の数や複数のプラチナ・アルバムを含むビデオ・音楽パッケージの売上げと同様うなぎのぼりとなった。これらコンサートは通常の舞台とは異質で、純粋主義の聴衆からはコミュニケーションの姿勢が見られないとの批判が当時あった。同時に、三大テノールは彼らの芸術に対する誠実で直截なアプローチによって、より多くの聴衆をもたらしたのだという意見も見られた。ドミンゴは少なくとも3本のオペラの映像記録、ジョルジュ・ビゼー(ビゼー)の『カルメン(オペラ)(カルメン)』、ヴェルディの『オテッロ』『椿姫』に登場し、テレビ放送にも「サルスエラの夕べ」、「メト・ライブ」で出演した。
指揮

ドミンゴはオペラ指揮者および二つのオペラ劇場の芸術監督としても活動している。ワシントン・歌劇場で最初の芸術監督に指名され、後にロサンジェルス歌劇場でも同職に就いた。また、2001年7月1日にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(ベルリン・フィル)のシーズンを締めくくる恒例の「ヴァルトビューネ」の指揮者として登場し、スペインものの作品を指揮している。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 452人

もっと見る

開設日
2005年8月23日

4128日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!