mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > ミルコのひかり

ミルコのひかり

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年12月24日 18:49更新

ミルコのひかり

原題 Rosso Come Il Cielo

タイトル: ミルコのひかり
スタッフ: 監督・脚本:クリスティアーノ・ボルトーネ
出演: ルカ・カプリオッティ パオロ・サッサネッリ
マルコ・コッチ シモーネ・グッリー
上映時間: 100分
製作年/国: 2005/イタリア
配給: シネカノン
公式サイト: http://www.mirco-hikari.com/

『ニュー・シネマ・パラダイス』、『ライフ・イズ・ビューティフル』に続く、人生のきらめきと未来への希望を描いた、小さな宝石のようなイタリア映画が誕生!明日を信じ、自由を信じ続けた少年がもたらした奇跡の物語。

ストーリー:
音と勇気が、僕の瞳になった。
盲目の少年は、やがてイタリア映画界屈指の音の作り手となった。暗闇から音をとおしてひかりを見出した、そのドラマティックで果敢な少年時代を描いたトゥルー・ストーリー。

1971年イタリア、トスカーナ。映画をこよなく愛する10歳の少年ミルコは、不慮の事故によって両目の視力を失ってしまう。当時イタリアでは盲目の子供が通常教育を受けることを許されておらず、ミルコもまた、全寮制の盲学校へ転校させられる。今までとはまったく異なる環境になじむことができないミルコだったが、ある日、学校で古ぼけた一台のテープレコーダーを見つける。そこで知った音との出会いは、彼に新しい世界をもたらしていく…… 。
彼の聴力の才能に気がついた担任の神父や寮の管理人の娘であるお転婆な少女に助けられながら、規律を重んじる学校側の圧力にも屈せずにミルコはある行動を起こす。やがて彼の自由を信じる気持ちが障害者という理由で閉ざされた世界に留まっていたクラスメイト達にも大きな夢と希望を与え、周囲の人々や世論をも突き動かしていく…。
イタリア映画界で現在もその類まれな才能を発揮して活躍する、盲人の音響技師ミルコ・メンカッチ。そのドラマティックで果敢な半生を描いた感動の物語。

受賞歴
2006年サン・パウロ国際映画祭 観客賞
イタリア映画祭2007参加作品

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 31人

もっと見る

開設日
2007年9月10日

3545日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!