mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 自転車で箱根を登る

自転車で箱根を登る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月3日 01:16更新

※これは自転車コミュニティです。

箱根山を自転車で登ったことがありますか?

■コース概要

カンデラ湖として有名な芦ノ湖を頂上に持つ関東屈指の勾配コース。箱根駅伝の第5区、第6区に位置する難関コースとしても知られる。あまりにも勾配が続く為に乳酸を消化することができず途中で足をついてしまう者も少なくない。いや、初めての挑戦ならば足をついてしまうことだろう。

自転車乗り、特にロードレーサー達にとって仲間たちからクライマーと呼ばれることはある種の憧れであって箱根の山を足を着かずに登りきることができたならば彼らからそう呼ばれるに違いない。

■コース詳細

東海道本線高架下に位置する早川口をスタート地点とするケースが多い。交差点には消防署があるため、仲間同士での集合場所としても便利である。高架下を通りそのまま直進し、緩やかな坂道を登ると箱根湯元に到着する。

観光地としての歴史を感じさせる箱根の姿がここにはある。だが、観光客の多さは自転車やそのほかの乗り物には優位には働かず、見通しが悪くなるばかりである。また、観光客を乗せる為のバスも頻繁に通る為、渋滞が起きていることもしばしば見かける。したがって、無着地で完走することは至難である。ただ、本来の目的は山を完走することであり無着地は各個人の判断によるもので、クライマーと呼ばれるにはたとえ足を着いてしまうことがあっても最後まで走り続けることで条件は十分に満たされるであろう。箱根湯本を背にしてしばらく行けば、そこからが本当の意味での箱根山の勾配が始まるのである。


コースは国道1号線上にある。長い勾配を登りきった所に最高地点874mという看板があるが、ここから先は全て下り坂であるという意味を為すものではないことを予め知っておいて欲しい。とはいえ、この看板まで来ると目の前に再び登り坂があることに気がつくのだが。

その先をしばらく行くと登りの目標地点としての芦ノ湖がゆっくりと現れてくる。大芝で左折し、坂を下ると右手には芦ノ湖園というホテルがある。先の畑宿入口を右折し、さらに坂を下っていきガソリンスタンドのT字路を右折直進し、元箱根を左折すると右手には水面を輝かしてあなたを待ちわびていた芦ノ湖と対面する。まもなく水分を含んだしっとりとした心地よい風に包まれていることを実感できるだろう。

芦ノ湖を右手に熱海方面へ進むと比較的平坦で、かつ、みやげ物屋が立ち並ぶ街道となる。頂上に登りつめた達成感と安堵感に浸っている頃である。せっかく箱根まで来たついでに土産を買うのも良いだろう。自転車で山を登るのは何も達成感だけが目的ではない。しばしの休憩と称して、土産を買うことも楽しみの一つである。体だけでなく、心の充実感も補っておきたい。また、先には箱根峠が待っている為、先程の登りで使い尽くした体力を回復させる必要もある。箱根峠までの坂の手前にセブンイレブンがある。箱根山コースならではの勾配としての最大の難関はすでに越えているが、次にやってくるのは寒さとの戦いである。ここで暖かいものを軽くいれておくのも良いだろう。下り坂になるとかいた汗の分だけ手足は凍えるくらい冷えるものだ。

その先を約800m程登ると道の駅があり休憩ができる。
登っている間はとても暑いが、まもなく標高の高さゆえの冷気が表皮についた汗を必要以上に冷やし、体の芯から寒さを感じさせる。その体には暖かい物を食べられることが素直に嬉しい。また、自動販売機も3台備え付けられている為、飲み物の補給も可能である。十分な休憩を取った後は待ちに待った下り坂となるのであるが・・・。


※コース詳細は一例です。小田原〜箱根湯元〜芦ノ湖〜熱海の例。
http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=5dbee7fc19980dd2dcec584fb9693330

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 51人

もっと見る

開設日
2007年10月26日

3471日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!