mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 同年代 > 1977年【乙女座】産まれ【B型】

1977年【乙女座】産まれ【B型】

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年8月23日 01:19更新

無いみたいですので、コミュ作ってみましたあせあせ(飛び散る汗)

1977年(昭和52年)の乙女座産まれでB型の人集まれぇ乙女座

同じ星座で血液型も一緒であれば価値観や性格など皆さんで色々と濃い話題が話せそうなので作ってみました三日月

こんなに密度があれば分かり合えると信じて!

ご気軽にトピックの立ち上げご参加くださいませ指でOK


※副管理人募集中ですので、ご希望がある方は管理人の方にご連絡ください。


おとめ座(乙女座)は黄道十二星座のひとつ。トレミーの48星座のうちの1つ。うみへび座に次いで全天で2番目に大きく、明るい1等星スピカもあることから見つけやすい。
スピカ、Spica (α Vir)以外にも名のついた星がある。 Zavijah (β Vir), Porrima (γ Vir), Auva (δ Vir) , Vindemiatrix (ε Vir)。

またそれほど明るくないが、以下の星にも名前がついている。 Heze (ζ Vir), Zaniah (η Vir), Syrma(ι Vir) , Rijl al Awwa (μ Vir).

おとめ座70番星は、木星の6.6倍の質量を持つ惑星を持っている。
この乙女が誰なのか、さまざまな説がある。ギリシア神話では、イシュタル、イセト、デメテル、ペルセポネ、キュベレ、アテナといった著名な女神たちは、みなこの星座にまつわる神話を持つ。
アストライアとする説
昔、人間が仲良く暮らしていた時代は、神もまた地上で人間と仲良く暮らしていた。しかし後に現れた人間たちは争ってばかりだったので、神は1人ずつ天に帰っていった。最後まで残ったのが正義と天文の女神アストライアで、1人地上に残り、人間に正義を教えていたが、彼女も人間に失望し、自ら天に昇っておとめ座となった。

[編集] デメテルまたはペルセポネとする説
豊穣の女神デメテルの娘ペルセポネは、妖精と花を摘んでいる際に冥神ハデスに略奪され妻となり、激怒した母デメテルにより天界に戻るも、冥界のザクロを口にしたため年のうち8か月は天上で、残り4か月は冥界で過ごすこととなった。この4か月はおとめ座が天に上がらない季節であり、穀物の育たない季節である。明るい1等星スピカは、ラテン語で麦の穂を意味する。


[編集] 諸説
またまた別の神話では、アストライアが正義と天文と豊作の神をすべて兼ねているともいう。

もっと別の神話では、そもそもの由来はアストライアであったが、後にデメテルとアストライアが混同されるようになったともいう。

いずれにしても、黄道十二星座であるこの星座は、メソポタミア文明に由来する可能性が高く、ギリシア神話もあとからつけ加わった可能性がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。


タグ:乙女座・おとめ座・B型・8月産まれ・9月産まれ・昭和52年・蛇年・へび年

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 11人

もっと見る

開設日
2007年11月3日

3489日間運営

カテゴリ
同年代
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!