mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 陳鴻壽

陳鴻壽

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年10月24日 01:08更新

陳鴻壽(乾隆44・1768〜道光2・1822)
字は子恭、号を曼生、来公亭長、西湖漁者、胥渓漁陰、恭壽、種楡仙客、種楡道人、翼庵などと言いました。
書は行草書と隷書に巧みでした。特に隷書は開通褒斜道刻石に基づき、飄逸の気に満ちた独特の書風を打ち立てました。
篆刻は浙派の刻風を良くし、丁敬、蒋仁、黄易、奚岡、陳豫鍾、趙次閑、銭松とともに西泠八家の一人に数えられました。
宜興では砂壺の生産で知られていましたが、陳鴻壽はその制作にも取り組み、十八種類の新しい様式を作り出すとともに、砂壺に自ら草した銘文を刻するということを始めました。この砂壺は「曼生壺」と称され、人々から珍重されました。
陳鴻壽の詩文を集めたものとして「種楡仙館詩鈔」、印を集めたものとして「種楡仙館掌印」があります(どちらも原本は稀覯本です)。
二玄社から林田芳園著「陳鴻壽の書法」が刊行されています。ここには「種楡仙館詩鈔」が全文掲載されています。
2005年に香港・中文大学文物館で陳鴻壽の展覧会「書・畫・印・壺 陳鴻壽的藝術」が開催され、上海博物館を初めとした、中国に所蔵されている書画篆刻と、砂壺が多数展示されました。この展覧会に出品された作品の図録は、「書・畫・印・壺 陳鴻壽的藝術」と題して、香港中文大学より出版されています。
陳鴻壽の作品を愛好する方の参加をお待ちしております。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 6人

もっと見る

開設日
2007年11月4日

3672日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!