mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 木内 鶴彦

木内 鶴彦

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年7月14日 11:08更新

誰でも気軽に木内鶴彦氏の情報を交換出来るコミュです。
「木内鶴彦氏」などの情報どんどん交換をしましょう!

トピックなどは自由に立ててくださって構いません。
また木内氏に関わる講演会などの情報もOKですよ!
ただ内容上問題があると判断した場合は予告なく削除する場合がありますのでご了承ください。


木内鶴彦氏とは人影
木内 鶴彦(きうち つるひこ、1954年- )は、長野県南佐久郡小海町出身の彗星捜索家である。2006年現在、佐久市在住。

小学5年生の時に池谷・関彗星を見て以来、彗星に興味を持つ。学生時代には天文同好会に所属。卒業後も長野県臼田町(現佐久市)にて天体観測を続ける。臨死体験者としても有名。
2126年8月14日に地球に衝突する可能性があると予測され、世界中の天文台が探していたスウィフト・タットル彗星を再発見し、全世界から一躍注目をあびた。
木内の当時の彗星捜索のスタイルは、毎日、大型双眼鏡を八ヶ岳の山中にかつぎ上げ、眼視で観測することを特徴としている。2005年現在、全国で講演会・観望会を行い、天文や環境問題を説いて回っている。特に光害と、そこから派生する自然環境破壊を強く訴える。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 507人

もっと見る

開設日
2007年8月18日

3626日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!