mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > Carl von Linné

Carl von Linné

Carl von Linné

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年2月5日 15:56更新

カール・フォン・リンネ
カロルス・リンネウス(Carolus Linnaeus)

早い話、植物の学名考えてくれた人です。
植物に携わる方はお世話になってますね。
アロマセラピスト、ハーバリストの試験で
お勉強したなあーってノリもアリです。

「分類学の父」
スウェーデンの博物学者、生物学者、植物学者。

リンネは、植物分類学の父といわれその名を多くの人々に広く知られている。スウェーデンに生まれ、ルンド大学で医学を学び、その後ウプサラ大学に移り、1741年医学部教授、翌年植物園長となった。ウプサラはストックホルムの北66kmの亜寒帯針葉樹林気候であり、リンネの住まいの周りは極めて植生の貧弱な土地であった。しかし、リンネの家の中は植物のスケッチで埋まっており、植物の分類において初めて種という概念を用いて、世界で最初の生物の分類体系を提案した。リンネは自然物を整理して、1735年に動物・植物・鉱物の三界を扱った『自然の体系』(Systema Naturae 第1版)を出版し(第十版が動物の命名法の基準となる)、1737年に『植物の属』(Genera Plantarum)を、1753年に『植物の種』(Species Plantarum 第1版、植物の命名法の基準となる)を出版した。リンネは、植物を雄しべと雌しべの数や形に基づいて区分し、当時知られていた植物を7700種に分類した。また、この分類に用いた方法は、属と種小名の2つをラテン語で列記し、さらに、これに命名者の名前を記載する二名法(binomial nomenclature)である。例えば、ツバキはCamellia japonica Linnaeusで、Camelliaが属名、japonicaが種小名、Linnaeus(Linneのラテン語名)が命名者名である。この二名法は、その後の植物の命名法の出発点となり、国際植物命名規約の基準とされて現在に引き継がれている。このように、世界の植物についての知識を整理して体系化することで、植物の種に関する知識を多くの人々が共有することが可能になったのである。
わが国で普通にみられる樹木のイチョウGinkgo、マツPinus、ネズミサシJuniperus、ネズコThuja、イチイTaxus、ヤマモモMyrica、クルミJuglans、ヤマナラシPopulus、ヤナギSalixなどの属名はすべてリンネの命名によるもので、リンネの命名になる属の枚挙に暇がない。
リンネはツンベルグ(Carl Peter Thunberg, 1743-1828)など多くの人材を育て上げ、その功績を記念してスイカズラ科リンネソウ属にLinnaeaが用いられて広く知られている。

ちなみに今年で生誕300年。
おめでとうリンネおじさん。
ありがとうリンネおじさん。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2007年10月19日

3340日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!