mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 地域 > 罪の言説

罪の言説

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年4月30日 02:51更新

 僕らは断罪を欲する。

 原因論の言説には大抵ユニック性がある、と言ってしまうと複合性が意識されるけど、やっぱりほとんどの場合、原因は恰も一つであるかのように語られてしまう。僕らは断罪を欲する。そこでスケープゴートは何時も決まったところに、決まった部分に必要上で現れる。スケープゴートは人々に、または裁判において断罪されて、僕らの断罪欲は度々少しずつ満たされる。こうして一つの要因が断罪され、他の複数の要因が潜伏したままになる。

 例えば、学力低下とゆとり教育、事ある毎に断罪されるゆとり教育。しかし個別に語られる消費者としての若者。ゲーム市場としての若者。言い換えれば、企業の輝かしい業績。「ゆとり教育」のユニックな必要性。「唯一の原因」として僕らに断罪されることの必要性。

 唯一の原因が、「オペレーショナルな白さ」を僕たちに与える。ナルシスティックな、ナショナリスティックな純白さを僕らに与える。この白さが常に維持されるためには、原因はユニックであればあるほどよく、固定されていればいるほどいい。



 文化人類学は一般には社会学の領域に属するんだけど、相対主義の伝統を色濃く汲んでいる点では、いわゆる社会学、民俗学、民族誌学とは特徴を異にしてる。

 社会学ではそれぞれの地域で責任論が展開されてきたけど、文化相対主義の観点から責任論そのものに着目した研究はこれまで行なわれて来なかった。

 このコミュニティは、特に「罪の言説」の文化的相違に注目した民族資料を集めることから始めて、相対的に自文化の問題を浮彫りにした上で議論を展開することを目的にしたいな。

 何との関係で、どこに罪が置かれるか、って資料を、日本や先進諸国はもちろんだけど、特に非西欧的文化の罪の言説を集められたらと考えてる。

 整理するために、地域と時代別の資料をあいうえお順で保管したスレッドを作成する予定。



◆関連する単語
自己責任論、連帯責任、代表責任、自由意志、人権論、環境決定論、人間機械論、運命論、ポスト構造主義、心理人類学、エージェンシー、エージェント、行為主体、行為媒体主体、フランツ・ボアズ、クリフォード・ギアツ、ルイ・デュモン、個人主義、社会主義

思想家たちを入れるも、本コミュニティでは難解な表現よりも、できる限り解り易い要約を重んじようと考えます。イマヌエル・カント、スピノザ、ヘーゲル、ニーチェ、ミシェル・フーコー、ルネ・ジラール、ロラン・バルト、ルイ・アルチュセール、ジャン・ボードリヤール

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 3人
開設日
2007年9月13日

3484日間運営

カテゴリ
地域
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!