mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > 清野周防守長範

清野周防守長範

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年2月10日 21:19更新

清野長範(きよのながのり、元亀4年1573年頃‐寛永11年(1634年))は戦国時代、安土桃山時代、江戸時代前期の人物。

上杉景勝の寵臣。周防守。平田舜範の子とされる。少年時代に会津蘆名氏からの人質として上杉家に入り、上杉景勝に見出され小姓として仕える。類稀な美貌と才気に恵まれた長範は、景勝の寵童(衆道相手。この時代、衆道は珍しいことではなかった)として深い寵愛を一身に受けた。

景勝の命により信濃の名族清野氏を継承し、慶長3年には伊南城の城代として1万1000石(米沢藩移封後は3300石)を領した。景勝死後も二代目藩主上杉定勝の信頼も厚く、寛永十年(1633年)、それまで直江兼続死後も兼続の側近に独占されていた米沢奉行に、与板衆以外では始めて任命された。翌年死去(62才か)。 今もなお米沢市には長範ゆかりの周防殿堰、周防殿橋の地名が残る。

癇性の強い景勝の怒りを受けることがなかったのは長範だけであったともいわれ、景勝が「お前が死ぬ時は、私に引導を渡した導師から引導を受けて欲しい(※「死後の世界や来世でもお前と再会したい」の意か)」と長範に対して遺言したという逸話も残されている。
(Wikipediaより)

そんな彼が好きだ!
そんな彼が景勝様の次ぎに好きだ!(笑)
そんな彼が兼続の次ぎに好きだ!(笑)
と言う方大歓迎のコミュです。

みんなで上杉家・長範のことを語りましょう☆

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 4人
開設日
2007年11月14日

3421日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!