mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > Y JAPAN (Fan Community)

Y JAPAN (Fan Community)

Y JAPAN (Fan Community)

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2010年11月2日 03:23更新

『この社会に飽きてる先生や政治家たち、ぜってーYのライブ来いよ!!ぜってー楽しませてやっからな!!最前列でヘッドバッキングさせてやる!!いいか!?ぜってー来いよ!!』

みんなはYOSHIKI TOSHI HIDE PATA HEATHを連想するかもしれない…。

しかし、我らは“Y JAPAN”

Xに次ぐビジュアル系ロックバンドだ!

とりあえずセン北前でたまに限定ライブやってるから来いよコラ!

たまにX JAPANの連中も来ます。

いくどー!


『この我が町セン北におい…新鮮な酸素吸っておい…
みんなの声と心を…コダマさせようぜオイっ!!!』



<<Y JAPANの規則>>
1.時間厳守(遅刻しない)
2.借りた金は返す
3.ライブの時は必ずメイクする
4.履歴書の記入項目は全て“Y”と記入する
5.名前を呼ばれたら、手を挙げて「オレです。」と答える
6.楽屋でYOSHIKIさんに会ったら挨拶する
7.週末ライブの企画者は必ずライブの概要をその週の金曜日までにトピックとして掲示すること




<<Y JAPANメンバーの名言>>

『やってやれないことはない。やらずにできるはずがない。』

『それは本当にできないのか。できるまでやっていないだけだろ。』

じゃ…次の試合にそなえるかな。

ア○ル全開。

はやくはやくはやく!

by ゲイリーHIROKI(リーダー)

オッケーイ!!

ホッケーイ!!

by SUGIZO

『遠藤!?使えんだろ。チーム戦だよ?戦力落ちるって。』

by YO-DAI

涙で明日が見えません。

by KEISHI

一週間を英語でいうことができません。

良かったですよ。

by TEC

『私の戦闘力は530000です。』

by OCHITO(ジークフリード・トオル)

もう俺にはガッキーも見えねぇ。

by TSUTAYA

内股てんこ盛り。

『勝手にしろよ!』
『で、でけぇー!!!!!!』
『お前だって死ぬときには暴れるだろっ!!』
『もう少しグダってたらキレてたぜ。』
『評判ほどじゃねえな。』or『評判だけが全てじゃない。』
by EGG(ビビアンJUN)


<<これまでのY JAPANの歴史>>
◎2007年
・8月 丹沢でのキャンプ〜初ライブの夜〜にHIROKI、SUGIZO、TSUTAYA、YO-DAI、TEC、KEISHIの初期メンバー6人が参加。これを期にY JAPANが結成される。ちなみに当初のバンド名は“Y from JAPAN”である。
・11月 HIROKI、SUGIZO、YO-DAI、KEISHI(TSUTAYA、TECは不参加)らが東京都江戸川区西葛西にて真夜中のライブ〜久保ドキッリの夜〜をゲリラ的に開催。しかし、いざ到着してみると久保の所在が分からず、失敗に終わる。ちなみに移動手段は自転車が用いられ、自宅から6時間かかり、ファンの間では無謀な夜と呼ばれている。また、HIROKIの名言、「ア○ル全開」はこのとき生まれた。
・12月31日 Y JAPANの本拠地である、徳生公園、通称“池”にて年越しライブを開催。この時、中学時代の友人であったOCHITOが加入。

◎2008年
・2月 受験を終えたEGGが加入。(ちなみにEGGは早稲田大学社会科学部に合格と高学歴)
・3月 HIROKI、SUGIZO、YO-DAIらが自動車免許を取得。このことはその後の全国ツアーに繋がっていくことになる。
静岡県御殿場市にてY JAPAN初の自動車移動となるY JAPAN LIVE in GOTENBA 1st〜春物購入の夜〜が行われ、大成功を収める。翌月に2nd〜枯木をコーディネートの夜〜を開催。観客動員数は合わせて約8000人。
・5月 Y JAPAN LIVE in TANZAWA〜キャンプの夜〜開催が予定されていたが、ライブ当日になって開催地の管理者がY JAPANのライブ開催を拒否。行き場を失ったメンバーは、急きょ〜どこでもいいからライブやろうぜの夜〜開催を決断。結局、山中湖で行われ、突然のライブだったにもかかわらず多くのファンが詰めかけた。余談だがライブの帰り道、奥多摩駅付近でメンバーの乗ったワゴンのタイヤがパンクしたらしい。
・6月 Y JAPAN 2 days LIVE in Atami 〜本当に無謀な夜〜開催。静岡県熱海市まで自転車8台を引き連れて行きライブを行う。過酷な山道を通り片道12時間かかり、途中何度も警察に呼び止められ事情聴取を受ける。メンバーは全員奇抜なファッションに加え、メイク、逆立った髪型によりかなり怪しまれていたようである。恒例である“ご当地食事巡り”はまたしてもエビスで済まされた。
・8月 Y JAPAN LIVE in SHIMODA 〜車でお泊まりの夜〜を開催。

<Y JAPANの裏話>
・日頃からY JAPANメンバーのたまり場となっていたスリーエフ牛久保店(ゲイリーHIROKIのバイト先)が客からのクレームによりY JAPANメンバーの出入りを禁止するという事態が起きた。入り口には今でも「Y JAPANメンバー入店お断り」の看板がある。
・メンバーの集合時間厳守への意識の低さから、「5分遅れるごとに遅刻者が100円払う」という決まりがあるらしい。
・メンバーは全員、大のサッカー好きで知られ、日本代表の試合の日には必ず集合しテレビの前で声援を送っている。また、好きな選手は全員一致で川口能活である。
・メンバーのファッションへのこだわりが強い一方、その考え方にはそれぞれ大きな隔たりがあり、たびたびメンバー内で議論を呼ぶことがある。御殿場で開催された〜枯木をコーディネートの夜〜はここから由来すると言われている。
・ファンの間でよく言われるY JAPANの“エビス巡り”とは、彼らが全国各地でライブを行う際にその地のご当地物を食べるはずが、毎回金欠を理由にマクドナルド(エビス:某ファッションブランドのロゴに似ていることから)で食事を済ますことである。そのためY JAPANのライブが決定すると、その地のエビスが歓迎ムードになる。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

イベント

参加メンバー 6人

もっと見る

開設日
2007年9月1日

3388日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!