mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > ゲーム > ☆フェリシア★

☆フェリシア★

☆フェリシア★

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月10日 15:46更新

みなさんのコミュ一覧に飾ってくださいww


捨てられていたところを拾われ、心優しい人間のシスター・ローズの手で育てられたキャットウーマン。テレビで見たミュージカルに魅了されて、自らもミュージカルスターを志す。そのアピールの手段として悪者を倒して目立つことを考え、『ヴァンパイア』でのダークストーカー同士の抗争に参加していく。初代『ヴァンパイア』でエンディングはミュージカルスターの夢を叶るといった内容になっている。『セイヴァー』では、ジェダを倒した後に魔界の消滅を悲観するリリスと戦い、過去の自分のような不幸せな人達を救うためにどうしたらいいのかと考え、エンディングで孤児院「ねこのこはうす」を開いて自らシスターとなっている。

『ヴァンパイア』に登場する女性キャラの中では、最も優れたプロポーションをしていて、ウェーブの掛かった青い長髪に猫の耳と尾が生え、肉球のついたグローブのような手足をしている。その容姿は、全裸にニーソックスや手袋やビキニふうに白い毛が生えている(体毛であり、自然な生え際のまま)。白い猫に変身することが可能(眉間の部分から同じ髪色のアホ毛が生えているバージョンはアナカリスの王家の裁きを受けた時のみで、自力で変身している時にはない)。底抜けに明るい性格で、精神年齢は少々幼いように見える。

格闘スタイルは、猫をモチーフとした野性的な動作をメインとした攻撃が多く、動きの速いスピードタイプのキャラクター。カプコンに登場するキャラクターでは唯一、超必殺技(EX必殺技)に用いる自分のゲージを溜める技をデフォルトで有している。その他にも、攻撃の追撃をする同じキャットウーマンの少女を呼び出したり(ダークフォース「キティ・ザ・ヘルパー」)、同種族の多くの仲間を呼んで皆で一斉にタコ殴りにする等といったように他力本願なEX必殺技、「プリーズヘルプミー」も存在する。だが基本性能は高く、使い勝手は良い。

異色なキャラクターが多い『ヴァンパイア』のキャラクター達の中では比較的人間に近い動きの格闘スタイルで、バランスが取れている。それに加えて、抜群のプロポーションに童顔でほぼ全裸といった容姿もあいまって、人気が高くファンも多い。そのため、『ポケットファイター』などのカプコンの他の作品への出場が多く、同作品ではモリガンに次いで多くの作品への参戦をしている。因みに、主人公格のデミトリよりも多い。また、カプコンの有料携帯サイト「ケータイカプコン」では、フェリシアを主役にしたパズルゲーム『フェリシアのマジカルステップ』が配信されている。

『スーパーパズルファイターIIX』では、勝利メッセージが『ハンター』の頃の設定で、続編の『ポケットファイター』では既にミュージカルスターになった『セイヴァー』時代の設定となっている。

『CAPCOM FIGHTING Jam』のエンディングは、多くのカプコンの女性キャラたちとミュージカルをしている(台詞が一切ないので詳細は不明)という演出であった。

『NAMCO x CAPCOM』では、『鉄拳』のキャラクター・キングとペアを組んでおり、同作で唯一カプコンとナムコ両方のキャラクターの組み合わせとなっている。しかし、相方のキングに声優がついていないため戦闘中でのボイスはフェリシアのみが喋ることになっている。

『セイヴァー』以降は、アナカリスとの対戦時に、なぜかアナカリスの棺の上に乗った状態で登場する。

名前の由来は、英語で「至福、幸福をもたらすもの」を意味する「Felicity」。名付け親はシスター・ローズ。


[編集] サポーター
EX必殺技「プリーズヘルプミー」の際に現れる仲間のキャットウーマン達。

グレイス: フェリシアより年長のポニーテールのキャットウーマン。48歳、ユタ州生まれ。姉御肌で面倒見がいい。
アルト: 幼いキャットウーマン。20歳。大富豪のペットとして飼われていたが、脱走後山中でグレイスに保護され命名された。人見知りで恥ずかしがり屋。
ナナ・ミミ: 能天気でお調子者の双子姉妹。香港生まれの埼玉県育ち。
ノンノ: ナナ宅の近所の裏山で知り合った友達。勝利ポーズの一つでは、ボールの中から現れてさざえさんのOPのタマのような、腰振りダンスをする。
ルーシー: バンダナが特徴的な36歳のキャットウーマン。バージニア州出身で、旅芸人一座で働いていた。
ピコ: 三つ編みで小柄、サポーター中最年少の14歳で好奇心旺盛。ミネソタ州出身。孤児院に居たが、テレビでフェリシアの活躍を見て行動を共にするようになった。

[編集] 技の解説

[編集] 特殊技
ダッシュ中断
ダッシュ中に、進行方向の逆方向にレバーを入れることで、ダッシュを中断し移動距離を短くすることができる。
三角跳び
画面端の壁を蹴って2段ジャンプのように跳ぶことができる。
ウォールクラッチ
『セイヴァー』以降から追加。画面端の壁に一定時間張り付くことができる。一定時間を過ぎると徐々に下がっていき、自動的に前方へジャンプして解除される。
ヘッドライド
『セイヴァー』以降から追加。立ち状態の相手の頭の上に乗ることができる。ただし、相手が何かしらの操作をするとこの状態は解除されてしまう。相手の必殺技を強制的に解除させる効果があるが、タイミングが難しく、実用性は低い。
キャットクリンチ
『セイヴァー』以降から追加。相手に抱きつき、すぐ離して距離をとる。挑発技。
EXチャージ
『セイヴァー』以降から追加。猫が威嚇するようなポーズで、EXゲージを溜める。だが、ラッシュを掛けていけば自然とゲージは溜まるし、溜まる速度が遅いため、この技でゲージを溜めるのは現実的ではない。
ミートボールプッシュ
『ポケットファイター』の特殊動作。肉球押しの英訳と思われる。手を巨大化させて殴る。
ロックスライディング
『ポケットファイター』の特殊動作。ロックマンふうの格好に変身してスライディング蹴りをする。
キャットハイ
『ポケットファイター』の特殊動作。尻尾を支えにして、斜め上方に蹴り上げる。『ヴァンパイア』での立ち強キックモーションに似ている。
キューティーエリブス
『ポケットファイター』の特殊動作。『ヴァンパイア』でのしゃがみ強キック。

[編集] 投げ技
パニックネイル
相手を何度も爪で引っかく。
ダンブルキャット
つかんだ後、相手ごとデングリ返しをするような形で一回転し、足で少し離れた位置に蹴り飛ばす。技後の追い打ちは、相手の動き次第。
フリップキャット
空中投げ。つかんだ後、空中で一回転して相手を放り投げる。『セイヴァー』では、技後に「トイタッチ」が入る。

[編集] 必殺技
サンドスプラッシュ
初代、『ハンター』および『MARVEL VS CAPCOM 2』に存在する必殺技。地面を蹴って、光の飛沫を相手に噴き掛ける。初代と『ハンター』ではガードキャンセルに対応しており、相手の飛び道具を消す効果がある。『ポケットファイター』ではレベルアップ対応必殺技(赤)で、LVの上昇と共に攻撃範囲が広がり、攻撃回数も1、3、5ヒットに変化する。
ES版は、飛沫のヒット数が初代は2、『ハンター』では最大で5ヒットまで増加する。通常、ESともに、フェリシア本体が攻撃を受けると飛沫は消滅する。
ローリングバックラー
相手に向かって回転しながら突進する。突進中は食らい判定が極端に低くなる。この突進は空中ガードを無効化し、発動後にパンチボタンを押すことで斜め上方に飛び上がる追加攻撃を行う。この攻撃は対空攻撃に使えなくも無いが、空中ガードで防がれる。突進の最終ヒットの瞬間までにパンチボタンを押さないと、追加攻撃が発動しない。追撃を出さない場合は、後方に跳ね返って着地する。初代では突進前に必ず1回バウンドし、弱中強のボタンの強さに応じて、突進時のヒット数が1〜3ヒットに変化する。『ハンター』以降は、ボタンによって突進時の速度が変わるが、突進そのものは1ヒットのみ。追撃時のヒット数は、初代では弱と中が1ヒット、強が2ヒット。『ハンター』以降では追撃時のヒット数は常に2ヒット。『ポケットファイター』ではレベルアップ対応必殺技(黄)で、LV3は追撃のアッパーの後にさらに追加入力をすることで、「ローリングスクラッチ」のモーションで攻撃を行う。
ES版は敵に当たっても跳ね返らなくなり、初代では突進と追撃を合わせ7ヒットになる。『ハンター』以降では突進時の攻撃回数が1回増え、全体の攻撃回数が最大4ヒットに増える。
ローリングスクラッチ
『ハンター』までの技。進行方向に向かって丸くなってバウンドしながら進み、相手に体当たりする。バウンドがヒットした後にパンチボタンを連打することで下方向への追加攻撃を行い、最大3ヒットする。初代は常に2回バウンドし、弱中強で突進時のヒット数が1〜3ヒットまで変わる。『ハンター』では、バウンドの回数が弱中強でそれぞれ、1回、2回、3回へと変わり、ヒット数の上限はそれぞれ、3回、4回、5回。『ポケットファイター』では2回バウンドし、追加攻撃を行うと5ヒットになる。
ES版は敵に当たっても跳ね返らなくなり、突進と追加攻撃のヒット数が4に増える。
デルタキック
直上に蹴り上げるように飛び上がり、斜め下に向かって2連蹴りを繰り出す。直上に飛び上がる際にも当たり判定が存在している。初代では最初の蹴り上げの攻撃位置が弱中強により変わるため、背の低い相手には中や強の出際がヒットしない。弱中強により上昇時の高さが変わり、高いほど遠くへ飛ぶ。『セイヴァー』ではガードキャンセルに対応。なお、ガードキャンセルで出した時と、通常時のデルタキックとでは、性能が微妙に異なる。ガードキャンセル版の方が威力が低く、ガードキャンセルで出したES版は出際の攻撃である蹴り上げが空中ガード不可であり、ヒット効果ものけぞりではなくダウンとなる。『ポケットファイター』ではレベルアップ対応必殺技(青)で、LV2以降はキックを追加入力することで蹴り上げが追加される(LV3は2回まで可能)。ただし、高く飛び上がるため連続ヒットにはならない。
ES版は、初代では威力の上がった蹴り上げと2連蹴りで、攻撃判定も大きくなる。『ハンター』以降は攻撃のヒット数が変わっており、最大で7ヒットする。
ヘルキャット
相手の体に、螺旋状に回転しながら引っかくコマンド投げ。技後の追い打ちは、『セイヴァー』にて手前に倒れた場合はトイタッチによる追撃が確実。
ES版は、回転数が増える分威力も上がる。
キャットスパイク
『セイヴァー』から追加された必殺技。赤い手毬程度のサイズのボール(攻撃判定なし)が発射され、それを追いかけるように引っかく。弱中強により、移動距離が変わる。技自体のダメージが大きい。弱は攻撃発生が早く、弱攻撃キャンセルでも連続技になる。中と強は、ボールを追いけるようにして飛んで行き、その落下中に攻撃する。
ES版は、「猫パンチ」と叫びながら上へ飛び、バレーのスパイクのように相手にぶつける。通常版とは違ってボールにも攻撃判定があり、ボールとパンチとが両方当たった場合は2ヒットし、その際のダメージは非常に大きい。
ロンパーキャット
『ハンター』以降から追加された、ヴァンパイアのシステムのダウン時追撃技。体を丸めて相手の上に乗ってダメージを与える。相手や状況によっては、攻撃が絶対に空振りすることがある。
ES版は、相手の上に乗った後そのまま連続で引っかき、ヒット数が7にまで増える。
トイタッチ
ダウン時追撃専用技。その場で猫がじゃれるようにして、地面の相手を引っかく。タイミングが難しく、当てづらい。
ES版は、引っかく回数が4ヒットまで増加する。
ヒステリックサンダー
ポケットファイターの必殺技。『ストII』のブランカの「エレクトリックサンダー」のように放電する。
スピンスナップキック
ポケットファイターの特殊動作。コマンド投げ。投げ技の「ダンブルキャット」のように、相手とデングリ返しした後、真上に蹴り上げる。
グルーミーリック
ポケットファイターの特殊動作。コマンド投げ。相手を掴んで連続で舐める。ボタン連射でヒット数が増加する。
ガモスクリュー
ポケットファイターの特殊動作。コマンド投げ。『スターグラディエイター』のガモフの着ぐるみに変身し、ガモフと同じ技「ガモスクリュー」をきめる。

[編集] EX必殺技(超必殺技)
ダンシングフラッシュ
一瞬身構えた後、回転しながら相手に突進、食らった相手に10ヒットの乱舞を決める。出際に全身無敵時間がある。『セイヴァー』ではコマンドが変更された。突進速度は非常に速く、「ローリングバックラー」同様、突進中は食らい判定が極端に低くなる。突進をガードされると、乱舞が発動しないどころか、小さく跳ね返って間合いがあまり離れず、隙ができる。だがそれを差し引いても、技の性能は非常に高い。『セイヴァー2』と『ハンター2』のダークフォース中は、技の最後に「ESキャットスパイク」のネコパンチが追加される。
プリーズヘルプミー
『ハンター』以降追加された、仲間のキャットウーマンを呼んでみんなにタコ殴りをさせる。ヒット数は『ハンター』では34、『セイヴァー』では33と非常に多い。『ハンター』では「ルーシー」が最初に現れ、軌道は同じ。『セイヴァー』以降では「アルト」が現れ、押すキックボタンの威力の組み合わせによって軌道が大きく変わる。フェリシア本体が攻撃を受けると、猫たちの攻撃が当たらなくなるほか、空振りしたり、相手を画面端に追い詰めた状態でこの技をガードされるとフェリシア本体は大きな隙を晒す。とりわけ、弱キック+強キックで出した時は、極端に短い距離をダイブし、まず相手に当たらない。
『NAMCO x CAPCOM』ではアーマーキングとのMA攻撃で、彼とキングの2人にタコ殴りをさせる。
キティ・ザ・ヘルパー
『セイヴァー』ではダークフォース、『セイヴァー2』『ハンター2』ではEX必殺技になっている。「アルト」を呼び出し、フェリシアの攻撃後に追撃をさせる。ただし「アルト」は、ボディプレスのような攻撃しかしないため、一発一発の間隔が長い分連続ヒットはしない。フェリシア本体が攻撃を食らっても、アルトの攻撃は中断されることは無い点が強み。
クレイジーフォーユー
ポケットファイターのマイティコンボ。ビシャモンの「連ね斬り」のように自分そっくりの分身を作り出し、自分の手前から連続してラインダンスのように蹴り上げていく。
ESローリングスクラッチ
『頂上決戦 最強ファイターズ SNK VS. CAPCOM』の隠し必殺技。必殺技の「ESローリングスクラッチ」とほぼ同等。なお、同作では通常版の「ローリングスクラッチ」が使用できない。
スーパーサンドスプラッシュ
『MARVEL VS CAPCOM 2』専用のハイパーコンボ。押し寄せる波のように砂が流れ込み、相手に連続ヒットする「サンドスプラッシュ」の強化版。

[編集] 特殊なダメージモーション
ミッドナイトブリス(デミトリ)
白いパーティードレスを着た、マリリン・モンローを思わせるセクシーなキャットウーマン。
王家の裁き(アナカリス)
白い猫。おでこの辺りから同じ髪色のフェリシアふうのアホ毛が垂れている。
とが首さらし(ビシャモン)
ダンボールに入れられて鳴いている白い捨て猫。やはりフェリシアと同じ髪色のアホ毛が見て取れる。
サングェ=パッサーレ(ジェダ)
尾の先が膨れる。

[編集] 登場ゲーム作品
ヴァンパイアシリーズ
ヴァンパイア
ヴァンパイア ハンター
ヴァンパイア セイヴァー
ヴァンパイア ハンター2
ヴァンパイア セイヴァー2
ヴァンパイア クロニクル ザ カオスタワー
ヴァンパイア ダークストーカーズコレクション
その他
スーパーパズルファイターIIX
ポケットファイター
MARVEL VS. CAPCOM 2
CAPCOM FIGHTING Jam
フェリシアのマジカルステップ(携帯アプリ)
他社
NAMCO x CAPCOM
頂上決戦 最強ファイターズ SNK VS. CAPCOM
SNK VS. CAPCOM 激突カードファイターズシリーズ
背景での出演
ストリートファイターIII(1stと2nd Impact)
日本、温泉旅館のステージに『エイリアンVSプレデター』のリン・クロサワと『ストリートファイター』シリーズの春麗と共に温泉に浸かっている。髪色がなぜか金髪になっている。(『ALL ABOUT ストリートファイターIII THE FIGHTING BIBLE』にそう表記されている

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 28人

もっと見る

開設日
2007年10月14日

3341日間運営

カテゴリ
ゲーム
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!