mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > ☆復活!!ウルトラマンティガ☆

☆復活!!ウルトラマンティガ☆

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年8月27日 09:46更新

来秋公開の「大決戦!超ウルトラ8兄弟」(仮題)で、「V6」の長野博演じる「ウルトラマンティガ」が、00年以来8年ぶりに復活。主演としてはシリーズ最高齢の35歳のウルトラマンとなる。

 ジャニーズ事務所で唯一の特撮ヒーローを演じた長野が、再びウルトラマンになる。長野は「8年ぶりにダイゴ役としてティガに変身します。久しぶりなのでちゃんと変身できるか分かりませんが…いやちゃんと変身します」と不安げに?コメントした。

 「大決戦!超ウルトラ8兄弟」は8人のウルトラマンが力を合わせて戦う設定だが、登場するウルトラマンは未定。96年にTBS系で放送され、16年ぶりにテレビシリーズを復活させた「ウルトラマンティガ」が中心となる。鈴木清プロデューサーは「ティガは平成ウルトラの先陣を切り、多くの伝説と記憶を残した。(昭和の)ウルトラ兄弟とともに登場させることで、ウルトラシリーズの総決算というべき作品を目指します」と意気込んでいる。
[ 2007年10月17日付 紙面記事 ]


■■■■■■2008年、秋。■■■■■■
ウルトラマンティガがスクリーンで帰ってきます。

・ダイゴ隊員、めっちゃ好きだった。
・GUTSに入りたかった。
・リアルタイムでウルトラマンティガを見てた。
・僕、私のヒーローはウルトラマンティガだ!!!!!!!
・ダイゴ@博クン、ちゃんと変身出来るかどうか...なんて言ってる場合じゃないよ!!!!!!大変なことだよ???(笑)

↑管理人が思ってることでした...(笑)

来年の秋まで待ちきれない、そんなあなたのためのコミュです。

是非お入りくださいd(ゝc_,・。)♪

※トピたては重複する可能性等ありますので、管理人のみとなります。
 新たに立てたい場合は管理人までメッセをください!!!!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■


○ウルトラマンティガとは...○(Wikipediaより抜粋)
【ウルトラマンティガ】
3000万年前の超古代の戦士。GUTS隊員 マドカ・ダイゴが手に持つスパークレンスを空に掲げて、変身する。胸の前にかざした場合等身大で変身することも可能。ヤズミの分析によると「3分しか活動できない」という。劇場版『ウルトラマンティガ THE FINAL ODESSEY』では、闇のブラックスパークレンスで本来の姿ティガダークに変身した。

【世界観】
本作の主人公はM78星雲の宇宙人ではなく、ウルトラ兄弟など、従来のウルトラシリーズにおける世界観を継承せず、全く新しい作品設定を導入した(例外的に初代ウルトラマンのみ49話に別解釈で登場)。本作におけるウルトラマンは、滅び去った古代文明とその住人の守護者であった「光の巨人」で、新たな時代を迎えようとする人類を守る存在として復活したという設定である。それに対して「光」を手にしようとする人類を妨害、あるいは誘惑するものたちも現われ始め、最後には古代から眠り続けていた邪神と呼ぶべき「闇」の存在が復活しティガと対決した。この「邪神」とその眷属はクトゥルフ神話から名を採っている。

時代設定は2007年、核兵器などが完全に廃絶された世界が舞台である。東京はメトロポリスと呼ばれ、ハロウィンの習慣が違和感なく定着しているなど、分かりやすい差異で近未来感を表現してはいるものの、風俗・文化は放送当時の現実世界と概ね同様の描写である。

【影響】
ウルトラマン30周年記念作品でもあり、円谷プロ入魂の作品であった。製作スタッフには、かつてウルトラシリーズを見て育った世代が加わっており、新たなウルトラマンのイメージを作り上げた。ウルトラシリーズを次世代の児童層に浸透させ、現代のウルトラマン像を確立した傑作と評価されている。物語も大御所のスタッフと新鋭のスタッフが切磋琢磨していった結果、秀作を多数生み出す。

ティガデザインの「頭部を削る」というのは当時、非常に斬新なものであり、「シリーズ物の新作は過装飾するもの」という常識を崩すものであった。ティガデザインは子供にも覚えやすく、なおかつ現代的なスタイリッシュさを持ち合わせており、以降の平成ウルトラシリーズでも「頭部を削る」という発想のデザインを引き継いでいった。

玩具売上、視聴率ともに高い数字を残し、ウルトラシリーズの完全復活を印象付ける作品となった。放映終了後も根強い人気を保ち、『ダイナ』『ガイア』劇場版への客演を経て、2000年に完結編となる劇場版『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』が制作された。

【GUTS】
《マドカ・ダイゴ隊員(ウルトラマンティガ)》
23歳。かつてはTPC輸送部に所属していたが、異星人に拉致されそうになったサワイ総監を救出したことから、その勇敢さを買われGUTSに配属された。超古代人の遺伝子を受け継いだ「光であり、人である」存在だったことから、ゴルザとメルバが巨人像破壊のためにティガのピラミッドを襲った際、巨人像のひとつと融合しウルトラマンティガに変身する能力を得る。当初は光となることに戸惑う局面もあったが、戦いの日々の中で「自分にできること」として意味を見出してゆく。女心を読むのは苦手なようである。
劇場版『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』では、アスカ・シンとすれ違った際に彼がいずれ「光を継ぐ者」になることを察知したかのような台詞がある。
ルルイエでの一件の後、レナと共に火星に旅立つ。『ウルトラマンダイナ』終盤に登場の際にはアスカの窮地を救うこととなる。

《イルマ・メグミ隊長》
36歳。主に基地からの指令にあたり前線に赴くことは少ないが、いざ出動の際は大胆な行動が多い。自らメディアに登場して市民にアピールすることもある。部下同士のデートを叶えるべく休暇を与えるなど、職場恋愛には理解がある模様。初めはティガを人類を導く神格的な存在と捉えていたが「光」と「人」の関係が次第に明らかになるにつれ、人として何をなすべきかを考えることに比重を移していく。ティガの正体にも気がついた。彼女もまたダイゴ同様、超古代人であるユザレの遺伝子を引き継いでいることが劇場版で明らかとなった(ティガ終盤ではユザレがイルマの姿で現れる場面がある)。
かつては地球外生命体との交渉計画の責任者であったが、夫ミウラ・カツヒトが事故死した時に、ブラジルで宇宙からの通信を解読する極秘任務についていたため帰国出来ず、以来ミウラ家とは疎遠となった。息子トモキは姑 ミウラ・ヨリエの下で暮らしており、ダイブハンガー内の自室には同居していた頃に撮られたトモキの写真が飾られる。
なお、ウルトラシリーズの防衛隊では初となる女性隊長である。
長い髪の毛に顔の隠れるシーンが多く見受けられるが、これは演じた高樹の意図した演技であり、撮影ミスではないと本人がコメントしている。
劇場版『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』で、アスカと出会い、彼がダイゴに次ぐ光の巨人、ウルトラマンダイナであることを見抜いたようだった。

《ムナカタ・セイイチ副隊長》
33歳。判断力・行動力に優れており、前線で現場指揮を執る頼れる「リーダー」。表には出さないものの、本人も部下の隊員を家族同様に見なしている。かつて防衛軍に所属していた際にイルマに命を救われており、恩義以上のものを感じている模様。和歌を好み自称“TPC六歌仙の一人”だが、その同好会は6人しかいない。酒が呑めないため、バーに行くといつもミルクを飲む。

《ヤナセ・レナ隊員》
22歳。隊員養成所出身であり、エースパイロットとして活躍する。ダイゴへの恋愛感情を深めていく中で、彼がウルトラマンティガである事にも早い時期から勘付いていたようである。イルカの「恋人」ミューはあくまで別格。
仕事に没頭して家庭を顧みなかった父ヤナセ技官を恨んでおり一時期母親の姓を名乗っていたが、後に和解した。
『ウルトラマンダイナ』終盤では、マドカ・ヒカリの母としてダイゴと火星で暮らす姿が描かれている。

《シンジョウ・テツオ隊員》
26歳。沖縄出身。隊員養成所のエースで射撃の名手。熱血漢だがお化けとデスクワークは苦手。ロムルス号のイヌイ、キノサキ両飛行士は養成所時代の同期。妹マユミもTPCに勤務している。危険を伴う任務に従事することに内心は心配らしい。ダイゴとのチームでガッツウイングに乗るとたいてい墜落する。

《ホリイ・マサミ隊員》
28歳。典型的な関西人のノリでシンジョウ隊員と軽妙なボケ・突っ込みを繰り広げた。GUTSの装備を多数開発した。空中棲息生物クリッターとのファースト・コンタクトを試みたミズノ博士の薫陶を受け、任務においても科学者としての立場にこだわる一面もある。後にエザキ・ミチルと結婚した。

《ヤズミ・ジュン隊員》
18歳。コンピューター操作やプログラミングの天才であり、主に基地でのバックアップを担当。しかし本人は前線に出られないことを不服に思っていた。



検索ワード

長野博・V6・トニセン・TAKE ME HIGHER・ウルトラマンティガ・ダイゴ・マドカダイゴ・イルマメグミ・ムナカタセイイチ・ヤナセレナ・シンジョウテツオ・ホリイマサミ・ヤズミジュン・GUTS

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 229人

もっと見る

開設日
2007年10月17日

3657日間運営

カテゴリ
テレビ番組
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!