mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ラストエンペラー夫人 婉容

ラストエンペラー夫人 婉容

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年11月3日 12:53更新

清朝末期に皇帝に嫁いだ最後の皇后、婉容『ワンロン』
の波乱にみちた人生をたどってみたいと思っています。
 
写真でみる彼女は可憐で美しく、少女のようです。まさに皇后に推されたのは、当然のことでしょう。

けれど、夫たる元皇帝との生活、紫禁城での生活は彼女の思っていたものとほど遠く・・・

天津、満州国、日本軍の策謀に操られる日々に阿片に耽溺し、女児を出産しますが、父親は皇帝とも何某ともつかず、子供は、殺されてしまいます。

やがて、満州国が崩壊し、まさに流浪の旅へ。
それは、死への旅でした。彼女の死は秘密のベールに包まれています。絶世の美女に生まれながら、苦しみにみちた生涯でした。


参考文献 婉容(えんよう)―ラストエンペラー夫人: 本: 池内 昭一,孫 憲治
我が名はエリザベス (文庫) 入江 曜子
清朝の王女に生れて―日中のはざまで (文庫)
愛新覚羅 顕〓
流転の王妃の昭和史 (文庫)
愛新覚羅 浩 (著)
わが半生―「満州国」皇帝の自伝  上下(ちくま文庫) (文庫)
溥儀 (著, 原著), 小野 忍 (翻訳), 新島 淳良 (翻訳), 野原 四郎 (翻訳), 丸山 昇 (翻訳)
わが夫、溥儀―ラストエンペラーとの日々 (単行本)
李 淑賢 (著), 王 慶祥 (編集), 林 国本 (翻訳)
最後の皇后 (単行本)
王 慶祥 (著), 繆 光禎 (翻訳), 林 国本 (翻訳)
最後の宦官秘聞―ラストエンペラー溥儀に仕えて (単行本)
賈 英華 (著), 林 芳 (原著, 翻訳), NHK出版 (翻訳)
紫禁城の黄昏 (岩波文庫) (文庫)
レジナルド・フレミング ジョンストン (著), 入江 曜子 (翻訳), 春名 徹 (翻訳)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 77人

もっと見る

開設日
2007年8月6日

3816日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!