mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > むきだしの体ー「指」 Cocco

むきだしの体ー「指」 Cocco

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年12月6日 21:47更新


初めて雪に触れた遠い日のことを
よく覚えている。

沖縄で生まれた私に
雪を見せようと、
ママは私を飛行機に乗せて
雪山へ向かった。

目の前に広がるのは
白い小さな破片たちの嵐で、
それは手のひらで溶けて消えていく、
夢のお話のようだった。

私は、つないでいたママの手を
無理に振りほどいて、
真っ白なうさぎのコートを着たまま
雪の上を転げまわった。

手袋を脱ぎ捨てて、
わしづかみにした雪は、
さらさらとこぼれて、
きしむように固まると
私の指を凍えさせた。

今、想い出してみると
私の指先は、
あれからずっと
つめたく冷えたままだった。

触れ合うとつめたいから、
冬になるといつも、
誰もが私の添い寝を嫌がった。

自分の体温よりも、
はるかに冷え切った
自分の指に怯えながら、
私はべットの隅で
まるくなって眠った。

そんな指が愛されたのは、
熱にうなされた人間達と
寝不足のほてった瞼への
手当てだけだったから、
私は、冷えた指を、
さらに氷漬けにして
つめたくつめたく冷やし、
いつも出番を待っていた。

気が付くと、
調子に乗った私の指は、
暖めようとしても
体温を取り戻せなくなっていて、
いつの間にか
手当てを求める声も
聞こえなくなってしまっていた。

風が吹いて、
クリスマスが近づいてくると
私の指は
また冷えていく。

髪をかき上げて
自分の体に指が触れると
私は初めて雪に触れた日を想い出す。

私の目に映った白い嵐や、
ママの手のぬくもりや、
そしてそれを振りほどいた感触。

舞い狂う雪のにおいと、
遠くから、
静かに、
静かに聞こえてくるのは、
やさしく柔らかな雪のワルツだけだった。


Cocco  1996 Cocko

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 66人

もっと見る

開設日
2007年8月11日

3753日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!