mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 李炳圭のユニフォーム

李炳圭のユニフォーム

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年2月14日 22:27更新

韓国野球界のスーパースター、現在は中日ドラゴンズで活躍する李炳圭選手のコミュニティーです。

しかし、ただの李炳圭選手のコミュニティーではありません。
みなさんは気づいているだろうか・・・。ビョンさんのユニフォームのすそが少しベルトからはみ出しているのを・・・。そしてそれが試合の経過とともにはみ出し方が大きくなるのを・・・。

ベルトが緩いのか、ユニフォームがでかいのかわかりませんが、そんなビョンさんのユニフォームの着方が少しでもカッコいいと思ってしまう人のためのコミュニティーです。

職場の制服、体操服、草野球チームのユニフォーム、私服、バイト先のユニフォームを着るときついついマネをしてしまう方、是非参加してください。

また、李炳圭選手個人の応援もしていきますので、李炳圭選手のファンの方、中日ドラゴンズのファンの方、ドアラ、シャオロン、パオロンのファンの方、はたまたチア・ドラゴンズ、ブルーマックスのファンの方の参加もお待ちしています。


【李炳圭】

李 炳圭(イ・ビョンギュ、1974年10月25日 - )は、中日ドラゴンズに所属する韓国出身のプロ野球選手。左投左打。ポジションは外野手(主に中堅手)。

韓国でのニックネームは「赤兎馬」(적토마、チョクトマ)。よくイ・「ヒョン」ギュと間違って呼ばれる事があるが、正しくはイ・「ビョン」ギュである。日本でのニックネームは「ビョン」「ビョン様」など。

李 炳圭(イ・ビョンギュ、1974年10月25日 - )は、中日ドラゴンズに所属する韓国出身のプロ野球選手。左投左打。ポジションは外野手(主に中堅手)。

韓国でのニックネームは「赤兎馬」(적토마、チョクトマ)。よくイ・「ヒョン」ギュと間違って呼ばれる事があるが、正しくはイ・「ビョン」ギュである。日本でのニックネームは「ビョン」「ビョン様」など。

来歴・人物
1997年から2006年まで10年間LGツインズでプレーしていた。LGでは主将を任されていたこともあり、ファンからの人気も絶大で、「エールジーエ イビョンギュ!(LGの李炳圭)」という歌詞の個人の応援歌まであった。2006年WBC韓国代表に選出され、主に1番打者を務めた。
韓国野球を代表するアベレージヒッター。バットコントロールの技術に優れ、好調時は手首を裏返さずに外野と二遊間の隙間へ功打者特有のポテンヒットを落とし安打の山を稼ぐ。悪球打ちとしても有名で、基本的に四球が少ない早打ちのスタイル。そのためイチローのようなスタイルでの活躍が期待される反面、以前に来た韓国人選手同様落ちる変化球への対応力が懸念されている。
ナゴヤドームと比べても遜色の無い蚕室総合運動場野球場をホーム球場とし、2003年に左ひざを負傷するまでは、走攻守三拍子揃ったいわゆる5ツールプレイヤーだった。その後2005年に長打力を捨てたスタイルへの転換し首位打者を獲得した。

中日時代
2006年オフにLGツインズからFA宣言を行い、12月10日に中日が契約を結んだと発表した。本人はセンター志望で、打順にはこだわりがないと発言。
オープン戦では1番を中心に様々な打順をテストされ、その結果をふまえ開幕戦では5番で起用される。その後打率が2割5分近辺を低迷したことで、4月下旬からは森野将彦との入れ替えで7番を打っている。
7月18日のヤクルト戦では日韓通算1500安打を達成。7月26日の阪神戦で来日初のナゴヤドームでの本塁打を放つ。
9月4日の巨人戦では、本拠地のナゴヤドームで来日初となる満塁本塁打を放つ(高橋尚成投手から)。また7日には4打数4安打を放つ。
故障の影響からか、二塁打が多い反面、盗塁は記録していない(9月現在)。守備も捕球体勢の悪さからか、力の無い返球が返ってくることがある。試合前の守備練習ではエラーをして恥ずかしそうにしている姿がよく見られる。
韓国時代から対戦経験のあるヤクルトのセス・グライシンガーを得意としている。

人物
韓国での成績、面長の顔をした左投左打の外野手という属性は佐々木誠を髣髴とさせるものがあり、WBCの中継で島村俊治アナウンサーがそのような指摘をしている。また、韓国野球を取材しているジャーナリストの室井昌也も同様の見解を持っている(イビョンギュ(李炳圭/LG)中日と契約)。
プレイスタイルからすると「韓国のイチロー」と呼ばれていると間違われるが、「韓国のイチロー」は同じく中日ドラゴンズに在籍していた李鍾範の愛称だった。韓国人が彼に対して考えるイメージではむしろ松井秀喜のような親しみやすい感じで、イチローのような求道者のイメージなのは李承だという[要出典]。そもそも李炳圭のことを「韓国のイチロー」と表現したのは中日スポーツである。巨人対中日戦では、実況が李炳圭のことを李承と言い間違える(もちろんその逆もある)ことが多々ある。
夏に強いと語っている。LG在籍中にも夏場で調子を上げスターの地位を獲得した。
打席に立つ際、首を横に振る癖がある。
2006年2月24日付けの朝鮮日報にて、「イチローは李(イ)チロ」と題した文章のなかで李炳圭がイチローを韓国人扱いする旨の発言をした。この文章は会話文で構成されており、「李炳圭がこういった発言をした」という報道形式ではない。つまり、チームメイト同士で冗談交じりの私的談話を拾った記者によるゴシップ性の記事であるが、韓国の親族関係の構造や冗談表現に慣れていない日本人の視点から見ると、理解しがたく誤解を起こしやすい内容である。

이병규(イ・ビョンギュ/Lee, Byung Kyu)
身長・体重:185cm・82kg
投打:左投左打
出身地:韓国
血液型:O型
球歴:奨忠高 - 檀国大 - LG(1997年〜2006年) - 中日(2007年〜)
英語表記(日本):LEE
WBC出場時:B K LEE
背番号(日本):7(2007年〜)
年俸:1億5000万円(2007年)
日韓通算1500安打

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 6人

もっと見る

開設日
2007年9月12日

3452日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!