mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 地域 > 日本の聖地巡礼〜太陽の道〜

日本の聖地巡礼〜太陽の道〜

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年9月10日 07:21更新

日本の聖地巡礼「太陽の道」(北緯34度32分)についてのコミュです。

「春分」と「秋分」のさいの「太陽の通り道」(レイライン)である「北緯34度32分」上には古代日本の中でも特筆すべき聖地の数々が、ものの見事に一直線に並んでいます。その太陽信仰の痕跡を辿りながら「日本の聖地巡礼」を再考、復活させようという壮大なプランに基づいたコミュです。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=551918959&owner_id=3107928
(↑「太陽の道」に関しての管理人の日記です。参考にどうぞ)

以下は国土地理院が提供する「電子国土ポータル」の検索で
太陽信仰の跡地の緯度と経度を検索してみました。
http://cyberjapan.jp/index3.html

ヤマト政権の中心地だった畿内半島を中心にまとめています。
日本の古代史や聖地巡礼に興味のある方。
周辺の地域住民の方などはぜひどうぞ。

●大鳥大社
(大阪府堺市 北緯34度32分11.58秒 東経135度27分37.44秒)
祭神は日本武尊(ヤマトタケル)と大鳥連祖神。大鳥連祖神は天児屋命(アメノコヤネ)と同一であるという説もあります。ヤマトタケルが東国遠征の途上で病死して「八尋白千鳥」(白鷺?白鳥?)となって舞い降りた聖地とされています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%B3%A5%E7%A5%9E%E7%A4%BE

●家原寺
(大阪府堺市 北緯34度32分14.98度 東経135度28分28.24秒)
行基菩薩の生家。行基は百済系渡来人の子孫で土師氏と組んで全国各地で土木工事などの社会事業を指揮。日本最初の大僧正。奈良・東大寺建立にも携わっています。
http://homepage1.nifty.com/ebaraji/

●土師遺跡・土師町三丁目
(大阪府堺市 北緯34度32分20.32度 東経135度29分51秒)
「クフ王のピラミッド」「秦の始皇帝廟」と並ぶ世界三大陵墓「大仙古墳」を初めとする百舌鳥古墳群を造営した古代の祭祀一族・土師氏の集落跡地。
http://www.city.sakai.osaka.jp/kyoiku/_syougai/_maibun/nhaze.html

●土塔
(大阪府堺市 北緯34度31分55.59度 東経135度30分34秒)
行基と土師氏の手による仏塔。日本史上、唯一のピラミッド。
http://www.city.sakai.osaka.jp/kyoiku/_syougai/_maibun/do1.html

●萩原神社・日置荘
(大阪府堺市 北緯34度32分15.29度 東経135度31分56.7秒)
太陽を信仰した謎の祭祀集団・日置部の集落跡地。行基開基の「萩原寺」が前身とも。太陽神を奉ったという日置部の日高神社があって、現在は萩原神社に合祀されています。
http://www33.ocn.ne.jp/~hagizin/

●埴生野・羽曳野丘陵
(大阪府羽曳野市 北緯34度32分15.25度 東経135度35分9.5秒)
日本武尊は遠征の帰り道、伊勢の能褒野で亡くなり「八尋白千鳥」となって大和琴弾原を経由して、古市に飛来し、また埴生野に向かって羽を曳くように飛び去った・・・と記録されています。「埴生野」の「埴」(ハニ)とは「埴輪」「土器」の事で、土器にするのに良質の土が採掘されたことからそう呼ばれたそうです。「はにゅうの」が訛って「はびきの」になったと言う説もあります。
http://www.city.habikino.osaka.jp/info/001/index.html

●飛鳥戸神社
(大阪府羽曳野市飛鳥 北緯34度32分6秒 東経135度38分19秒)
「飛鳥」の語源には色々な説がありますが古代朝鮮語の「アンスク」が訛ったという説があります。スクとは古代朝鮮語で「村」という意味でアンスクはつまり「安住の土地」という意味になるとか。飛鳥戸神社は百済系渡来人・飛鳥部の本拠地。また飛鳥部の祖先は百済王族の昆伎王(西暦461年頃に日本との同盟の人質として移住)とされています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E9%B3%A5%E6%88%B8%E7%A5%9E%E7%A4%BE

●多神社・多坐弥志理都比古神社
(奈良県磯城郡田原本町 北緯34度32分8.65秒 東経135度47分12秒)
御祭神は「神八井耳命」で神武天皇の第2皇子。神八井耳命は古代氏族の多氏の祖。他には「水知津彦神」「火知津姫神」など。多神社は三輪山頂から真西の直線距離で約7kmの位置。この多神社から真南に約4km行くと初代天皇・神武天皇陵につき当たります。太古には四方に鳥居があり、太陽信仰の聖地らしく方位を意識した構造になっていたという説があります。「元伊勢」(伊勢神宮の前身、モデル)の1つとされています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E7%A5%9E%E7%A4%BE

●姫皇子命神社
(奈良県磯城郡田原本町 北緯34度32分7.34秒 東経135度47分20秒)
多神社の東に位置する摂社です。「ヒメ・ミコ」は「日女」「巫女」で太陽神、女性神との繋がりを想起させます。

●箸墓古墳・倭迹々日百襲姫命墓
(奈良県桜井市 北緯34度32分20.9秒 東経135度50分26.71秒)
聖地・三輪山の三輪明神の妻。3世紀の古墳で、前方後円墳としては日本最初、最古級のものです。卑弥呼の墓ではないか?という説もあります。また古墳や埴輪を造営した祭祀一族の土師氏の墓、つまり土師墓(はじはか)がなまって箸墓(はしはか)になったという説などもあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%B8%E5%A2%93%E5%8F%A4%E5%A2%B3

●檜原神社・桧原神社
(奈良県桜井市 北緯34度32分18.17秒 東経135度51分18.1秒)
大神神社の摂社。ご祭神は天照大神若御魂神(アマテラス)、伊弉諾尊(イザナギ)、伊弉册尊(イザナミ)。多神社と同じく「元伊勢」(伊勢神宮の前身、モデル)の1つとされています。3つ鳥居という大神神社独特の鳥居があることでも有名です。
http://www.oomiwa.or.jp/c03/c03_28.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AA%9C%E5%8E%9F%E7%A5%9E%E7%A4%BE

●三輪山
(奈良県桜井市 34度32分6.2秒 東経135度52分0.51秒)
大神神社のご神体。山そのものが神という日本古代の一大聖地。元伊勢。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%BC%AA%E5%B1%B1

●長谷寺
(奈良県桜井市 北緯34度32分9.1秒 東経135度54分24.27秒)
真言宗豊山派総本山。創建は奈良時代の8世紀前半と推定されていますが、仏教系寺院として建立される前から太陽神の聖地として崇められていたという伝承があります。また、平成の現代でも長谷寺には毎朝の勤行がはじまると僧侶全員が本堂前に集まって、真東の山(太陽が昇ってくる方角)に向って拍手を打つという「与喜山礼」(よきさんらい)という独特の宗教儀式が行われています。
http://www.hasedera.or.jp/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%AF%BA

●狭井神社
(奈良県桜井市 北緯34度32分2.55秒 東経135度55分46.47秒)
三輪山への入山入り口。春分には春祭りとして鎮花祭が行われます。万病に効くという「霊水」の井戸などもあります。

●室生寺
(奈良県宇陀市室生 北緯34度32分16.41秒 東経136度2分26.35秒)
俗にいう女人高野。室生は「室」「牟漏」とも書いていずれも「ムロ」と読みます。この「ムロ」というのは「ミムロ」という言葉の転用で「神の坐ます山」という意味です。
http://www.murouji.or.jp/
http://www.murouji.or.jp/shinkou/faith.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A4%E7%94%9F%E5%AF%BA

●龍穴神社
(奈良県宇陀市室生 北緯34度32分5.71秒 東経136度2分50.65秒)
室生寺の東方約1キロのところにある古社で竜神を祀っています。室生寺の草創には水神・竜神が関係しているとも言われています。水の神が天空に舞い昇るのが神の使いの「龍」であって、「龍穴」というのは太陽と大地を結びつける聖地になります。
http://www.murouji.or.jp/guid/ryuketu.html

●竹神社
(三重県多気郡明和町 北緯34度32分14秒 東経136度37分6.97秒)
竹は「タケ」で「多気」の転用とされます。「(霊)気が多い」という意味の聖地です。現在の竹神社の位置は移築されたもので元々は斎宮跡の真西にあったそうです。

●斎宮跡
(三重県多気郡明和町 北緯34度32分25秒 東経136度36分46.7秒)
斎宮(女性神官)の宮で伊勢神宮は元々、この斎宮跡にありました。伊勢は太陽を信奉する女神・アマテラスの聖地です。日本の首都であった難波宮、平城京、平安京よりも大きい超巨大な古代都市であったことが近年の発掘で判明しています。
http://www.town.meiwa.mie.jp/romantic/saikuu/saikuu.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%8E%E5%AE%AE

※TOP画像
堺・大鳥大社にて行われる春分の日の祭礼「花摘祭」の様子です。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 72人

もっと見る

開設日
2007年10月4日

3525日間運営

カテゴリ
地域
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!