mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 巨大魚 リードシクティス

巨大魚 リードシクティス

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年1月31日 13:35更新

古代の海にはシロナガスクジラを超える巨大な魚が泳いでいたのをご存知だろうか?


リードシクティス・プロブレマティカス(Leedsichthys problematicus) は、ジュラ紀後期(約1億5500万年前)に存在した魚類の一種で、「史上最大の硬骨魚類」とされる。
分類は、魚類:硬骨魚綱:条鰭亜綱:パキコルミフォルメス目(パキコルムス目とも):パキコルムス科:リードシクティス属:リードシクティス・プロブレマティカス種。

1889年にイギリスのピーターボローで初めて化石が発見された。
発見された部位は、尾鰭、鰓櫛、頭蓋の一部、肋骨が数個など断片的なものであり、それゆえ正確な全長は今なお分からない。
しかし、同所で発見された同じパキコルムス科に属す硬骨魚と同じ体形であると考えるなら、その尾鰭から体長はおよそ21mと推定される。また推定約28mとする説もあり、この説に従うとシロナガスクジラに匹敵する大きさとなる。ただし、シロナガスクジラは哺乳類であって魚類ではない。
最小の推定値でも14mと言われ、史上最大の硬骨魚とされている。

脊椎骨が完全な状態で発見されない限り、現在のところ実際の全長は推測でしかない。それは、リードシクティスの骨が脆いため、完全な骨格が発見されるのはあまり期待できないためらしい。

その食性は現生のジンベイザメやヒゲクジラなどと同様に、プランクトン等を主に捕食していたようで、おとなしい魚であったと考えられている。
唯一発見された頭蓋には、海棲ワニの一種メトリオリンクスの牙が突き刺さっていた。

属名 Leedsichthys は、第一発見者の化石収集家アルフレッド・リーズ(Alfred Nicholson Leeds)に、種小名 problematicus は、あまりに大きい化石のため存在が想像しがたい=「問題である」に由来する。

尚、リードシクティスは古代魚のひとつアミア (bowfin) と遠い仲間に当たると言う。


トピック作成は重複しない範囲でご自由にどうぞ。
但し、著しく公序良俗に反するトピック及び書き込み、本コミュニティの趣旨と著しく違う内容・目的のトピック及び書き込み等管理人が不適切と判断した場合には、事前の予告無く削除させていただきます。



関連リンク:wikipedia リードシクティス・プロブレマティカス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B7%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%9E%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%82%B9

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 70人

もっと見る

開設日
2007年10月2日

3466日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!