mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > ビジネス、経済 > ベトナム-不動産投資-

ベトナム-不動産投資-

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年4月9日 10:56更新

【ベトナム】

正式名称 ベトナム社会主義共和国
ベトナム語では「Cộng Hoà Xã Hội Chủ Nghĩa Việt Nam」である

1975年 有名なサイゴン陥落によりアメリカ軍撤退→唯一のアメリカに屈指なかった国である。

1986年 ドイモイ(刷新)政策を開始
      改革・開放路線へと歩み出す

1995年 越米国交正常化

1996年 ASEANに加盟

2007年 WTO(世界貿易機構)に150番目として正式加盟

ドイモイ政策後、社会主義の国でありながら資本主義・自由主義を取り入れ、過去10年間のGDP成長率は7.5%を超える。また昨年2006年は8.5%を超え、中国に次ぎインド同様世界の中でも非常に高い成長率を誇る今目を離せない国である。

2000年 ホーチミン証券取引所 開場
2006年 ハノイ証券取引所    開場

僅か6年の間に証券市場の規模は凄まじい拡大をし、WTO加盟後は先進国の多種多様な外資が参入。証券市場の隆盛に加担している。

その一方、ベトナム不動産市場にも韓国をはじめとした外資が参入開始。もともとベトナムは世界有数の地価の高い国であるが、それにも増して大型プロジェクトが始まっている。

<プロジェクト一例>
■ 国際会議場竣工以来、MyDinh-MeTri地区に対する関心が高まっている。総合スポーツ地区、Lang-HoaLac高速道路整備などで交通インフラは整えられ、複数の大型不動産プロジェクトにより同地区は新たな都市開発拠点となっている。

■ ORIX(日本)とシンガポールUOLOverseas Developmentは国際会議場のそばで2億3500万ドル(約282億円)の不動産プロジェクトを始めるべく、Viglaceraと合弁契約を交わした。30階建てオフィスビル・5つ星ホテル、商業施設、高層マンションなどを建設する。

■ 韓国CharmvitグループはスーパーBigC前で5つ星ホテル投資許可を取得し、同じく韓国KaengnamはRivieraCorporation(日本)とPhamHung通りでホテル・オフィス・集合住宅の開発権を争い競り勝つ。
投資総額は5億ドル(600億円)になる。Cavico Vietnamと住宅開発・改装社はMeTriHa地域で27階建てのツインタワープロジェクトを進めている。

■ Bitexcoは高級マンションTheManorの他、ショッピングセンター、集合住宅・オフィスビルの建設を進め、会議センター地域でも5つ星と3つ星ホテルを建設する。

■ 国際会議場から半径10Km圏内ではBooyoungグループが5000戸の集合住宅、PoscoE&CもVinaconexと協力し、BacAnKhanh新都市プロジェクト着工準備を進めている。

■ 西湖西側都市区は韓国企業5社が開発、投資総額は3億1400万ドル(377億円)、計5000戸の集合住宅・ビラを今後7年で建設する。ハノイ市は同都市区に金融拠点を移すと言われている。

このようにベトナムの首都・ハノイではハノイ及び近郊に多くの外資が参入し、2010年を目処に続々と不動産を開発している。

目に見えて不動産価値が上昇していくハノイ。
この不動産市場の成長に参加出来る日本人は極限られた人たちだけかもしれません。

そんな中、誰もが参加出来る投資案件を紹介して行きたいと思います。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 96人

もっと見る

開設日
2007年10月2日

3641日間運営

カテゴリ
ビジネス、経済
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!