mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 小林秀雄 (批評家)

小林秀雄 (批評家)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年3月6日 14:20更新

小林 秀雄(こばやし ひでお、1902年4月11日 - 1983年3月1日)は、文芸評論家。

東京市神田区(東京都千代田区)生まれ。『のらくろ』の作者田河水泡は義弟。白洲次郎・正子夫妻とは、双方の子息が夫婦であり、血縁に当たる。

東京府立一中116名中75番で卒業、その後一高を経て、東京帝国大学仏文科卒業。1932年から1946年まで、明治大学で教鞭を執る。

中原中也、青山二郎、白洲正子などと交流があった。隆慶一郎は弟子。

特徴[]
小林の力強く、感覚的・飛躍的な文体と論理は、その後の数々の分野の批評に強い影響を与えた。そのため、最近では日本の文芸批評の非論理性の源流を小林に認める向きもいくらかある。元来、小説家を志しており、特に初期の文芸批評は、自ら小説とみなしているほどである。文学の批評に留まらず、西洋絵画の評論、海外文学の翻訳も手がける。

三島由紀夫は著書『文章読本』の中で「日本における批評の文章を樹立した」と評価している。

小林の「印象批評」独自の文章は、数多くの大学入試問題に採用され、難問として受験生を苦しめた。

[経歴]
1929年、雑誌『改造』の懸賞論文で、文壇の諸々の様相を批評した『様々なる意匠』が二席に入賞し、文壇にデビューする。なお1位は宮本顕治『「敗北」の文学』であった。宮本は、小林の死にあたって談話を発表し、その中で鎌倉の文化財保護に小林の果たした役割を高く評価した。

1930年から「文芸春秋」の時評を担当。『アシルと亀の子』などの文芸時評で地位を確立。プロレタリア文学などの観念性、私(わたくし)小説などの脆弱さを激しく批判、近代日本文学の再検討に向かった。

1933年、武田麟太郎、林房雄、川端康成らと『文学界』を創刊、『ドストエフスキーの生活』を連載。1935年には編集責任者になった。このころ『Xへの手紙』『私小説論』を発表。

太平洋戦争勃発のころから時事的発言を控えて古典芸術、音楽、造形美術、歴史の世界に没頭、それらは戦後、『無常といふ事』『モオツアルト』(いずれも1946年)にまとめられた。

『ゴッホの手紙』、さらにドストエフスキー作品集などで芸術家の創作活動を探求、外遊後『近代絵画』を刊行。また日本文学の伝統を考察。晩年の1977年『本居宣長』を完成した。

批評を独立した文学に高め、各方面に影響を与えた。1967年文化勲章。

[小林の戦争プロパガンダ]
戦前、小林は国粋主義者である大川周明を称賛する文章を書いた。1937年11月、小林は『改造』誌上で『戦争について』と呼ばれるエッセイを発表し、その中で「天皇の臣民としての義務が何よりも優先する」と主張し、日中戦争に反対する人々を強い調子で批判した。小林によれば、戦争とは自然災害のようなもので、人間によってコントロールできないものである。そのため、台風をやりすごすのと同じように戦争は正しいか正しくないかにかかわらず勝たねばならないというのであった。

小林は戦時中、6回にわたって中国を訪問している。最初の訪問は1938年3月で、日本軍から文藝春秋の特派員として招聘され、当時日本軍が占領していた中国東北部をまわった。1940年になると小林は、菊池寛らによる文芸銃後運動の一員として、戦争を支援するため川端康成、横光利一ほか 52名の小説家とともに日本国内、韓国および満州国を訪問した。

戦後、小林は戦争協力したことの自由主義・共産主義陣営からの広範な批判を受け、論壇第一線から退いたものの、文芸批評家としての実績は現在まで評価され続けるに至っている。

[主な著作]
『様々なる意匠』 『女とポンキン』 『Xへの手紙』 『一ツの脳髄』 『志賀直哉』 『私小説論』 『ドストエフスキイの生活』 『無常といふ事』 『モオツァルト』 『考へるヒント』 『本居宣長』 『近代絵画』 『ゴッホの手紙』 『菊池 寛』

[主な翻訳]
ポール・ヴァレリー『テスト氏』
アルチュール・ランボー『地獄の季節』
アラン『精神と情熱とに関する81章』

[関連項目]
小林秀雄賞
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E7%A7%80%E9%9B%84%E8%B3%9E
[外部リンク]
小林秀雄年譜
http://homepage2.nifty.com/yarimizu2/kobayashinenpu1.html

*掲示板に、小林秀雄氏の言葉「人生の鍛錬」(新潮新書)を紹介しています。ご意見等頂ければ幸いです。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 151人

もっと見る

開設日
2007年8月1日

3590日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!