mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 文華堂書店

文華堂書店

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年2月12日 11:55更新

陸軍中野学校からヒトラーまで
戦争関連書籍の宝庫
 決して大きいとはいえない店内にびっしり置かれた戦争関連書。狭い通路前には、目当ての本探しに没頭する数人の男性客が折り重なるように並ぶ。入れ替わり立ち代り、さまざまな人が来店するのに驚く。「なかには、毎日来る人もいますから」と話すのは二代目店主の仙波正昭さん。創業が1937(昭和12)年のこの店は、戦争関連書籍を専門に扱う店として神田でもピカイチの知名度だ。

 一口に戦争といっても、こちらの専門は日清戦争以降の日本だ。戦史をはじめ、武将の伝記、外交史、連隊史、洋書、雑誌のバックナンバーなどがジャンルごとに配列されている。なかでも目立つのが、正面奥の書棚にあった分厚い一冊、『陸軍中野学校』。もともと部数僅少で、「業界内で10部ほどしか出回っていない」と仙波さんがいうように、極めて貴重な一冊である。ほかに、『日本ファシズムの源流』、『ヒトラーと第三帝国』など、ファシズムやナチスに関する書も多い。

 先代が戦争関係の本を集めるようになったのは、戦後、復員してきた矢先、「いずれ戦争ものの価値があがる時代がくる。いまのうちに集めておいたほうがいい」と、ある客からアドバイスがあったからだ。そして、1952(昭和27)年の開業以来、一貫して戦争関連書を扱う店として今日まで歩んできた。「戦争を扱う書店としては当時、ライバルはいませんでした。戦争がタブーだったのか、誰も商売にしていなかったのです」と仙波さん。
 時が経ち、最初は軍隊経験者がメインだった客層も、前述したように広がりをみせている。今後は、船、飛行機、戦車関連の書籍を充実させる予定だ。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 7人

もっと見る

開設日
2007年8月12日

3577日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!