mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 地域 > 西表島と八重山の自然で遊ぶ

西表島と八重山の自然で遊ぶ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年4月22日 18:59更新

釣り、バックパッカー、登山、山篭り、海岸キャンプ、野生児、ターザン、カヤック
西表と八重山を遊び倒そう


八重山列島(やえやまれっとう)は、南西諸島西部の島嶼群。先島諸島の一部を成す。八重山諸島(やえやましょとう)とも言う。

行政区分では沖縄県石垣市、八重山郡竹富町、及び与那国町の1市2町に属する。北に尖閣諸島、東に宮古列島がある。1962年に風土病であったマラリアが撲滅された。
石垣島(石垣市)
竹富島(竹富町)
小浜島(竹富町)
黒島(竹富町)
新城島(竹富町)
西表島(竹富町)
鳩間島(竹富町)
由布島(竹富町)
波照間島(竹富町)
与那国島(与那国町)
無人島

大地離島(石垣市)
平離島(石垣市)
川平湾小島(石垣市)
マジパナリ(石垣市)
嘉弥真島(竹富町)
仲御神島(竹富町)
内離島(竹富町)
外離島(竹富町)
ウ離島(竹富町)
鳩離島(竹富町)
赤離島(竹富町)
祖納地崎(与那国町)


西表島(いりおもてじま)は、沖縄県八重山列島最大の島。面積は約289平方kmで、沖縄本島に次いで広い。島の人口は約2000人。行政区画は沖縄県八重山郡竹富町。

かつてはマラリアの島であり、そのために定住することが困難であった。開発が遅れたのもそのためである。

島の面積の90%は亜熱帯の自然林で覆われ、山の斜面・森林ともに海の間近にまで迫っており、平地はほとんどない。人の居住地は海岸線沿いのわずかな土地に限られる。また、島の面積の8割は国有林、同34.3%は西表石垣国立公園(特別地域)、同8%は国設特別鳥獣保護区に指定されている。


[編集] 自然
島を構成する古見岳(標高470m)、テドウ山(標高441m)、御座岳(標高420m)の三峰は琉球列島全体の中でも屈指の標高を有する。そのため太古の海進期にも完全に水没することなく、結果として島の生物群は独特の生態系を維持したまま現在に到る。上記のような山は島の中央ではなくむしろ周辺部にあり、島全体が山で覆われるものの、中央が高いわけではない。仲間川と浦内川はいずれも沖縄県では大きな川で、共に島の端近くの山から流れて反対側に出る。

山奥から流れ出す浦内川は、上流ではマリウドゥの滝などの多くの景勝地と、下流の汽水域では広大なマングローブ群の林を形成する。その他にも海岸線の河口や内湾には多くの場所でマングローブが発達する。立派な板根を形成するサキシマスオウノキもここで見られる。内陸はイタジイやウラジロガシを中心とする森林に覆われている。


イシガキトカゲ(学名 Eumeces stimpsoni)特別天然記念物のカンムリワシ、イリオモテヤマネコ、天然記念物のセマルハコガメ、キシノウエトカゲ、サキシマハブなど、珍しい動植物の宝庫である。

熱帯系の生物が多く、熱帯域の植物でミミモチシダ、ニッパヤシ、マヤプシキなどはこの島が北限になっている。八重山列島に固有の動植物も数多い。イリオモテヤマネコのように西表島固有のものはあるが、多くは石垣島と共通である。

イリオモテの名を持つ生物には、以下のようなものがある。

植物:イリオモテクマタケラン(ショウガ科)・イリオモテスミレ(スミレ科)・イリオモテソウ(アカネ科)・イリオモテトンボ・イリオモテヒメラン・イリオモテムヨウラン・イリオモテラン(ラン科)・イリオモテニシキソウ(トウダイグサ科)・イリオモテシャミセンヅル(カニクサ科)・イリオモテアザミ(キク科)・イリオモテウロコゼニゴケ
動物:イリオモテヤマネコ・ イリオモテコキクガシラコウモリ・イリオモテナンキングモ・イリオモテヒメグモモドキ・イリオモテエグリツトガ・イリオモテアオシャチホコ・イリオモテボタル・イリオモテトラカミキリ・イリオモテモリバッタ
菌類:イリオモテハナセミタケ・イリオモテセミタケ
その他、西表島だけに生息する固有種には以下のようなものがある。

動物:ショキタテナガエビ

[編集] 歴史
マラリア発生地であったため、古くからの集落はごく少ない。琉球王朝時代には何度か強制移民が行なわれたが、ほとんど失敗している。

大正末期から昭和初期にかけて、北部内離地区に炭鉱が開かれ、一時はかなり発展したが、第二次世界大戦中に次第に衰退した。

第二次世界大戦末期に、石垣島や波照間島の住民が強制的にこの地域に疎開を命じられ、この地で多くの住民がマラリアにかかり死亡した。これを戦争マラリアとよんでいる。


[編集] 観光

サキシマスオウ 仲間川上流に成育する樹齢400年、樹高約20mにおよぶ日本最大のサキシマスオウの木。地面から垂直に伸びる板のようなものは板根(ばんこん)と呼ばれる根っこである。観光産業は住民経営の民宿や個人商店等があったが、近年上原地区(船浦港の西。浦内川にも近い)にてリゾート開発計画が浮上しており、その工事の一部の着工が強行されたことから、住民のみならず国内の有志もが原告に参加した「西表島リゾート開発差止訴訟」が2003年7月14日に那覇地方裁判所に提訴され、口頭弁論が始まっている。


[編集] 文化
アカマタ・クロマタ
古見集落に伝わる祭事。全身を草で包まれ、赤と黒の面を着けた神様が山から下りてくる。写真撮影等は一切禁止されている。
なお、同様のものが石垣島宮良、小浜島等にも伝わっている。

[編集] 主な観光名所
浦内川 - 遊覧船・カンピレー・マリュウドの滝
ピナイサーラの滝
日本最大のサキシマスオウノキ
星砂の浜 - 竹富島にも同様の浜が在る。竹富島の場合は、砂のとげの数が特に多いので太陽の砂とも呼ばれる
由布島‐水牛車で渡る樹園の島

[編集] 交通
立地の悪さと自然保護の観点から空港は存在せず、アクセスは専ら隣の石垣島からの定期船に頼る(北西から時計回りに、白浜港、上原港、大原港など)。島内の幹線道路は沖縄県道215号白浜南風見線が白浜地区から大原地区周辺まで島の東岸沿いを走り、内陸や西岸経由で車が通れる道路はない。なお、北西部の端にある集落の船浮(ふなうき)には、道路が続いておらず、島内の他地域との交通手段は船である。


[編集] 島へのアクセス
大原港
八重山観光フェリー
- 石垣島・石垣港(離島桟橋) 所要35分 朝から夕方まで10往復就航
※ほか、貨客船(カーフェリー)が週3便就航
- 竹富島 大原港発の1日1便のみ就航
- 小浜島 所要30分 1日1往復のみ就航
安栄観光
- 石垣島・石垣港(離島ターミナル) 所要35分 朝から夕方まで10往復就航
※ほか、貨客船(カーフェリー)が週3便就航
- 波照間島 波照間島発の1日1往復のみ不定期で就航
石垣島ドリーム観光 ※2007年就航
- 石垣島・石垣港(離島桟橋) 所要35分 朝から夕方まで6往復就航
- 竹富島 所要40分 大原港発の1日1便のみ就航(石垣行のうちの1便)
- 小浜島 所要40分 大原港発の1日1便のみ就航(石垣行のうちの1便)
上原港
八重山観光フェリー
- 石垣島・石垣港(離島ターミナル) 所要40分 朝から夕方まで5-8往復就航
※ほか、貨客船(カーフェリー)が週3便就航
- 鳩間島 貨客船(カーフェリー)のみ、鳩間島発が週3便就航(上原港→鳩間島便は無い、石垣島経由となる)
安栄観光
- 石垣島・石垣港(離島ターミナル) 所要40分 朝から夕方まで9往復就航
※ほか、貨客船(カーフェリー)が週3便就航
- 鳩間島 1日2往復就航
※ほか、貨客船(カーフェリー)が週1-2便就航
石垣島ドリーム観光
- 石垣島・石垣港(離島ターミナル) 所要55分(上原発の場合) 週3便就航
- 鳩間島 鳩間島発が週3便就航(上原港→鳩間島便は無い)

[編集] 島内の路線バス等

船浮西表島交通
1日6往復

白浜−祖納−星立−浦内川−ニラカナイ−月ヶ浜入口−住吉−星砂の浜−中野−上原小学校前−上原−ヒナイ館前−船浦−西表島温泉−由布水牛車乗場−由布入口−古見−大富−大原−大原港−大原診察所前−豊原
船浮海運
白浜港 - 船浮港 ※道路がない船浮集落を結んでいる

[編集] 道路
沖縄県道215号白浜南風見線


wikipediaより

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 11人

もっと見る

開設日
2007年10月19日

3475日間運営

カテゴリ
地域
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!