mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 村松友視

村松友視

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月26日 09:41更新

私、村松友視の味方です!

(著書 『私、プロレスの味方です!』 の もじり)

村松友視の小説が好きな方、
村松友視が担当した作家関連の本が好きな方、
村松友視のプロレス関連の本が好きな方、
村松友視のネコ関連の本が好きな方、

是非とも、ご参加下さい!

  注 * 本来の 「視」 は 示偏。 代用として 「視」 を使用しています。

★著作 INDEX / あいうえお順
  http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=24976410&comm_id=2761374

★雑談トピ★ お気軽に、どうぞ♪
  http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=25589001&comm_id=2761374

★自己紹介トピ★ よろしければ、お願いします。
  http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=24624767&comm_id=2761374


◎ Wikipedia 「村松友視」より抜粋

1940年4月10日、東京で生まれ、
静岡県清水市(現・静岡市清水区)で育つ。
祖父は作家の村松梢風。
父・村松友吾は中央公論社の編集者。母も中央公論社に勤務。
父方の叔父に、教育評論家の村松喬、脚本家の村松道平、
中国文学者の村松映(慶應義塾大学文学部教授)がいる。

父の死後、祖父 梢風の子として入籍される。
少年時代から熱狂的なプロレスファンとして育つ。
静岡県立静岡高等学校を経て、
慶應義塾大学文学部哲学科を卒業。
中央公論社に入社。
編集者として伊丹十三のサロンに出入り。
吉行淳之介の担当者として行動を共にする事が多く、
現在、吉行伝説の語り部の一人でもある。

『小説中央公論』 『婦人公論』 を経て 『海』 編集部に所属。
後藤明生に作家としての才能を認められ、
吉野英生のペンネームで 『文体』 に 「変装のあと」を発表。
この作品が寺田博の目にとまる。
『作品』 に 「オペラグラス」 「悲劇のように」 を発表。
1980年、本名で発表した、
『私、プロレスの味方です』 がベストセラーに。
プロレス小説の分野に進出。

見城徹の勧めで 『野性時代』 に作品を発表。
「セミ・ファイナル」 「泪橋」 が相次いで直木賞候補に。
このことを機に会社を辞めて作家として独立。
1982年、『時代屋の女房』 で第87回 直木賞を受賞。
1997年、『鎌倉のおばさん』 で第25回 泉鏡花文学賞受賞。

サントリーウィスキーのCMに出演。
台詞 「ワン・フィンガー ツー・フィンガー」 は、
1987年の新語・流行語大賞流行語部門・大衆賞を受賞。
以降、多数のテレビ番組にも出演して活躍。


★ご挨拶★
 思えば、村松友視の本との出逢いは衝撃的だった。
 『夢の始末書』 が私の読書傾向を変えてしまった。
 そして一連のプロレス本にもずぶずぶとハマった。 

 mixi でコミュを探してみたらなかったので、
 これは立ち上げなければ!と使命感に燃えまして、
 本日ここに、村松友視のコミュを立ち上げます。
 私、村松友視の味方です!
 
 平成19年11月1日
 コミュ管理人:タチコマ流


【検索ワード】
 村松友視 村松 中央公論社 文芸書 プロレス アブサン物語
 雷蔵 猫 武田百合子 夢の始末書 吉行淳之介 唐十郎 
 野坂昭如 水上勉 トニー谷 鎌倉のおばさん 村松梢風
 幸田文 武田泰淳 安原編集長 塙編集長 舟橋聖一 後藤明生
 色川武大 田中小実昌 川上宗薫 小檜山博 篠原勝之 糸井重里
 赤瀬川原平 椎名誠 トランク運び 元編集者 出版社 草森紳一
 海老蔵 力道山 アントニオ猪木 プロレスの味方 サイゴン
 ネコ 永井龍男 尾崎一雄 常盤新平 見城徹 野生時代
 泉鏡花 直木賞 清水市 歌舞伎 アブサン 袖萩 外猫 
 三田文学 本 作家 受賞作家 伝記 人物 語りべ

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 30人

もっと見る

開設日
2007年11月1日

3433日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!