mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > プリーモ・レーヴィ

プリーモ・レーヴィ

プリーモ・レーヴィ

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウシュヴィッツ体験を持つイタリア人化学者
プリーモ・レーヴィに関するコミュです。

「ーだから、この頃に、骨を折りながら解明しつつ
あったメンデレーエフの周期律こそが
一遍の詩であり、高校で飲み込んできたいかなる
詩よりも荘重で高貴なのだった。」

特に「周期律ー元素追想」のこの一節にやられた人集まれ♪


***********************************
↓wikipediaより
プリーモ・レーヴィ(Primo Levi、1919年7月31日 - 1987年4月11日)
イタリアの化学者・作家。アウシュヴィッツ強制収容所からの生還者であり、この体験を記した『これが人間か』で世界的に知られる。

トリノのユダヤ人家庭に生まれる。1937年からトリノ大学で化学を学ぶ。
第二次世界大戦中、ナチスによるトリノ占領に対してレジスタンス活動を行う。1943年12月スイスとの国境沿いの山中で捕らえられ、そのまま強制収容所に送られる。1945年1月、アウシュヴィッツ解放、強制収容所より生還。

戦後は化学者・技師として働きながら、1947年の『これが人間か』以降、『休戦』『溺れるものと救われるもの』などでアウシュヴィッツの体験をテーマとして描く一方、いくつかの幻想小説も発表。1979年、『星型のスパナ』(La chiave a stella)でストレーガ賞を受賞、名実ともにイタリア文学を代表する作家となる。

イスラエルのパレスチナ占領政策に反対を表明し、物議を醸したこともある。また、ナチスによる絶滅収容所政策を「ホロコースト」と呼称することに反対した。

1987年、自宅アパートで投身自殺。その墓碑には、名前と生没年の他にアウシュヴィッツでの彼の囚人番号「174517」が刻まれている。

************************************

著作
1947『アウシュビッツは終わらない(Se questo è un uomo)』回想録
1963『休戦(La tregua )』回想録
1966『Storie naturali (as Damiano Malabaila)』短編集
1971『Vizio di forma』短編集
1975『周期律(Il sistema periodico)』短編集
1975『L'osteria di Brema』詩集
1978『Lilìt e altri racconti』短編集
1978『La chiave a stella』小説
1981『La ricerca delle radici』選集
1984『今でなければ いつ(Se non ora, quando?)』小説
1984『Ad ora incerta』詩集
1985『L'altrui mestiere』エッセイ
1986『溺れるものと救われるもの(I sommersi e i salvati )』エッセイ
1986『Racconti e Saggi』エッセイ
1997『プリーモ・レーヴィは語る』(マルコ・ベルポリーティ編)インタヴュー

『現代イタリア幻想短編集』(「ケンタウロスの探求」 他9著者)短編
『天使の蝶』 (光文社古典新訳文庫) 短編集

関連図書
プリーモ・レーヴィへの旅 (徐 京植 著)

開設日
2005年08月10日
(運営期間4065日)
カテゴリ
学問、研究
メンバー数
117人
関連ワード