mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > ゲーム > ダークシード

ダークシード

ダークシード

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私はマイク・ドーソン。会社の名義の3分の1を持っているだけでなく,会社の取締役の会長でもあった。その地位はそのまま権力と金につながっている。しかし私は物を書きたいという強い衝動があった。そして,そのためには自分の考えをまとめ捕らえどころのないインスピレーションを形にする,静かな場所が必要であった。


ある朝目にした新聞広告がすべてに問題をクリアしてくれた。カリフォルニア州ウッドランドヒルの,広く設備も整ったビクトリア建築調の家である。オーナーは売りたがっている

騒音もない,競争もない,しかも二束三文の値段である。恐らくこの価格では利益はないのではないだろうか。いずれにしろ,安値は二の次だった。小説の執筆には理想的な環境だった。


後日,出張のついでにウッドランドヒル郊外まで足を伸ばした。つまらないトラブルのせいで飛行機が後れ,その家につく頃にはもう日も暮れて,私にはざっと見る時間しかなかった。夜に見た家は,非常に大きく,静かだった。それさえわかれば十分だった。私は,すぐにこの家を買おうと思いながら旅を続けた。不動産やのビバリーが電話してきた頃には,もうこの家を買うつもりで居た。しかも一週間以内に引っ越してくれるなら、売主が引越料を払うという。彼女は設備や電話も使えるようにしておくといっていた。この申し出は条件がよすぎる。
私は少し考えた。不動産屋が熱心過ぎる様に思えたのだ。私は,前のオーナーが何故この家を売りたいのかとたずねた。長い沈黙があり,その間彼女の息遣いだけが不気味に聞こえた。それから彼女はあいまいな言い訳をした。「彼には家族の事情があったのです」そしてビバリーは,この家が,こんなに古い作りの割には,きれいに修理されていることをしきりに説明した。私は,もう少し詮索したかったが,あの家は素晴らしい環境にあり,それだけで十分だとも思えた。私は,急いで抱えている仕事に決着をつけ,共同経営者たちに私の考えを打ち明けた。いやいやながら彼らは一年の休暇を承知し,私は,彼らの法外な給料をさらに値上げして彼らをなだめた。

数点の身の回り品とお気に入りの家具は,運送屋にまとめて送ってもらうことにした。私が到着する日に新居に配達されるだろう。ウッドランドヒルに行く準備は整った。あの小さな空港からタクシーをよんだ。「ベンチュラ通りの古いビクトリア調の家まで。」と。伝えると,運転手はあからさまな動揺を見せた。「どうしたのか」と尋ねると,彼は,「ただの偏頭痛です」と,感情のない声で言っただけだった。街の人たちは,もっと普通に対応してくれるだろう。たぶん。

しかし,そうではなかった。

ウッドランドヒルの狭い道を走っている間中,私は,道を歩く人々の凝視や,こちらを伺う疑い深い感情にさらされた。…奇妙な町だった。

 
私の買った家が,町のはずれにあるのは幸いだった。私は運転手に,もっと早く,とせかして,町を通りぬけた。残念なことに,私の新居は町から思っていたほど離れていなかった。しかし,この新居は木々に囲まれていて,プライバシーが保たれている。昼間,この家を始めて見て,私は回りのものに対する不信が些細なものに思えた。この家はぽつんと建っていて,周囲とつりあわないというよりも,ほとんど合い入れない様にさえ見えた。家の周囲には絵画の様に家を縁取る沈黙のベールのような不吉な空間が見える様だった。手を入れて修繕はしてあるのだが,何十年も誰もすんでいないように見える。しかし,私はその大きさに感心し,アンティークなたたずまいに感動した。 


私は,信じられないほど簡単な,たった一晩の取引でこの家を買った。(私はそれについて,彼女にありがとうを言うつもりだった)私はタクシーの運転手に金を払い,入り口の階段を上った。大きなオークせいの二重ドアが,簡単に開き,広い玄関のホールに出た。玄関からのドアのひとつが,飾り立てた居間に通じていた。数々のアンティーク家具や装飾品の中に,気味の悪い肖像画があった。それは恐ろしいほど美しい,若い女性の絵だった。この世のものとは思えない不思議な美しさであった。暗い色調と,ぼんやりした背景が,刺すような目を持った青白い顔を引き立たせていた。この絵の女性は誰なのだろう。不意に私を,波動が襲ってきた。その瞬間,この誰も居ないはずの家に,人の住んでいるような気配を感じて驚いた。それは波動ではなく,音だった。どこかで,誰かが,壊れた犬笛を吹いているような,ほとんど感知できないほどに高い,すすり泣くような音。それは,聞こえるというよりも,私の頭の中から発する,ブーンという振動の様だった。私の目はどんよりし,口はだらしなく垂れていた。

疲れた…。

単に疲れただけではない,突然疲れが襲ってきた様だ。まぶたはサンドバックの様に重く,舌は綿の様だ。どこかに寝室があるに違いない。手探りで階段を探しながら,不動産屋をまとうかと考えた。彼女の名はなんといっただろう。 


居眠りをした。

彼女の名前は?彼女には名前がなかった。私が聞かなかった。いや,私は聞いた。思い出せないだけだ。

変だ……。

彼女が来たら、名前を聞こう。今はとにかく眠ろう。ベッドを見つけなければ。私の荷物はどこだ?運送屋はどこに入れた?運送屋は来なかった。それも不動産屋に言わなければ。
 

いくつかドアを開けて,ようやくベッドルームを見つけた。私は崩れ落ちる様にして頭からベッドへ倒れこんだ。しかし,不動産屋が来たら,忘れずに起きなければならない。が,それまでの,ちょっとの間だけ眠ろう。
 

すすり泣くような音が突然大きくなり,まるでうなりごえのように聞こえる。それは,ガランガランというものすごい音と,私の脳に直接落ちてくる滝のような音が合わさった,不快なノイズだ。

眠り。誰かの,聞いたことのない声が,私の頭の中で眠れとささやく。

眠れ眠れ眠れ………。

-----------------------

ダークシード(2含む)知ってたり好きだったりする人はテキトーに入って下さい。

開設日
2005年07月26日
(運営期間4081日)
カテゴリ
ゲーム
メンバー数
82人
関連ワード