mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 旅行 > 旅人・田中順子が創る人間の輪

旅人・田中順子が創る人間の輪

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2009年1月3日 14:29更新

★意図・狙い★

登録者2000万人、20代の若者の3分1が登録しているといわれるミクシィ。そんな巨大SNSの登録者の中に、僕の尊敬する旅人・田中順子の知り合いはいったいどのくらいいるのか?それを確かめるべく当コミュニティを立ち上げました。順子が作り出す人間の輪。その中にいる知人・友人たちの言葉を通して、彼女の人間的な魅力を再発見する。それがこのコミュニティの第一の目的です。「2000万分の1」という途方もない数字な気がするけど、お待ちしてます。


★教えてほしいこと★

田中順子を知っている!!
    ↓
出会い・知り合ったきっかけ(旅先・友人の紹介etc)
    ↓
印象に残った出来事や言葉

以上のようなことを中心に、他にもこんなすごい人を知っているなど、人に関することなら何でもOKです。


★旅人・田中順子の肖像★

『ガンジス河でバタフライ』の著者・たかのてるこよりも、年季の入った最強の旅人がいる。田中順子45歳。バックパックひとつで世界中を駆け巡ってきた女性現役バックパッカーだ。インドでサドゥーのボスと意気投合し、サドゥー小屋に入りびたったかと思えば、ネパールでダライ・ラマの説法の際にも儀式を行う超一流の※シンギングボールの先生に弟子入りしマイスターの資格を習得。43歳で訪れたチベットでは、ジョカン寺の周りを歩きながらひとり宇宙を感じ、遠路はるばる巡礼に来ていたチベット人ファミリーと一緒に五体投地に勤しむ…。宇宙規模の感性と行動力の持ち主。英語はほとんど喋れない。それでも「順子が歩けば、そこに人の輪が出来る」。インド人もエジプト人も、富める者も貧しき者も、老人も若人も、男も女も…。人種・性別・年齢なんて一切お構いなし。自然と順子の周りに人が集まり、その人たちの顔は、幸せな笑顔で満ち溢れている。 (※仏具の一種)

★順子との出会い・出会いの不思議さ★

2004年、春。近くて手の届きそうな濃紺の空、少し歩くだけで息が切れる高度な大地、巡礼者の屈託のない笑顔…。チベットの首都ラサ。この地で順子とであった。当時は青蔵チベット鉄道の開通前ということもあって邦人旅行者の数は数えるほどしかいなかった。急ピッチで開発が進むラサの小さなカフェで、順子はひとりコーヒーを楽しんでいた。「あっ、日本の人かな」と思った瞬間には、順子から声をかけられていた。「日本人?ちょっとしゃべろうよ!」。そこからは早かった。出会って数分後には、身の上話をベラベラと喋り、翌日の朝からは行動をともにしていた。

チベットの旅では、順子との出会いがきっかけで、僕を含め4人の日本人が知り合い「チームラサ」なるものが出来た。構成メンバーは、心はいつも素っ裸の旅人・順子、元警察官で今はカメラマンの朗、自称引きこもりの消防士・東、そして、このチームでは最年少の僕。経験上、旅先で出会った人たちはその場限りの仲ということが多かったが、チームラサの4人は帰国してからも幾度となく会い、今も月に一回はバカ騒ぎをしている。聞くと順子の周りには、チームラオス、チームインド、チームベトナムなど何チームもあるらしい。

そんな仲間たちが集う場所。それが川崎にある順子のマンションだ。
連日連夜、入れ替わり立ち代り人が集まり、さながら旅人が好むゲストハウスといった様相を呈している。旅先で出会い、順子を大好きになってしまった人たちばかりだ。北は北海道、南は九州・沖縄、さらに海外からの訪問者もいる。「JUYNKO ゲストハウス」、仲間内では本当にそう言われている。

チベット旅行から、早いもので3年半の月日が経った。
何重にも偶然が重なり、3年前のあの時期にチベットに向かい、あの瞬間に店に入り、あの場所で勇気を出して話しかけた、運命とも奇跡ともいえる御縁、そしてあの地で今もこうして集まることができるほど濃密な時間を共に過ごせたことは、偶然とも必然とも言える気がする。誰か一人でも、何か一つでも欠けていたらあの出会いはなかったかもしれないと思うと、何でもない一瞬、他愛もない出来事がすごく大切に思えてくる。

順子と出会って以来、「出会いや縁の不思議さ」についてよく考える。
何十年付き合っても共感できない人もいれば、僅か数時間で深く共鳴しあう人もいるのはなぜだろう。「相性」という言葉には、何か目に見えない様々なことが関係しているのではないか。そう思い調べてみた。

   「相性‐生まれた年月を五行や干支、九星などに配して、
               縁の合う、合わないを 定めること」。

つまり相性とは、先人が中国古来の哲学や陰陽道を基にして築いてきた考えで、それらの思想の起源は、星や宇宙にあるということだ。太陽の周りに地球が、地球の周りを月が回っているように、人の縁も万有引力が関係し、近すぎても、遠すぎてもバランスがとれず、絶妙の距離を保った者同士が良縁を築く。そして、宇宙が毎分毎秒変わっていくように人の縁も少しずつ変化していく。

宇宙と人の縁。
人と人との出会いや距離感にも宇宙の力が関係している…。
順子を見ていると、ふとそんなことを考えてしまう。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 10人

もっと見る

開設日
2007年10月21日

3687日間運営

カテゴリ
旅行
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!