mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > ヒロ・ナカムラ <HEROES>

ヒロ・ナカムラ <HEROES>

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年12月6日 15:52更新

マシ・オカまたはマサヨリ・オカ(Masi Oka、Masayori Oka、本名 岡政偉(おかまさより)、
1974年12月27日 - )は、東京都渋谷区出身のアメリカ合衆国の俳優、
デジタル視覚効果アーティスト。
http://heroeswiki.com/Masi_Oka

Interview with Masi Oka
http://jp.youtube.com/watch?v=5llbJHEQlx0
http://jp.youtube.com/watch?v=az3ovIkjxfw
http://jp.youtube.com/watch?v=Ig9dBT8CSOo

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

東京で生まれ、生後1ヶ月の時に両親が離婚し母親によって育てられた[1]。6歳のときにギフテッドのオカの教育のために母とカリフォルニア州 ロサンゼルスに移る。このため、メディアに日系アメリカ人俳優として紹介されることも多いが、オカ自身は電子版シアトル・タイムズ紙で「僕はアメリカ人ではありません。今も日本の国籍を持っています。」("I'm not American. I still have my Japanese citizenship.") と発言している[2]。2007年4月30日に行われたアジア系アメリカ人演劇集団イースト・ウェスト・プレイヤーズ(en)の授賞式においては自らを「アメリカンドリームを生きている日本からの移民」と語っている[3]。

少し英語の訛りはあるが流暢に日本語を話し、スペイン語にも堪能である[4]。ジョージ・タケイとは撮影の合間にスペイン語で話し周囲を驚かせた[5]。

IQは180以上(正確には189)[6]と判定され、矢野祥も通っていたギフテッドのための学校マーマン・スクール(en)、プレップ・スクールであり多くの俳優を輩出しているハーバード・ウェストレイク(en)の卒業生である。IQは年とともに変わるが、現在のIQは定かでない。12歳の時に "Those Asian-American Whiz Kids" (例のアジア系アメリカ人天才児たち)を特集した1987年8月31日発刊タイム誌の表紙を飾ったことがある[7]。

1997年に、米国ロードアイランド州にあるアイビー・リーグ加盟校、名門ブラウン大学を数学およびコンピュータ・サイエンス専攻、舞台芸術副専攻で卒業。卒業後すぐにジョージ・ルーカスが特殊効果開発のために設立したインダストリアル・ライト&マジック (ILM) 社のサンフランシスコにある研究開発部門に就職。『スター・ウォーズ エピソード1』、『同2』、『ハルク』といった映画の特殊効果のための画像描写アプリケーション開発に携わる。

数年後、働きながら演劇のキャリアを積むために同社のロサンゼルス支店への異動を希望し、一年以内に俳優としてパイロット版での役あるいは番組を通して何回か登場する役(単発ではない役)獲得を条件に許可される[8]。

フルタイムで働きながら、TV番組 『スクラブス』(en) のフランクリン役や『ルイス』(en)のデング・ウー役を得て、ロサンゼルスに残り、テレビや映画の端役を務めながら、セカンド・シティ(en)やインプロヴ・オリンピック・ウェスト(en)で即興コメディの修行も積み、コメディ番組にも出演する。

2006年9月に放送が始まったテレビ番組 『HEROES/ヒーローズ』 のヒロ・ナカムラ(en)役でレギュラーの座を手にし、日本語訛りの英語と流暢な英語を上手に使い分けた演技及び独特の集中ポーズが好評を得ている。『HEROES』の台本はすべて英語で書かれており、日本語の台詞はオカ自身が和訳している。同年11月20日の"The View"のインタービューでも、万歳のつもりで台本にBonsaiと書いてあったものを「ボンサイは小さな木だし、バンザイは戦争を連想させるから、もう少しモダンな『ヤッター!』ではどう?」と提案してヒロ・ナカムラの"Yatta!"が生まれた。日本語は土曜日に日本の1週間分のカリキュラムをカバーする学校(おそらく補習校)へ小・中学校の9年間強制的に通わされ、当時は母親を恨んでいたが現在は感謝していると語っている[9]。NBCの公式サイトでHiro's Blogを書いていたが、ヒロの勤務先のヤマガト工業の翻訳ソフトで英語に自動翻訳しているという設定付きである。

本人いわく、日本の漫画を読みながら育ち、「『きまぐれオレンジ☆ロード』のような古い学園ものから『MONSTER』や『DEATH NOTE』などの最近のものまで好んで読む」という[10]。なお、『Heroes』のレギュラーを獲得した時点でもまだILM社の正社員であり、2006年11月のTVガイドのインタビューの際も、主にプログラミングのアーカイブ・コンサルタントとして週に1、2日働いていると語った。また愛車は2000年のホンダ・シビックで、今もBMWを購入する気はなく、買うならハイブリッドだろうと話している[11]。

実際の彼の日本の漫画への傾倒ぶりやILMでのキャリア等が大手メディアで取り上げられるなど、ハリウッドでの今後の活躍が期待される数少ない日本人のひとりである。2006年第64回ゴールデングローブ賞のミニシリーズ・テレビ映画部門の助演男優賞にノミネートされた。2007年第59回プライムタイム・エミー賞(助演男優賞 ドラマ部門)にもノミネートされている。2007年公開のコメディー映画、『Balls of Fury』にも出演している。

オカは、ロサンゼルス地域でエンターテイメント業界に身を置くブラウン大学卒業生のネットワーキングのために、ブラウン大学エンターテイメント・グループ(BUEG)を創立した。BUEGは、ハーバード大学のHarvardwood、コーネル大学のCornell in Hollywood、ダートマス大学のDAEMA、ペンシルバニア大学のPenn Club of LA、プリンストン大学の Princeton in Hollywood、スタンフォード大学のStanford in Entertainment、イエール大学のYale in Hollywoodという同様のグループとともに、アイビー・エンターテイメントに加盟している

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 256人

もっと見る

開設日
2007年10月13日

3480日間運営

カテゴリ
テレビ番組
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!