mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > 若き日の次郎長シリーズ

若き日の次郎長シリーズ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月13日 19:00更新

マキノ雅弘監督と中村錦之助のコンビによる“若き日の次郎長”シリーズのコミュニティを作りました。

1960.12.27『若き日の次郎長 東海の顔役』東映京都

[監督]
マキノ雅弘
[脚本]
笠原和夫、小野龍之助、マキノ雅弘
[主演]
中村錦之助、平幹二郎、東千代之介、丘さとみ、月形龍之助、中村錦司、田中春夫、大前均
[解説]
米屋の養子で暴れん坊の長五郎が清水港で飢える人々を救うため、尾張・伊勢に繰り出して、錚々たる顔役を相手に奔放な大活躍する様を描く。やがて次郎長と名乗ることになる、若き日の次郎長を描いたシリーズ第1弾。マキノ雅弘・笠原和夫・小野竜之助の共同脚本を、『神田祭り喧嘩笠』のマキノ雅弘が監督した娯楽時代劇。
清水港は米飢饉で、米問屋坂田屋の養子、長五郎(中村錦之助)は、昼間から博打に明け暮れていた。しかし、ふとしたことから親と娘の情愛に心を打たれた彼は、飢饉で苦しむ人を救うため、米を確保しようと尾張へと繰り出す。行く手を妨害する輩もなんのその、遂には四日市で行なわれているヤミ米の大取引現場へ乗り出すのだが…。


1961.06.21『若き日の次郎長 東海一の若親分』東映京都

[監督]
マキノ雅弘
[脚本]
小野龍之介、マキノ雅弘 
[出演]
中村錦之助、ジェリー藤尾、丘さとみ、月形龍之介、北沢典子、渥美清、仲宗根美樹、東野英治郎
[解説]
中村錦之助が若き日の次郎長を好演する、連作シリーズの決定版。水島道太郎の大政、ジェリー藤尾演じる森の石松も登場。また、関東綱五郎(渥美清)が大道で薬を売る場面は、後年の寅さんを思わせる。『若き日の次郎長 東海の顔役』のコンビ、マキノ雅弘と小野竜之助で脚本を担当。監督も『悪名一番勝負』のマキノ雅弘。
次郎長(中村錦之助)は、お蝶(丘さとみ)と結婚し、新居を構えることとなった。だが、いいことばかりは続かない。叔父の和田島の太左衛門に、吉原の貸元赤鬼銀次、その兄で三島の貸元赤鬼金平が難題をふっかけてきた。和田島の縄張りに女郎屋を開かせろというのだ。次郎長は銀次のところへ仲裁に出向くが、逆に一暴れしてしまう…。


1962.01.03『若き日の次郎長 東海道のつむじ風』東映京都

[監督]
マキノ雅弘
[脚本]
小野龍之助
[出演]
中村錦之助、ジェリー藤尾、渥美清、丘さとみ、千秋実、山形勲、沢村宗之助
[解説]
『東海の顔役』『東海一の若親分』に続く、中村錦之助の代表作とも言える大人気次郎長シリーズ第3作。甲府に向かった次郎長一家が、悪政に苦しむ人足達を苦しめる猿屋勘助らをやっつけて、悪政の甲府勤番支配に正義の挑戦状を叩きつけるという痛快時代劇。監督のマキノ雅弘をはじめ、スタッフは『東海一の若親分』と同じ。
甲府で出会った不思議な人足・権が二足草鞋の猿屋勘助(山形勲)に連行されたのを知り、次郎長(中村錦之助)は勘助に強談判し、権を取り戻す。だが、勘助は二足の草鞋を使って人足と次長たちに圧力を掛けてくる。次長は屈することなく正義の掟を作るため、勘助と悪政を強いる甲府勤番支配・平垣に挑戦状を叩きつけるのだが…。


1962.09.22『次郎長と小天狗 殴り込み甲州路』東映京都

[監督]
マキノ雅弘
[脚本]
マキノ雅弘/結束信二
[出演]
中村錦之助/北大路欣也/ジェリー藤尾/小林哲子/藤本二三代/山形勲/水島道太郎/薄田研二/田中春男
[解説]
マキノ雅弘監督と中村錦之助のコンビによる“若き日の次郎長”シリーズ第4弾。清水次郎長が大前田栄次郎とともに、武井のドモ安と黒駒の勝蔵を叩きに甲州へ殴り込む。原作は村上元三『喧嘩笠』。上州大前田の栄次郎は、小天狗と呼ばれる痛快な若者。彼は、旅に出された先で海老屋甚八の世話になることに。が、彼が留守中、武井のドモ安一味に甚八が殺され、栄次郎は責任を感じてドモ安一味を倒そうとはやる。それを知り、清水の次郎長一家が駆けつけるのだった……。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 4人
開設日
2007年8月22日

3687日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!