mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 中井英夫

中井英夫

中井英夫

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「小説は天帝に捧げる果物、 一行でも腐っていてはならない」

【中井英夫(塔晶夫)】
 1922.9.17〜1993.12.10
 作家・編集者。黒鳥館主人。流薔園園丁。

1964年2月29日。塔晶夫という新人の一冊の書物が刊行さました。ポール・ヴァレリィの「失われた美酒」をエピグラムに持つ『虚無への供物』 の登場です。
 塔晶夫は、戦後短歌界に葛原妙子、塚本邦雄、中城ふみ子、寺山修司、春日井建らを紹介した慧眼の名編集者、中井英夫のペンネームでした。 

1968年、中井英夫は塔晶夫という仮面を脱ぎ捨て、武満徹の装幀を得て、三一書房から『中井英夫作品集』を刊行しました。

1974年 、『黒鳥の旅もしくは幻想庭園』『黒鳥の囁き』を刊行。『悪夢の骨牌』により第二回泉鏡花賞受賞。

1980年、 『とらんぷ譚』ースペード『幻想博物館』、クラブ『悪夢の骨牌』、ハート『人外境通信』、ダイヤ『真珠母の匣』の4部、各13作品に、ジョーカー「影の狩人」「幻戯」を加えた54編からなる短編集を刊行。

1993年 12月10日、肝不全のため死去。享年71。墓所は山口市の正福寺にある。

 中井英夫は、日本の文学界に耽美と幻想の特異な光芒を残しました。三島由紀夫、埴谷雄高、澁澤龍彦、武満徹らが絶賛を惜しまなかった名作『虚無への供物』は、いまや戦後推理小説の傑作という評価を超え、20世紀日本文学の最良の収穫のひとつと目されています。

※ 画像は、人形作家・写真家である石塚公昭さんの許可を得て転載しております。

開設日
2004年08月26日
(運営期間4418日)
カテゴリ
本、マンガ
メンバー数
1197人
関連ワード