mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > Hanabusa Lyu

Hanabusa Lyu

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年5月6日 14:58更新

ハナブサ・リュウ (Hanabusa Lyu / 英 隆)

1949年大阪府高槻市生まれ。
20代後半から断片的にパリに住んで、フランス国内はもちろん、イタリアをはじめ、イギリスやスペインなど、ヨーロッパを主なフィールドに活動。アーティストのポートレイト、ファッションやヌード、豪奢なホテルや料理、歴史的なアート作品など、ヨーロッパ文化の真髄をテーマにし続けている。作家やアーティスト、料理のシェフとのコラボレーションも多い。写真集に、「フェミニテ」、「プレザンス」、「BACK」、「MARURU」、「PARIS PARIS」他多数。共著に、「イノセント」、「アラン・デュカス」、「ルーヴル美術館」、「パリ オルセー美術館」など。写真展に、「もうひとつ何か」、「パリに生きる女たちの肖像」、「創造の時」、「KABUKI」、「巴里神話」、「BAROQUE」、「BODY WORK」他多数。現在、日本写真家協会会員。ニッコールクラブ顧問。


http://www.nikon-image.com/jpn/activity/nikkor/club/manager/index.htm
1978年よりパリに4年間滞在。以後パリと東京で主に活動。作家とのコラボレーション、俳優、映画監督やアーティスト等のポートレイトを発表。1991年より再びパリを拠点に8年間活動。ポートレイトやヌード、旅や風景など作品を発表。日本写真家協会会員。
〔写真展〕
1970年「もうひとつなにか」(銀座ニコンサロン)、1976年「意識の彼方からやってくるもの」(銀座ニコンサロン)、1980年「パリに生きる女たちの肖像」(銀座ニコンサロン)、1982年「創造の時」(ツァイトフォトサロン)、1983年「アムール/コリーヌ譚」(銀座ニコンサロン)、2001年「BAROQUE」(新宿ニコンサロン)、2003年「MARURU/TAHITI」(イル・テンポ)、2007年「美の王国」(銀座ニコンサロン)他多数
〔写真集・著作〕
1981年「KABUKI」(フランス/Double Page)、2006年「イノセント」−小池真理子共著−(新潮文庫)、「パリオルセー美術館」(平凡社別冊太陽)他多数





アサヒカメラ2007年7月号のハナブサ・リュウさんのフィルム写真の作品を見て、衝撃を受けました。「なんて綺麗なんやろぅ・・・目がハートハート達(複数ハート)揺れるハート」と。そして単純なオイラは、フィルムカメラカメラNikon F6が欲しくなり、「Nikon F6 マニュアル」なる本を本屋で見て、またまたハナブサ・リュウさんの作品を発見。惚れてしまったんです。ちなみに、アサヒカメラ2007年7月号と、Nikon F6 マニュアルのモデルは一緒だと見受けられます。被写体の美しさを、そのまま、否、奥から写し出すことの出来る方だと思います。他にも、彫像なども撮っておられますが、彫像と思えません。生きた人間が撮られてるかのようです。

色々と、ハナブサ・リュウさんの作品に関して、語っていただけたり、教えて頂けると嬉しいです。コミュニティを探したんですが、無かったので、立ててしまいました。



〜* 検索用 *〜
Nikon ニコン F F2 F3 F4 F5 F6 ニッコール D1 D2 D2X D2H D2Xs D3 D40 D40X D50 D60 D70 D70s D80 D100 D200 D300
Ai AF Nikkor 28mm F2.8D 35mm F2D 45mm F2.8D 50mm F1.4D FUJIFILM フジフィルム PROVIA プロビア 100F
Hanabusa Lyu HANABUSA LYU ハナブサ リュウ 英 隆 アサヒカメラ Nikon F6 フォトグラファー  Photographer 写真 写真家 

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 11人

もっと見る

開設日
2007年8月23日

3469日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!