mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学校 > Nina Kitabu (ニナ・キタブ)

Nina Kitabu (ニナ・キタブ)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年9月8日 11:46更新

皆さん、こんにちは。

私たちは、東アフリカの国、タンザニアに建設中の中学校、SANZE EDUCATION CENTERの設立を支援する人々が集い、互いに知り合い、楽しく交流するためのコミュニティです。

Nina Kitabuとは、「私は本を持っている」という意味のスワヒリ語です。

本という言葉に、子供たちがこの学校で蓄える知識や、
未来の夢、希望というイメージを込めました。

この学校を設立を夢見て、現在、全くの一からこのプロジェクトを立ち上げようとしているのは、タンザニア在住の一人のブリッジエンジニア(橋を架ける技術者)です。

名前をムサマ・コサニと言います。

まだまだ経済的な余裕のなさから、我が子を小学校から上の学校へ進学させる率がとても低いタンザニアにあって、「教育こそ、貧困という戦場に立ち向かう最も有効な武器だ」という考えから、少しでもたくさんの子供たちに進学の機会を与えたい、という強い意志をもち、この中学校設立のプロジェクトに着手しました。


このコミュニティの管理人であるわたくしピピンは、2002年にムサマ氏と知り合いました。

日本の名だたる橋を視察に訪れていた氏と私とは、私の友人が開いた小さなホームパーティで同席し、お互いの国の迷信についてお話しているうちに意気投合し、いつの日かの再会を約束して別れました。

それから5年。お互いに転職や転居など、環境の変化を繰り返しながらも細々とメールの交換が続いておりました。個々には短信のやり取りでしかありませんが、それらのやり取りを通して知ったムサマ氏にとって、ブリッジエンジニア(橋を架ける人)というお仕事は、まさに天職なのではないかという想いを今、私は強く持ちます。

ムサマさんはまず、タンザニアと日本という、地理的にもその成り立ちにおいても全くかけはなれた二つの国の間に橋を架けようとしました。束の間の間におしゃべりして別れた一人の日本人と、五年間もの間、誠実につきあうことを通して。


さらに彼は今、タンザニア国内における富裕層と貧困層の間に橋を架けようとしています。同胞の抱える問題をキャッチし、その問題を自分にできる方法で乗り越えようとすることによって。


さらに、これが最も素晴らしいことだと私は思うのですが、ムサマ氏は、絶望と希望の間に橋を架けようとしています。経済的に不可能であるとされている多くの小学生を、中学に進学させることによって、自立への道、すなわち貧困から脱出するチャンスを創出するという形で。


私は何よりもまず、ムサマさんに個人的に私が感じている友情によって、このプロジェクトを支援することに決めました。


このページをご覧いただいて、このプロジェクトに関わろうとしてくださる人たち一人ひとりに、異なる動機がある筈です。

私はそれを最大限に尊重します。


それぞれの方が、自分のできることを、できる範囲で提供していただく。そういう支援の仕方を創り出したいと考えております。


どうせ関わるのなら、楽しく。そして、自分の成長にとってもプラスになるような、そんなコミュニティにじっくりと長い目で育てあげていきたいと思います。


少しでも興味を持たれた方、どうぞここでしばし、おくつろぎ下さい。

旅が好きなんだけど、当分時間もお金もないや。
そんな人、このコミュニティに関わることによって、しばし、アフリカの風を感じていってください。

「何かやりたいけど、何をしたらいいのかわからない」と途方にくれているあなた。
私たちはあなたの力を必要としています。
どんなことでもいいのです。このプロジェクトが成功するにはどうしたらいいのか、あなたの時間を私たちに少しだけ提供してください。


みんなで創り上げていくプロジェクトです。

新しいアイディアを常に募集しています。

どうぞよろしくお願いします。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2007年9月8日

3633日間運営

カテゴリ
学校
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!