mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > アンネのバラ

アンネのバラ

アンネのバラ

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンネのバラを育てている人、アンネのバラが好きな人、アンネのバラに興味のある人なら、どなたでも参加できます☆
_________________________

 『アンネの日記』を書いたユダヤ人少女アンネ・フランクは、第2次大戦の終結前、ドイツのベルゲンベルゼン強制収容所に収容され、15歳で病死しました。

 その14年後の1959年、スイス旅行中だったベルギーの園芸家ヒッポリテ・デルフォルヘ氏は、アンネ・フランクの父オットー・フランク氏に出会いました。そして、アンネが自然をこよなく愛していたこと、特にバラの花が好きだったことを知りました。
 
 以前から『アンネの日記』に深く感銘を受けていたデルフォルヘ氏は、1955年に自分が開発していたバラに「Souvenir d’Anne Frank」(直訳すると「アンネ・フランクの思い出」、日本では「アンネ・フランクの形見」といわれている)と名付け、1960年にこのバラを世間に発表しました。


 1972年、10本の苗木が日本に贈られたことをきっかけに、日本でも「アンネのバラ」が知られるようになりました。


 「アンネのバラ」は、蕾の時は赤、開花すると黄金色になり、時間の経過と共にサーモンピンクに変色し、やがて更に濃いピンクに変色する、という具合に、日々色が変わっていきます。色が豊かに変貌するバラを「アンネのバラ」として選んだことには意味があります。
 アンネは豊かな才能を秘めたまま戦争と差別迫害のため、若くして命を奪われました。そんな彼女が生きていたなら、その才能を活かし、人生において幾つもの美しい花を咲かせたに違いありません。多彩に変容する「アンネのバラ」には、多くの可能性を秘めたアンネを表現したいというヒッポリテ・デルフォルへ氏の願いが込められているのです。

開設日
2005年08月04日
(運営期間4074日)
カテゴリ
その他
メンバー数
96人
関連ワード