mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > NYSE 高原守

NYSE 高原守

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年8月25日 21:44更新

指揮者高原守氏率いるニューヨーク シンフォニックアンサンブルを応援するコミュニティです。


クラシックがお好きな方、NYにお住まいの方、お気軽に参加ください。

★★★★★
高原 守 音楽監督
ニューヨーク シンフォニック アンサンブル

ニューヨークシンフォニックアンサンブルは、1979年メトロポリタンオペラオーケストラ、ニューヨークフィルハーモニックのメンバー、日本人指揮者、高原 守ら約35名、 によって創立され“メトロポリタン アンサンブル”の名称で演奏活動を始められ、1982年“ニューヨーク シンフォニック アンサンブル”の名に改められました。
非営利団体NPOで運営されております。
クラシック音楽というジャンルでありながら、伝統にとらわれず、また他の楽団とは違ったオリジナルのサウンドを目指し、27年間演奏活動を続けています。
ベテランの楽員と普段はソリストのみとして活躍するパワフルで実力のある演奏家、さらにミュージカルの演奏者も交えながら合奏する事で通常60名以上で演奏される曲への挑戦が可能になり、フルオーケストラとは全く音色の違った透明感のあるスタイルのシンフォニー サウンドを創りあげています、さらに個々の楽器、また一人一人の音を楽しめる特性を持ったオーケストラです。さらに若きソリスト、演奏家の育成にも力を注いでおります。

² 本来、一般的に指揮者としての活動はゲストとして、または、既存のオーケストラとの契約をして指揮活動をしますが、高原はアメリカ合衆国NYにおいて素晴らしい演奏家たちと共に一から楽団作りに励み25年以上に渡り演奏活動を続けて参りました、さらに若き演奏家を育て社会に貢献してている唯一の日本人指揮者です。

それでは何故、NYにこだわるのでしょうか?
それはニューヨークという街に住むと感じる事ですが、人々の心がとても自由であり開放感に満ちているからです。
人種のるつぼ(メルティング ポット)と言われるように他のどの街よりも世界中から多くのパワフルでプロフッショナルな人々が目的を持ってそれぞれの文化を大切に守りながら生活をしています。
音楽界においても同様に素晴らしい演奏家が集結しています。
そこで私たちが探し得たものが“ニューヨーク スタイル”です。他の国の伝統にとらわれない、さらに合理的かつ自由な演奏を目指す事が出来るのです。

ここで言う伝統とは、クラシック音楽そのものでは無く、作品や作曲家、その時の時代背景とは関係なく地域(国としての大きな規模も含む)、学校、組織において育まれた、演奏法や曲の解釈の事で、いわゆるウィーン流などの事。それぞれ、様々な意見があり、ヨーロッパでは、受け継がれた手法を重んじて演奏される事が多い。NYには、各地から人が集まり、様々な解釈、演奏法が持ち寄られているので、改めて曲自体と向き合う事そして、共に演奏する者達と創作する、“伝統”にとらわれないオリジナルの演奏が可能。

- 自分(高原守)とNYSEの音楽を創り上げる:
NYのサウンドとは?としばしば聞かれますが、一つの答えを出すのがこれ程難しい場所は無いでしょう。あえて言うなら、“それぞれが全く違った個性を持っている”ということかも知れません。個人の歴史や環境が違うので、同じ志を持つ事で“今までのスタイル”に影響されない(若しくは、色々違った事に影響された)自分達の音楽を創造することが出来る。

² 生活の中に音楽を!
- 歴史的に、クラシック音楽は、上流階級の人達の間での娯楽として始まり、一般に公開されてからも完全に万民に普及したとは言いがたいでしょう。現在においては、時代の移り変わりと共に、日頃よりクラシック音楽に親しみを持っている人口は、相当少なくなっています。人気の有無はさておき、そのエネルギー、芸術性の高さ、複雑さ、感情の豊富さ、あらゆる面において、クラシック音楽はもっと多くの人に聴いてもらう価値のあるものだと思います。高原の幼少時代、学生時代、クラシックのコンサートは値段も敷居も高く、また地方でのコンサートも少なく、行きたくても中々足を踏み入れる事は許されませんでした。そんな経験から、より多くの人に、気軽に参加出来る演奏会を、リーズナブルな値段で提供したいと強く願い、そのような企画を数多く実現して来ました。お寺や格納庫、駅、市場、施設や病院でのコンサートもその一部です。アマチュアの演奏家、地元コーラスとの共演、学校でのワークショップ、演奏曲、等、好奇心をもって聴きに来られる、きっかけとなるようなコンサート作りを目指しています。
- 35人という室内管弦楽団の編成と、多くのメンバーがソリストとして活躍していることで、ピアノ、バイオリン、チェロの良く演奏されるコンチェルトだけでなく、金管、木管楽器やビオラ等、普段あまり聴けないコンチェルトに出合えます。

² 音楽・音楽家として
- NYSEは、透明感いう事を音楽的な一つの目標として演奏しています。基本的には、室内音楽として演奏される曲を得意としていますが、ベートーベンの交響曲など、一般的に100名前後の大きな編成で演奏される曲にも挑戦しています。そのような大曲においても、大人数で演奏される程の迫力を出す一方、室内音楽的な一つ一つの楽器、また一人一人の音がパズルのように織り成す楽しさと美しさを持つ独特の音楽世界を創り上げています。普段、大編成での演奏を聞きなれている方にも、また一風変わった新たなスタイルを楽しんで頂けると思います。モーツァルトやベートーベンの時代にも、しばしば40名程の編成で演奏されていたと言われており、NYSEではその当時に近い演奏をしていると言えるかも知れません。
- (上記のような)透明感のある、そして、一つ一つのパートが存在感を持っている音楽を創る為には、演奏者それぞれに実力があり、さらにそれを演奏において120%引き出す必要があります。創立以来、演奏の場だけでなく日頃から指揮者と演奏家達の間に信頼関係を築いてきました。長年共にしているメンバーの中に、常に若いメンバーを入れ、演奏家としてまた人間としてお互い成長しています。実際、数年間NYSEで演奏し、成長を遂げた若い音楽家達は、ウイーン フィル、メトロポリタンオペラ、ニューヨークフィルハーモニー、シカゴ交響楽団など世界的にも名高いオーケストラの演奏家として認められ、ソリストとして活躍するなど、幅広くその才能と実力を発揮しています。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2007年9月25日

3708日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!