mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > セルジオ・コルブッチ

セルジオ・コルブッチ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年6月18日 00:54更新

マカロニ・ウェスタンの巨匠セルジオ・コルブッチ(Sergio Corbucci)のコミュニティです。

「マカロニ・ウエスタンの創始者はセルジオ・レオーネ」と一般には言われていますが、実は最初にイタリア製西部劇を作ったのはこのコルブッチです。「荒野の用心棒」より一年も前にロバート・ミッチャムの息子ジェームス・ミッチャムを主役にした「グランド・キャニオンの大虐殺 (Massacro al Grande Canyon)」(1963)という、こう言っちゃナンですがあまり面白くない映画です。

「続・荒野の用心棒 (Django)」(1966)で大ブレイクし、「殺しが静かにやって来る (Il Grande Silenzio)」(1968)等マカロニ・ウェスタンの伝説と化している映画を生み出しました。

「革命もの」と呼ばれる「豹・ジャガー (Il Mercenario )」(1968)、「ガンマン大連合 (Vamos a matar companeros)」(1970)なども忘れるわけにはいきません。

しかしその後惜しい事にドタバタ喜劇的な作品に走ってしまい、A級監督に成長していったレオーネとは対照的に最期までB級監督で終わってしまいました。

詳細はこちら:
http://imdb.com/name/nm0179281/

「Django」ではカメラマンが間違えて(それともわざとやったのか?)写っていたり、「Il grande Silenzio」の伝説のラスト・シーンに何を血迷ったか絶対に止めて欲しいハッピーエンド・バージョンを用意したり、「ザ・サムライ、荒野の珍道中 (Il bianco, il giallo,il nero)」(1974)ではトーマス・ミリアンに日本人役をやらせる神経など、常人には計り難いものを持った監督です。


コルブッチだけでなく、セルジオ・ソリーマやトニーノ・ヴァレリー等「非レオーネウェスタン」についても広く語り合って行きたいと思います。(いや、別にセルジオ・レオーネに文句つけてる訳ではありません)

管理人は全くいいかげんな他力本願タイプですので、トピックとかガンガン立ててください。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 71人

もっと見る

開設日
2007年8月16日

3513日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!