mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > 涼宮ハルヒの団欒

涼宮ハルヒの団欒

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年8月2日 04:14更新

皆さん初めましてわーい(嬉しい顔)
涼宮ハルヒの第二期決定を記念して、ここに新たなSOS団支部を開設しますexclamation ×2
涼宮ハルヒシリーズが大好きな方、語り合いたい方、是非入団してください雷

-概要-

女子高生の涼宮ハルヒが、「宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶこと」を目的に設立したクラブ・SOS団のメンバーを中心に展開する、ビミョーに非日常系学園ストーリー。

物語は主人公である男子高生キョンの視点から一人称形式で進行する。地の文はキョンの心の中の言葉である場合とキョンのセリフである場合がある(鍵括弧で区別されていない)ため、実際のキョンの発言内容が読者には不明で、登場人物の言動や話の内容を理解しにくいという意見もある。

『憂鬱』は著者の文庫デビュー作でもある(同じく著者の作品である『学校を出よう!』1巻と同時発売)。個性溢れる登場人物、シリアスとドタバタコメディーの使い分け等が話題を呼び、シリーズ8作で累計430万部(2007年8月現在)の売上げを記録。2005年9月にはツガノガクによる連載漫画が『月刊少年エース』にて開始された他、2006年4月よりテレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』が放送された。なお、売上げはコミックを含めた11作では600万部(2007年8月現在)となる。

登場人物が非常に人気で、女性ファンも多い。スニーカー文庫編集部によると、ファンの男女比は7:3らしい。読者アンケートで支持率90%を超えるという偉業も達成した。

ハルヒやキョン達が通う県立北高等学校(北高)は谷川の出身校である兵庫県立西宮北高等学校がモデルで、その他の風景も西宮市等に実在する風景を基に描かれているため、この地を訪ねるファンも多い。しかし、席替えのくじを入れた空き缶は関西ではあまり馴染みのない鳩サブレーのものであった(アニメ版では神戸風月堂のゴーフルに変更されている)。

-物語-

「東中学出身、涼宮ハルヒ。ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上。」

県立北高校入学早々、このぶっ飛んだ自己紹介をした涼宮ハルヒ。見た目はかなりの美少女なのだが、その性格は唯我独尊・傍若無人・猪突猛進であるため、クラスで浮きまくり、孤立していった。そんな中、何故かハルヒは本名が不明な以外ごく普通の一般人であるキョンとだけは会話を交わすようになる。

ゴールデンウィークも過ぎたある日、校内に自分が楽しめるクラブが無いことを嘆いていたハルヒは、自分で新しい部活を作る事を思いつく。キョンを引き連れ、文芸部部室を占領しまた唯一の文芸部員であった長門有希を巻き込み、メイド兼マスコットとして上級生の朝比奈みくるを拉致、さらにハルヒ曰く「謎の転校生」の古泉一樹を加入させ、新クラブSOS団を発足する。SOS団の目的は「宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶこと」。

ところが、ハルヒが適当に集めた長門有希・朝比奈みくる・古泉一樹の3人は、それぞれ本物の宇宙人・未来人・超能力者で、それぞれの属する組織から送り込まれてきたのであった。彼らの目的は、ハルヒが無自覚に持つ能力――世界を思い通りに改変し、望んだとおりの出来事を発生させる能力――の観察、監視。キョンはハルヒに選ばれた人物であり、ハルヒにとっての「鍵」であると言う。漫画のような話をキョンはにわかに信じられなかったが、キョンやSOS団の周辺に異常な出来事が起こるようになり、キョンも数々の体験をしていく中で3人の話を信じざるを得なくなった。ハルヒだけが気付かないまま、キョン達SOS団メンバーは異常事態の処理やハルヒの退屈しのぎのために日々奔走する。

-登場人物-

キョン(声:杉田智和)
涼宮 ハルヒ(声:平野綾)
長門 有希(声:茅原実里)
朝比奈 みくる(声:後藤邑子)
古泉 一樹(声:小野大輔)
朝倉 涼子(声:桑谷夏子)
鶴屋さん(声:松岡由貴)
谷口(声:白石稔)
国木田(声:松元恵)
岡部先生(声:柳沢栄治)
コンピュータ研究部部長(声:小伏伸之)
喜緑 江美里(声:白鳥由里)
キョンの妹(声:あおきさやか)
シャミセン(声:緒方賢一)
多丸 圭一(声:井上和彦)
多丸 裕(声:森川智之)
森 園生(声:大前茜)
新川(声:大塚明夫)
管理人(声:青野武)
大森 栄二郎(声:平松広和)

-既刊一覧-

涼宮ハルヒの憂鬱(2003年6月10日初版発行)
涼宮ハルヒの溜息(2003年10月1日初版発行)
涼宮ハルヒの退屈(2004年1月1日初版発行)
涼宮ハルヒの消失(2004年8月1日初版発行)
涼宮ハルヒの暴走(2004年10月1日初版発行)
涼宮ハルヒの動揺(2005年4月1日初版発行)
涼宮ハルヒの陰謀(2005年9月1日初版発行)
涼宮ハルヒの憤慨(2006年5月1日初版発行)
涼宮ハルヒの分裂(2007年4月1日発売)
涼宮ハルヒの驚愕(発売日未定)
オフィシャルファンブック 涼宮ハルヒの公式(2006年8月25日)
超解読 涼宮ハルヒ(2007年5月29日 第1刷発行)

-ドラマCD-

サウンドアラウンド(2007年1月24日発売)
原作6巻『動揺』の「ライブアライブ」後日談として、谷川流本人原案によるドラマCD。

-漫画-

『涼宮ハルヒの憂鬱』 1巻(2006年4月26日発売)
『涼宮ハルヒの憂鬱』 2巻(2006年6月26日発売)
『涼宮ハルヒの憂鬱』 3巻(2006年12月26日発売)
『涼宮ハルヒの憂鬱』 4巻(フィギュア付属限定版:2007年6月9日発売 通常版:2007年6月26日発売)

-ゲーム-

『涼宮ハルヒの約束』(http://b.bngi-channel.jp/psp-haruhi/
プレイステーション・ポータブル用 2007年発売予定。
『涼宮ハルヒの戸惑』(http://haruhi-bp.com/main.html
プレイステーション2用 2008年1月31日発売予定
『涼宮ハルヒの憂鬱(仮)』
Wii用 発売日未定

涼宮ハルヒの憂鬱・京アニサイト(http://www.kyotoanimation.co.jp/haruhi/index.html

SOS団オフィシャルサイト(http://www.haruhi.tv/index.html

特設ファンサイト(http://www.haruhi.tv/fanclub/index.html

公式サイト・角川(http://www.kadokawa.co.jp/sp/200603-04/index.php

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 7人

もっと見る

開設日
2007年8月24日

3562日間運営

カテゴリ
テレビ番組
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!