mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > ゲーム > 麻雀用語を使ってみたい!

麻雀用語を使ってみたい!

麻雀用語を使ってみたい!

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わからないけど使ってみたい。
麻雀用語を会話に取り入れることで、アウトローな感じに見られたい。
とんねるずが昔つかっていた。

マージャン
まーじゃん

あ アガリ 他家の捨てた牌でアガる「ロン」と、自分のツモ牌でアガる「ツモ」がある。和了。
アガリ形 アガリケイ 4メンツ1雀頭を揃えること。特殊な形として七対子、一三幺九がある。
アガリ放棄 アガリホウキ 罰則のひとつで、発声やフーロの間違いでアガリの権利を失うこと。
アガリ役 アガリヤク ある規則に基づきメンツが揃ったものと、アガリ方でつくものがある。
アタマ 雀頭のこと。
アタリ牌 アタリパイ ロンされた、あるいはロンされる牌のこと。
アリアリルール アガった時点で役があればよいとする基本のルール。
暗槓 アンカン 自分の配牌とツモだけでできたカンツのこと。
暗刻 アンコウ 自分の配牌とツモだけでできたコーツのこと。
安全牌 アンゼンパイ 他家にロンされる可能性がない牌のこと。

い 一向聴 イーシャンテン テンパイまであと1枚の状態。わかりやすく「1シャンテン」などと表す。
一荘 イーチャン 東・南・西・北場と4風まわること。もともとはこれが1回だった。
一幢 イートン 壁牌の上下2牌を一組としたもの。二組4牌なら2幢。
一翻しばり イーファンシバリ アガった際に、役が最低でもひとつはなければならない、とするルールのこと。
一局 イッキョク 開門してから、誰かがアガるか、流局するまでのこと。
一家包 イーチャパオ 本来3人で払っていたアガリ点を、ロンアガリの際、放銃者がまとめて払うとした決り。
一発 イッパツ リーチ後、ポン・チー・カンのない一巡内でアガったもの。
1本場 イッポンバ 連荘、流局したあとの局。親の右側卓上に100点棒を置く。通常は、アガった点数に300点を加算する。

う 裏ドラ ウラドラ リーチをかけてアガったときに、ドラ表示牌の下の牌を裏ドラ表示牌として追加する。
上ヅモ ウワヅモ 壁牌上段のツモのこと。

お オープンリーチ リーチの際、待ちの部分を公開すると一翻となる、ローカルルール。
オーラス 半荘ゲームで南4局のこと。1回のゲームの最後となりうる局。
オタ風 オタカゼ 風牌うち、その局に翻牌(役牌)とならない牌のこと。客風牌という。
同聴 オナテン テンパイ者が複数の時、待ちが同じ待ちになっていること、またはその待ち。
親満 オヤマン 親の満貫のこと。ツモアガリ4,000オール、ロンアガリ12,000点。
オリる 自分の手のことは考えず、他家に振り込まないようにすること。

か 開門 カイメン 配牌を壁牌(城壁牌)から取り出す場所を、サイコロを振って決めること。
加符点 カフテン アガリ手の点数計算において、基本点の副底以外に加える符のこと。
上家 カミチャ 自分から見て左側の人。
槓 カン 同じ牌4枚で1メンツとすること。「カン」と発声して公開する。
嵌張搭子 カンチャンターツ あと1枚でシュンツになるもののうちで、並びの間が抜けているもの。略してカンター。
嵌張待ち カンチャンマチ テンパイの際、待ちの形がカンターのもの。
槓子 カンツ 同じ牌4枚で1メンツとしたもの。
槓ドラ カンドラ カン1組に対しドラを1種追加していくルールで新しく増えたドラのこと。ドラ表示牌の隣を開け追加のドラ表示牌とする。
完先ルール 完全先ヅケルールの略。テンパイの段階で、役が確定していなければアガれない、とするローカルルール。グループによって解釈が違う。

き 危険牌 キケンパイ 他家に振りこむ可能性が高いと思われる牌のこと。
九種幺九倒牌 キュウシュヤオチュウトウパイ 途中流局があるルールで、親の配牌時・子の純粋な第1ツモの際、幺九牌が9種類以上あると途中流局を選べるとするもの。

く 空行為 クウコウイ 「空ポン」「空チー」「空カン」。食いしかけの発声をしたが、その行為ができないこと。アガリ放棄や千点供託などのペナルティーがある。
食いタン クイタン ポン・チーしたタンヤオ。
食う クウ 食い仕掛けの略。一般的に「チー」のことをいう。
食い下がり 食い仕掛けによって、メンゼンの時より1翻分下がる。コーツ役は食い下がりなし。

け 原点 ゲンテン 30,000点をさす。はじめに持っている配給原点をさすこともある。
現物 ゲンブツ 対象となる他家の捨牌にあるものと同じ牌のこと。

こ 刻子 コーツ 同じ牌を3枚揃えたメンツのこと。暗刻と明刻がある。
行為役 コウイヤク メンツの組合せに関係なく、アガリ方で役がつくもの。嶺上開花・海底撈月・河底撈魚・槍槓・立直・ダブリー。
誤ロン ゴロン 間違ってロン宣言してしまうこと。
客風牌 コーフォンパイ オタ風のこと。

さ 先付け サキヅケ 先付小切手に由来し、食い仕掛けで後から役をつける形。後ヅケと同意。
先ヅモ サキヅモ 上家の打牌が完了しないうちに、ツモってしまうこと。違反行為。
さらす フーロすること。
三元牌 サンゲンパイ 「白」、「発」、「中」、3種類の牌の総称。
三家包 サンチャパオ ツモアガリの際、3人で点数を払うきまりのこと。
散家 サンチャ 親に対する子、南・西・北家のこと。
三家和 サンチャホー ひとつの打牌に対して、三家がロンすること。途中流局ありのルールなら、流局となる。
三倍満 サンバイマン マンガンの3倍の点数で、ベースに関係なく13翻以上。翻数を数える得点での上限。
三面単 サンメンタン 3種類の待ちがすべてタンキ待ちのもの。数牌が7枚連続したもの。
三面張 サンメンチャン 待ちが3種類ある待ち形。3メン待ち。

し 十三不塔 シーサンプーター 親の配牌時・子の純粋な第1ツモの際、雀頭1組とターツ・メンツが一組もないものを役満とする古役。
十三幺九 シーサンヤオチュウ 国士無双の正式名称。もともとの十三幺九は13面待ちだけだったようで、その待ちの種類の多さから、国士無双との別名がついたらしい。
洗牌 シーパイ 壁牌を積む前に牌を裏返して、よくかき混ぜること。
下ヅモ シタヅモ 壁牌下段のツモのこと。
しば棒 シバボウ 100点棒の俗称。
下家 シモチャ 自分から見て右側のひと。
雀頭 ジャントウ アガリ形に必要な1組のトイツのこと。
双ポン待ち シャンポンマチ トイツ2組で待つテンパイ形。コーツができあがってアガリとなる形。「シャボ」は間違い。
数牌 シュウパイ 字牌以外の牌。マンズ・ピンズ・ソーズの総称。
順子 シュンツ 同じ色の牌で数の順に3枚連続させたメンツのこと。
少牌 ショウパイ 手牌の枚数が13枚(カンツ1組ごとに1枚増える)より少ない状態。
生牌 ションパイ 河に1枚も捨てられていない牌。

す 四開槓 スーカイカン 複数の人が合計で4組のカンをすること。4組目のカンをした時点で、途中流局ありのルールなら流局となる。
四風子連打 スーフォンツーレンター 途中流局ありのルールなら、全員が純粋な第1巡内に同じ風牌を捨てると流局となる。
スジ リャンメン待ちを数字で表したもの。「1-4」「2-5」「3-6」「4-7」「5-8」「6-9」の6種類。
捨て牌 ステパイ 打牌のこと。手牌から河に出した牌。

そ 即リー ソクリー テンパイした時点ですぐリーチをかけること。テンパイ即リーチの略。
そば聴 ソバテン テンパイしたときに捨てた牌が、待ち牌の数字1つ違いの時。

た 搭子 ターツ シュンツのひとつ前の形。リャンメン、カンター、ペンターの3種。
多牌 ターハイ 手牌が13枚(カンツ1組ごとに1枚増える)より多い状態。
打牌 ターパイ だはい。捨牌。手牌から河に牌を出すこと。
大明槓 ダイミンカン 暗刻から他家の捨牌でカンすること。
高目 タカメ 2種以上の待ちで点数が高くなる方。
ダブ東 ダブトン 東場の東家(親)の「東」のこと。コーツで使うと、役がダブり2翻となることから。
ダブ南 ダブナン 南場の南家の「南」のこと。コーツで使うと、役がダブり2翻となることから。
ダブリー ポン・チー・カンのない純粋な第1巡目でのリーチ。2翻役。ダブル立直。
ダブロン ひとつの打牌に対して、2人がロンすること。捨てた人に一番近い人がアガリ(頭ハネ)。
ダマ聴 ダマテン 黙テン。闇テン。メンゼンでリーチしていないテンパイ。
多面待ち タメンマチ 多メンチャン。3種以上待ちがある待ち形のこと。
ダントツ 断然トップの略。「ダントツのトップ」では「頭痛が痛い」と言ってるのと同じ(笑)
攤牌 タンパイ 手牌を公開すること。流局時のリーチ者はタンパイ義務がある。点数授受がロン・ツモにかかわらず三家包だった頃は、全員に攤牌義務があった。その為にノーテン罰の原型ともいわれる、サイド計算が生まれた。
単騎待ち タンキマチ 雀頭を待ちのこと。ノベタン、3メンタンもタンキ待ちのみの複合形。

ち 起家 チーチャ 最初(東1局)の親。
吃 チー 手牌のターツから、他家の捨牌でシュンツをつくること、またはその発声。
荘家 チャンチャ 東家(親)のこと。
中張牌 チュンチャンパイ 1・9・字牌を除く、2〜8の数牌の総称。
城壁牌 チョンピーパイ 壁牌の正式名称。牌ヤマともいう。
加槓 チャカン ポンしている牌と同じ牌をツモり、フーロしている牌に加えてカンすること。
槍槓 チャンカン 他家が加槓の際、その加えた牌でロンすること、その役名。1翻役。
チョンボ 錯和(ツォホー)。間違ったアガリ。あるいはゲームを続行不可能にした際のペナルティー。

つ 字牌 ツーパイ 三元牌と風牌の総称。
自模 ツモ 壁牌から各自順番に1牌もってくる行為。あるいは、ツモアガリの際の発声。
積み場 ツミバ 連荘、流局後の局。1本場、2本場、…、のこと。
ツモアガリ 自模和了(ツモホーラ)。自分のツモ牌でアガリになること。
ツモ切り ツモキリ ツモってきた牌をそのまま河に捨てること。

て 手なり テナリ 配牌とツモを活かし、自然な手順で4メンツ1雀頭つくること。
手の内 テノウチ フーロしている牌を除いた、手牌のこと。
手牌 テハイ 持ち牌13牌(カンツ1組ごとに1枚増える)のこと。
聴牌 テンパイ あと1牌でアガリとなる状態。
点パネ テンパネ 副底、門前ロンアガリ加符以外の加付点が12以上のこと。符ハネ。

と 対子 トイツ 同一牌2枚セットのことで、あと1枚でコーツになる形。アガリ形では雀頭となる。
対面 トイメン 自分の正面に座っている人。
倒牌 トウパイ アガリ、流局時のテンパイ時に、手牌を開けること。
途中流局 トチュウリュウキョク 九種幺九倒牌、四風子連打、四開槓、三家和、四家立直などで、流局させること。
ドラ アガった時、その牌があれば1枚につき1翻つく牌。ドラ表示牌の次がドラ。
ドラ表示牌 ドラヒョウジパイ 開門時に王牌の端から3幢目の上段をめくったもの。次の牌がドラとなる。
東場 トンバ ひと回り目のこと。ふた回り目は南場で、東・南場2回りで半荘。

な 流し満貫 ナガシマンガン 流局時、、ポン・チーされず幺九牌しか捨てていなければ、満貫とするローカルルール。
鳴く ナク 食い仕掛けること。一般的にポンのことをさす。
流れ ナガレ 流局のこと。
南場 ナンバ 半荘のふた回り目のこと。

に 二鳴き ニナキ ポンする際、1枚目を鳴かず、残り最後の1枚の方を鳴くこと。

の ノーテン テンパイしていないこと。
ノーテン罰符 ノーテンバップ 流局時にノーテン者がテンパイ者に払う罰料。
ノベタン タンキ待ちがシュンツで伸びた待ち形。数牌が4連続した形。

は 海底牌 ハイテイパイ 一局の最後のツモ牌のこと。壁牌の末尾から数え、王牌14枚を除いた15牌目。海底牌でアガったものが海底撈月。
配牌 ハイパイ 局の開始時の各自の手牌。または壁牌から順に取り分けるその行為。
倍満 バイマン マンガンの2倍。ベースにかかわらず、10〜12翻。
包 パオ 責任払いのこと。ロンアガリはもとより、役満を確定させる牌を鳴かせたときなどにも適用される。
箱点 ハコテン 持ち点が0以下になった状態。箱ワレ、ドボンなどともいう。
場所決め バショギメ ゲームを始める前の、4人の座位決めのこと。
場ゾロ バゾロ アガると必ず加える2翻のこと。「バンバン」ともいう。
裸単騎 ハダカタンキ 4フーロしてタンキ待ちが残った状態の俗称。
ハネ満 ハネマン マンガンの1.5倍。ベースにかかわらず、8・9翻。
半荘 ハンチャン 起家から始めて二回りのこと。前半東場、後半が南場。現在は半荘1ゲームがポピュラー。元来は、東・南・西・北と4風の一荘戦だった。その1/2だから半荘という。

ひ 平場 ヒラバ 積み棒のない局のこと。
壁牌 ピーパイ 洗牌した牌を、伏せた状態で各自17牌2段、手前に城壁のように積んだものをいう。正式には城壁牌。牌ヤマ、たんにヤマともいう。
平和 ピンフ 「平らなアガリ」つまり、副底・ロンアガリ加符以外の符のつかないアガリのこと。

ふ 符 フ 点や副と同意。点数計算においてベース点を出す元となるもの。
副底 フーテイ 4メンツ1雀頭のアガリの点数計算において、ベース点を出す際の基本となる20符。
副露 フーロ 食い仕掛けの際、他家に内容がわかるよう右側に公開すること。
翻数 ファンスウ 点数計算においてベース点を倍々計算する指数となるもの。役・ドラ・場ゾロの合計。
翻牌 ファンパイ コーツにしたとき1翻つく字牌。三元牌・場風牌・門風牌の総称。役牌ともいう。
風牌 フォンパイ 「東」「南」「西」「北」の総称。
振り込み フリコミ 他家に自分の捨牌でロンされること。
振り聴 フリテン 待ちのうち1種類でも自分で捨てている状態。フリテンは、ロンアガリの権利を失う。(リーチ後の見逃しや、同巡内の見逃しの1巡も、同じ扱いとなる。)

へ 辺張搭子 ペンチャンターツ あと1枚でシュンツになるもののうちで、「12」「89」のターツ。略してペンター。
辺張待ち ペンチャンマチ テンパイの際、待ちの形がペンターのもの。

ほ 河 ホー 壁牌の内側の牌を捨てる場所のこと。6牌3段に捨てるのがポピュラー。
和了 ホーラ アガりのこと。
放銃 ホウジュウ フリコミのこと。自分の捨牌で他家にロンアガリされること。(ファンチュアン)
河底 ホウテイ 一局の最後に河に捨てられた牌のこと。河底牌でアガると河底撈魚となる。
ポン 手牌のトイツから、他家の捨牌でコーツをつくること、またはその発声。

ま 待ち マチ テンパイしているとき、アガリになるアガリ牌のこと。
待ち形 マチケイ 待ちの形で、リャンメン・カンチャン・ペンチャン・シャンポン・タンキの5種類がある。
満貫 マンガン 点数計算において、子ひとりの払い分が2000点を超える時、2000点でうちきるルール、その点数。合計得点で子8,000点、親12,000点。

み 明槓 ミンカン 他家の捨牌を利用(加槓、大明槓)してつくったカンツ。
明刻 ミンコウ 他家の捨牌を利用(ポン)してつくったコーツ。

め 門前 メンゼン ポン・チーせずに、配牌とツモだけで手をつくること。
メンタンピン 元来は、メンゼンのタンヤオ・ピンフのことであったが、現在では、リーチ・タンヤオ・ピンフをさす。
メンチン メンゼンの清一色のこと。
面子 メンツ 一般に、できあがった面子(順子・刻子・槓子)の総称をさす。広義では搭子や、孤立牌をさす場合がある。
門風牌 メンフォンパイ 自分の風牌のこと。
メンホン メンゼンの混一色のこと。

も 模打 モータ ツモることと捨てること。自模って打牌すること。
盲牌 モーパイ ツモの際、牌の彫り面を目で見ずに、指で判別する方法。
持ち持ち モチモチ 同一牌を二人で2枚ずつ持ちあっていること。

や 幺九牌 ヤオチューパイ 数牌の2〜8を除く、1・9・字牌の総称。
役牌 ヤクパイ 翻牌のこと。
役満 ヤクマン ファン数に関係なく、点数が決っている役。アガリの中で上限得点の4倍満。
牌ヤマ パイヤマ 城壁牌の俗称。
闇聴 ヤミテン メンゼンでリーチをかけていないテンパイ。ダマ聴。

ら 老頭牌 ラオトウパイ 1・9牌の総称。ロートーパイでもいい。
ラス親 ラスオヤ 半荘戦で最後の親のこと。東1局の北家。
ラス牌 ラスパイ 4枚目の牌のこと。零牌。
ラス目 ラスメ 4人の中で一番持ち点が少ない人のこと。

り 立直 リーチ メンゼンでテンパイした時にテンパイ宣言し、1,000点を供託することによってつく行為役。またはその発声。
立直棒 リーチボウ リーチ時に供託する1,000点のこと。
理牌 リーパイ 手牌の色・数字をきちんと揃えて並べること。倒牌の際の義務。
二向聴 リャンシャンテン テンパイまであと2枚の状態。わかりやすく「2シャンテン」などと表す。
両面待ち リャンメンマチ テンパイの際、待ちの形がリャンメンのもの。数牌連続2枚でシュンツの両側を待つ形。
流局 リュウキョク 河底牌まで誰にもアガリがなく1局が終わること。平局。
嶺上牌 リンシャンパイ カンの際に補充する牌。王牌最後尾の上段の牌。
零牌 リンパイ 自分の目から見て4枚目の牌。

れ 連荘 レンチャン アガリ、テンパイで続けて親をすること。
連風牌 レンフォンパイ 門風牌と場風牌がダブる牌。ダブ東、ダブ南のこと。
人和 レンホー 子の純粋な第1巡でのロンアガリを、マンガンなどとするローカルルール。

ろ ローカルルール グループによって、解釈が違ったり、採用不採用が異なるルール。
ロン 他家の捨牌でアガること。あるいはその発声。
栄和了 ロンホーラ ロンアガリのこと。他家の捨牌でアガること。

わ 王牌 ワンパイ 一局の中で、最後までツモに使わない14牌のこと。


フリーマージャン用語集
業務に関する用語
ラ ス 半 最後の半荘の事を意味します。ゲーム終了時に『もうこれで終わります』と
言うとお店側は直ちにその代わりのお客様を補充しなければならなくなり、
たちまち混乱をしてしまいます。必ず、やめる1回前に『ラス半です。』と宣言
しましょう。マナーですよ。
 
ラスあがり 前回のゲームで最後にあがった人の事。ゲームに入る場合にラスあがりの
方サイコロをふってください。と言うケースが多いので覚えておきましょう
 
ワン欠け お客様が3人しかいない場合に従業員が1人はいってゲームをすること。ち
なみにツー欠けとは従業員2人はいってゲームをする事です。お客様を待
たさないためにもワン欠けが一般的になっています。
 
代   走 ピンチとも言いますが、食事をしたり、トイレに行く場合にその間お客さまに
変わって卓に入る事を指します。『代走お願いします。』『ピンチお願いしま
す』と言います
 
メンバー 従業員の事をこのように呼んでいます。お客さまへのサービスやお客様が
揃うまでの間ゲームをしたりします。
 
ギャル雀 最近、雀荘のメンバーとして女の子を採用する事が一般的になっています。
達の事を総称してギャル雀と言い、お客様へお茶、おしぼり等を渡す仕事
その彼女以外にも実際、メンバーとしてゲームをする事がある。首都圏では
もう当たり前の存在のようです。
 
フリーマージャン用語集
ゲームに関する用語
アリアリ 喰いタンあり(喰ってタンヤオ)、後付けあり(アガッタ時点で一翻あれば良
い)をアリアリと言います。このアリアリを採用しているところが多いので一
般的と言えるでしょう。
 
赤牌ルール 牌の中に赤色をした5ピン、五万、五竹(ほとんどが各一枚使用)を使いこ
の牌をドラとして使用されます。又、その上この赤牌を使用してあがった時
には、さらに御祝儀が付く(1枚50P〜色々)といったルールを採用してい
ることが多くなっています。
 
オープンリーチ 通常リーチは、あがり牌を知らせずにあがりますが、オープンリーチとはあ
がり牌を宣言してリーチをする事です。あがり牌を宣言すると他のプレイヤ
ーはもちろんその牌を振りませんからツモあがりしかありません。しかしオ
ープンリーチは、通常一翻の役が二翻になりますから、ツモあがりが出来る
自信がある時には大変有効と言えるでしょう。
 
ラ ス ト ゲーム終了の時に宣言する言葉です。この宣言によってメンバーが集計作
業をおこないます。
 
嶺 上 牌 リンシャン牌と言います。配牌した後に一番最後の列にある上の牌ことで、
その牌が全自動卓の振動などよって落ちて見えないように『リンシャンハイ
を降ろしてください』と言うことがあります。
 
一   発 リーチをかけてその一巡以内にあがること。御祝儀を付けているお店が多
いようです。
 
わ れ め サイコロをふって開門場所(最初に親が牌を取った山)にある人は、点棒の
授受がすべて倍になるというものです。テレビでの影響で最近はやっている
ようです。
 
あがり止め ほとんどのお店で採用しているルールで、オーラスの親がたとえ、どんな着
順であろうとあがった時点でラストを宣言できることです。テンパイだけでも
可能です。
 
ぶっとび 誰かが箱割れをした時点で終了する事です。箱割れをした人は箱割れ精
算有りか無しかによって支払えない分の点数が変わってきます。ドボンとも
言います。
 
箱割れ精算有り 箱を割って払えなくなった点数も計算に入れること。例えば1000点しかなく
て、3000点を放銃した場合。30000点返しであれば▲32として計算す
る。
 
箱割れ精算なし 箱を割って払えなくなった点数は計算に入れません。例えば1000点しかな
くて、3000点を放銃した場合でも▲30以上はありません。
 
東 風 戦 通常は東南戦(東場1週、南場1週)でゲームを行いますが、東風戦は東場
1週で終了いたします。親が1回しか回って来ないのでプピーディーなゲー
ム展開が要求されます
 
フリーマージャン用語集
サービスに関する用語
ありあり 『ありあり』と言えばルール上の喰いタン有り、後付有りのことを言いますが
ゲーム中でコーヒーを頼んだ場合に、言うありありとはミルク有り、砂糖有り
を意味します。ちなみに『なしなし』とはミルク無し、砂糖なしのブラックのこと
です。
 
つめしぼ 冷たいおしぼりのこと。お店の中にはおしぼりを凍らせたものを置いている
店もあるので遠慮なくお願いしましょう。
 
あつしぼ 熱いおしぼりのこと。通常、おしぼりといえば熱いのが普通だから『あつし
ぼ』って言わなくても良さそうなのですが、冷たいおしぼりもあるのでどちら
かであるかを指定する意味でも『つめしぼ』『あつしぼ』って言いましょう。
 
つめちゃ 冷たいお茶のこと。ちなみに熱いお茶は『あつちゃ』と言います。
 

最新情報

トピック

12月07日
使ってみたい
04月16日
管理人。
07月28日
会話で
開設日
2005年07月25日
(運営期間4086日)
カテゴリ
ゲーム
メンバー数
58人
関連ワード

おすすめワード