mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 真黒毛ぼっくす

真黒毛ぼっくす

真黒毛ぼっくす

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月3日 14:10更新

とりあえず作成しました。
「真黒毛ぼっくす」のhpはこちらです。
http://www.ne.jp/asahi/aozora/record/

駆け足の真黒毛ぼっくす
--------
大槻ヒロノリが岩手大学在学中、フォーク実験室なるサークルにて「真黒毛ぼっくす」なるフォークバンドを結成。その後、ドラム、ベースを入れて地味に活動。当時、盛岡では柳平氏率いるパンクGSバンド「生がき」が大活躍していた。
 1985年、大槻上京とともに大学時代の先輩;柳平氏等をさそって新たに活動開始。国分寺モルガーナで初ライブ。その後、あらゆるライブハウスで月2〜4本という驚異的なペースで演奏活動開始。渋谷屋根裏でのジャスト・ア・ビートショー参加、デビュー前のブルーハーツ対バンなどがあった。
  1988年、太陽レコード:サワキ氏に認められ、太陽レコードよりEP「ダイナマイト」を発売し、初の東海道ツアー。折からのバンドブームで動員急増。1990年、自身の青空レコードを立ち上げてファーストアルバム「白痴」、翌年セカンド「月の散歩道」発売。ニューイヤーロックフェス等の多くのイベントに参加しながらも、新宿ロフト、渋谷LAMAMAを拠点に演奏活動を続ける。やがて柳平氏が結婚、子供が生まれたのを機に脱退。大槻は1995年ついに真黒毛ぼっくすの停止を決断。別ユニット「バナナフィッシュ」を立ち上げる。

 1997年、大槻ソロユニットとして「真黒毛ぼっくす 」復活。ライブごとにメンバーを集めるという形体で演奏再開する。1998年、7年ぶりにサードアルバム「歓びのダンス」を発売。弾き語り、アコースティック編成からホーンを加えた大所帯編成と、都内中央沿線中心に多彩なLIVE活動を続ける。2002年秋、レコーディング突入。そして2003年7月、ついに4thアルバム「ジャマイカ国分寺」完成。
 その後、チンドン、三線などを加え、関西ツアー等、精力的に活動。2005年、20周年を記念して、あがた森魚さんを迎えての青空企画ライブにて最高動員を記録する。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 140人

もっと見る

開設日
2005年7月21日

4154日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!