mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 敏達天皇

敏達天皇

敏達天皇

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年4月22日 08:12更新

 敏達天皇のコミュニティです。敏達天皇(びだつてんのう、宣化天皇3年(538年)? - 敏達天皇14年8月15日(585年9月14日)は、第30代天皇(在位:572年4月3日 - 585年8月15日)。和風諡号は渟中倉太珠敷尊(ぬなくらのふとたましきのみこと)、沼名倉太珠敷命(古事記)。他田天皇。
・御子、沼名倉太珠敷(ぬなくらふとたましき)命、他田(をさだ)宮に坐しまして、天の下治らしめすこと、十四歳(とをまりよとせ)なりき。(この後は、六人の比売(ひめ)を娶り、二十四人の御子を設け、この中御子の一人の御子が、つまり孫が即位したことを述べている。)(分注、甲辰の年の四月六日に崩りましき。)御陵は川内の科長(しなが)にあり。(『古事記』)他田宮は、奈良県磯城郡。川内は、大阪府河内郡。

[系譜]
 欽明天皇の第二皇子。母親は宣化天皇の皇女・石姫皇后。

皇后(前):広姫(ひろひめ、息長真手王の女) 敏達4年(575年)薨去
・押坂彦人大兄皇子(おしさかのひこひとのおおえのみこ、麻呂子皇子)
・逆登皇女(さかのぼりのひめみこ、坂騰王)
・菟道皇女(うじのひめみこ、宇遅王) 伊勢斎宮

皇后(後):額田部皇女(ぬかたべのひめみこ、後の推古天皇)
・菟道貝鮹皇女(うじのかいたこのひめみこ、菟道磯津貝皇女・静貝王) 聖徳太子の妃
・竹田皇子(たけだのみこ)
・小墾田皇女(おはりたのひめみこ) 押坂彦人大兄皇子の妃
・  守皇女(うもりのひめみこ、軽守皇女・宇毛理王)
・葛城王(かずらきのみこ、古事記のみ)
・尾張皇子(おわりのみこ)
・田眼皇女(ためのひめみこ、多米王) 舒明天皇の妃
・桜井弓張皇女(さくらいのゆみはりのひめみこ、桜井玄王・由波利王) 押坂彦人大兄皇子の妃・来目皇子の妃

夫人:老女子(おみなご、春日臣仲君の女)
・難波皇子(なにわのみこ) 橘朝臣・路真人・甘南備真人・大宅真人などの祖
・春日皇子(かすがのみこ) 春日真人などの祖
・桑田皇女(くわたのひめみこ)
・大派皇子(おおまたのみこ、大俣王)

采女:菟名子(うなこ、伊勢大鹿首小熊の女)
・太姫皇女(ふとひめのみこ、桜井皇女・布斗比売命)
・糠手姫皇女(ぬかでひめのみこ、田村皇女・宝王・島皇祖母命) 押坂彦人大兄皇子の妃・舒明天皇の母

[皇居]
 初め百済大井宮(くだらのおおいのみや、大阪府河内長野市太井・奈良県北葛城郡広陵町百済・大阪府富田林市甲田・奈良県桜井市など諸説あり)を皇居としたが、575年 卜占の結果に従い、訳語田幸玉宮(おさたのさきたまのみや、現在の奈良県桜井市戒重。他田宮)へ遷った。

[大臣・大連]
 物部守屋がそのまま大連(おおむらじ)を引き継ぎ、蘇我馬子が大臣(おおおみ)になった。

[外交・経済]
 欽明天皇の遺言である任那復興を目して百済と協議していたが、ほとんど進展は見られなかった。同時に新羅とも通交し、任那の調を受け取っていたと記されている。又、世界最古の企業とされる金剛組が敏達天皇6年(578年)に発足したと伝わっている。

[仏教政策]
 敏達天皇は廃仏派よりであり、廃仏派の物部守屋と中臣氏が勢いづき、それに崇仏派の蘇我馬子が対立すると言う構図になっていた。崇仏派の蘇我馬子が寺を建て、仏を祭るとちょうど疫病が発生したため、585年に物部守屋が天皇に働きかけ、仏教禁止令を出させ、仏像と仏殿を燃やさせた。その年の8月15日病が重くなり死去。(なお、古事記では没年は584年とされている。)仏教を巡る争いは更に次の世代に持ち越された。

[陵墓]
 河内磯長中尾陵(太子西山古墳、大阪府南河内郡太子町大字太子)が敏達天皇陵に比定されている。


【検索キーワード】
敏達天皇 天照大神 歴代天皇 天皇陛下 皇室 皇族 貴族 日本史 歴史 歴女

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 16人

もっと見る

開設日
2007年8月19日

3401日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!