mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > GRETSCH グレッチ 愛用者 

GRETSCH グレッチ 愛用者 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年1月20日 19:55更新

気がついたら管理人になってましたわーい(嬉しい顔)手(チョキ)
このコミュニティーはグレッチ社のギターに絞ったコミュですチャペル

「GRETSCH」のギターは音が悪い、サスティーンがない、ハウリングしやすい、ピッチがあわず和音があまりキレイではない、
それでもグレッチのギターが好きハートサウンドが好きハート

50年前はフェンダーやギブソンとシェアを争ってたメーカー、でも結果はこの状態。でもこの個性的なプロダクトは今後もきっと生きて続くだろうと思います。

創設者フレッド・グレッチの魂は永遠にぴかぴか(新しい)
1973年、二度の工場火災に会う悲劇も、そして買収された今でも、根強いファンがいまするんるん

White Falcon Country Classic Nashville Tennessee Rose Counyry Club Silver Jet Duo Jet White Penguin Black Penguin Firebrid Round Up Hot Rod
Rancher Rancher Jr.

[最近のグレッチ社]
1985年:フレッド・グレッチ4世がボールドウィン社よりグレッチ・ブランドの経営権を買い戻す。しかし、ギターを製造するための型押しや機械類が1980年にボールドウィン社によって売却されていたため、 新しい型押し・機械類の導入費用、職人の雇用にかかる費用等をすぐに調達するのは不可能な状況であった。

1989年:Gretsch、ギターの生産を日本で再開。

上記のような理由のため、フレッド・グレッチ4世はグローバル方式でGretschギターの生産を再開した。Gretschギター用のボディおよびネック製造はアメリカで、組み込みは日本で行われるようになった。(というのがオフィシャルであるが、木部の製造も日本で行われているという説もあり、その説に全く説得力がないわけでもない。)愛知県の寺田楽器製作所で組み込みは行われた。

1995年:少数であるが、アメリカでのギター製造を開始。同時に廉価ブランドとして「エレクトロマチック・バイ・グレッチ」を発表。

2002年:Gretsch社、フェンダーに吸収合併される。↓に当時のニュース記事を転載。

Fender社Gretschギターの製造、販売権獲得
Fender Musical Instrument社はFred Gretsch Enterprise社との合意に基づき、世界的規模で今後のGretschギターの開発、製造、販売を展開する。契約は2003年1月1日から有効で、以降Gretschギター、ベース、シンクロマティック・ギター、エレキギター、パーツ、アクセサリーは製品本体、ブランド名を含め、全てFender社の管理下におかれることになる。

それに伴い、製造場所が長野県のフジゲンに移行。


2007年、チェットの遺族と再契約を結び、彼のモデルが復刻された。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 742人

もっと見る

開設日
2007年9月16日

3417日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!