mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > イーヴリン・ウォー

イーヴリン・ウォー

イーヴリン・ウォー

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年1月17日 02:16更新

★原書読破の本格派にも、TVシリーズ『華麗なる貴族たち』(爆!)ファンのミーハーな人(失礼!)に対しても、開かれたコミュ。つまり、ウォーつながりなら、なんでもOK。英文での投稿だって、映画の主演俳優画像ネタだって、いいんですよ! トピック立てるのは、ご自由に。ただし、重複してないかどうかだけは、ご確認くださいね♪

★英国の作家イーヴリン・ウォー Evelyn Waugh (1903-1966)。 イヴリン・ウォー, イヴリン・ウォオ, イブリン・ウォー, イーヴリン・アーサー・セント・ジョン・ウォー。
Evelyn Arthur St John Waugh

★代表作に『ブライズヘッドふたたび』(ブライヅへッドふたたび)、『一握の塵』、『大転落』(ポール・ペニフェザーの冒険)など。

■トップページ更新履歴
このページの更新箇所を記録したログ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=2105005

■翻訳作品集成 イーヴリン・ウォー (Evelyn Waugh)
http://homepage1.nifty.com/ta/sfw/waugh_e.htm

■著書/訳書出版目録(暫定版)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=1650652

■現在、新刊書店で容易に入手可能な邦訳のリスト:
刊行年月の新→旧の順。遺漏があれば、ご指摘ください。
*「P.G.ウッドハウス頌」
 (ウォ−のウッドハウスにたいする賛辞・解説)
 『ジーヴズの事件簿』P.G.ウッドハウス選集(1) (2005)
 http://www.amazon.co.jp/dp/416324090X/ 巻末に
 所収。
*「グレアム・グリーン『事件の核心』―罪は幸福か?」
 (ウォーによるグリーン作品の書評)
 丸谷才一編著『ロンドンで本を読む』(2001)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4838712413/ 所収。
*「優雅なインタヴュー対応術―イーヴリン・ウォー」
 (1962年に行われ、翌63年雑誌に掲載された、
 Julian Jebb によるウォーのインタビュー。小野寺健訳)
 (a)『ライターズ・アット・ワーク』
 ジャン・コクトーほか (著), 松岡和子ほか (訳) (1989)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4893420925/ 所収。
 (b)『インタヴューズ〈2〉スターリンからジョン・レノン
 まで』
 クリストファー シルヴェスター (編), Christopher
 Silvester (著), 新庄哲夫ほか (訳) (1998)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4163545107/
 再録。
*『一握の塵』(1996)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4882024195/
*「勝った者がみな貰う」
 『笑いの遊歩道―イギリス・ユーモア文学傑作選』
 白水Uブックス (1990)
 http://www.amazon.co.jp/dp/456007089X/ 所収。
*「ピンフォールドの試練」
 『集英社ギャラリー [世界の文学] 5 イギリス』(1990)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4081290059/ 所収。
*「スコット・キングの現代ヨーロッパ」
 『イギリス短編24 現代の世界文学』(1989)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4087730794/ 所収。

■原書の縮訳版
* "A Handful of Dust" Abridged by Ken Ross (2004)
 http://www.amazon.co.jp/dp/0141187514/
 Penguin Audiobook の朗読に合わせて刊行された原書
 縮訳版。新本ではおそらく入手困難。2004年4月〜7月、
 NHKラジオ第2放送「原書で読む世界の名作」のテキ
 ストとして用いられた。

*『ブライズへッドふたたび[原書縮訳版]』(2000)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4327421502/
 新刊本で入手可能。これも前に、同上ラジオ番組の
 テキストとして用いられた。小野寺健さんによる
 日本語の解説・注釈つき。

■復刊ドットコム『イーヴリン・ウォー』 復刊特集ページ
http://www.fukkan.com/group/index.php3?no=3182
名訳復活のために、清き一票を。

■はてなダイアリー - イヴリン・ウォーとは
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%a4%a5%f4%a5%ea%a5%f3%a1%a6%a5%a6%a5%a9%a1%bc

■Trash-in/Evelyn Waugh を励ます会
http://www.geocities.jp/trash_in_2003/evelynwaugh.html

■Doubting Hall - Evelyn Waugh
http://www.doubtinghall.com/index.html
John Porter という人が運営する、スタイリッシュなデザインのサイト。年譜、作品紹介、引用句など、もりだくさん。特に参考文献やリンク集が充実している。

■An Evelyn Waugh Website by David Cliffe
http://www.abbotshill.freeserve.co.uk/
"Brideshead Revisited" 映画化の進捗状況についてのコメントが、ここ http://www.abbotshill.freeserve.co.uk/Delights.htm#film にある。
またウォ−本人の声の録音が、ここ http://www.abbotshill.freeserve.co.uk/HisOwnWords.html で聞ける。

■Diverse Books - Evelyn Waugh 1st Edition Bibliography
http://www.diversebooks.com/waugh.shtml
初版本刊行年順の解題。

■The Brideshead Generation 英文学と風景のホームページ
http://www.geocities.jp/steyuki/brideshead/brideshead_intro.html

■Evelyn Waugh - Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Evelyn_Waugh

■Evelyn Waugh - glbtq, an encylopedia of gay, lesbian, bisexual, transgender & queer culture
http://www.glbtq.com/literature/waugh_e.html

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 115人

もっと見る

開設日
2005年7月22日

4152日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!