mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 蜻蛉玉

蜻蛉玉

蜻蛉玉

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人は蜻蛉玉と一切関係ないのですが、勝手にコミュニティー作らせてもらいます。皆さんも勝手にトピック立ててください。
以下は蜻蛉玉HPより抜粋
http://homepage2.nifty.com/tonbodama/


蜻蛉玉について

蜻蛉玉は2001年11月に、脚本・演出の島林愛をはじめ、桜美林大学総合文化学科の学生を中心に旗揚げしました。劇団員は女性を中心に構成され、女が生きていくさまざまな葛藤を描いています。廃校になった小学校の体育館、つぶれた食堂、月のみえる夜のテラスなど、特異な場所での公演もおこなっています。


存在感のある場所に、存在感のある人は、集まる。

蜻蛉玉が特異な場所で公演をやるのには、そういった理由からです。劇場では、やらないのか、と、よく聞かれます。存在感のある、劇場で公演をやりたいと思っています。特異な場所での公演は年1回のペースでやっていく予定です。


すべての人は、すべて、ちいさなゆがみをもって生きている。

蜻蛉玉の公演は、すべての登場人物がちいさなゆがみをもって、登場します。それが、でてきたり、でてこなかったり、ゆがんだり、なにもおこらずゆがまなかったり、するわけです。その、存在感のある場所で。その場所で、ふがいない、切ないというあいまいな感情を表現しています。

もう一度この場所にきたい。

と、ふと、ある時、おもってもらえたら、しあわせです。
蜻蛉玉の公演は、終演後にほんのすこし、贅沢な気持ちになれるドリンクをご用意します。
芝居や、映画や、ギャラリーや、美術館にいくことなどなど。それは、普段の現実をその一瞬だけ忘れて、その世界にふれる。そういう役割も芸術にはあると思うのです。芝居をみたあとに、ぱっと、現実の世界にほうりだされてしまうのが、すこし、かなしい、と、私は思うのです。だから、せめて、蜻蛉玉のお芝居をみたあとには、急にほうりだす以外の選択肢を蜻蛉玉でつくれたら、いいなぁ、と。そのために、あたたかいコーヒーや、ジュースや、お酒を、ほんのすこし、ご用意します。そこで、蜻蛉玉をみた人たちと、のんびりとお話をしたいのです。

のんびり、ゆったりと。のんびり、のんびり。
蜻蛉玉空間へようこそ。
一人でもおおくのかたに、蜻蛉玉のくうきを、いろを、においを、しってもらいたいです。そして、一人でも多くの方に出会いたいとおもっています。

開設日
2005年08月05日
(運営期間4070日)
カテゴリ
アート
メンバー数
3人
関連ワード

おすすめワード