mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 地域 > 精進川

精進川

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年3月2日 22:31更新

出来たばかりで少人数ですが遠慮なくどうぞ!NEW

1精進川が好きだ
2精進川の近くで育った(河畔公園など)
3精進川の近くで学んだ
4精進川近くの天神山で土器や黒曜石を見つけた
5精進川が干上がっていて不安だった
6精進川の上を通る道ならよく通りすがる
7精進川の近くで「すみれ」のラーメンを食べていた
8精進川に野球、サッカーボール等、落してしまい、愛しさと切なさに襲われたが、川が干上がっていて心強さを感じた
9精進川には千と千尋の神隠しに登場する「饒速水琥珀主(ニギハヤミコハクヌシ)」こと、ハク様のような精霊がいると信じている
0小さい頃だけじゃなく、大きい頃もあの辺でお世話になっている。

などなど、そんな人が集まるコミュexclamation & question

----------

精進川(しょうじんがわ)
一級河川石狩川水系

クローバー
北海道札幌市南区、豊平区を流れる川で、豊平川の支流。
長さ13.2km、うち一級河川部分6.2km、準用河川部分7.0km


クローバー
川沿いには擦文時代やアイヌ時代の遺跡があり、永田地名解にオソウシ川とあるのが今の精進川にあたると推測されている。近辺には1871年に日本人が入植され、岩手県水沢出身者を中心に62戸が平岸村に入った。1873年に用水掘を作り、精進川から水を引いた。当時の用水掘は現在遊歩道になっている。また、定山渓などで切り出された木材の運搬にも利用されていた。


豊平川の分流が精進川下流に流れ込み、中州のようになった地区を、中島(中の島)と呼んだ。
また、この合流点近くに小さな滝があり、一説ではこれを「ピラケシ(崖の尻)」として、現在の平岸という町名の由来になったという説がある。
中流地区にある現在の澄川は「精進川」と呼ばれていた。澄川というのは精進川を雅称したもので、1944年にこの地名に変更になった。

後に豊平川からの分流は遮断され、今の豊平川への放水路は、1966年から1971年にかけて造られた。この放水路と精進川と豊平川で区切られた地区が現在の中の島にあたる。
1976年までの工事で下流は川床と岸の三面をコンクリートで覆われた。また、この時期は生活排水などで川の汚れが進んだ。

道は、多自然型川づくりの二番目の対象に精進川を選び、1992年から再改修を実施した。コンクリート護岸を外し、水質改善され、今では身近で親しめる川になっている。

この計画の柱には河畔林の保全があったが、1996年に計画当事者の北海道自身が河畔林の一部をマンション開発業者に売却した。住民の反対で札幌市議会が買い戻しを要請したが、道は一か月で交渉を断念し、そのままマンションが建設された。


Wikipediaより


end

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 14人

もっと見る

開設日
2007年8月23日

3441日間運営

カテゴリ
地域
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!