mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 地域 > 【おぶせ Tシャツ畑】

【おぶせ Tシャツ畑】

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年11月4日 21:52更新

信州小布施 北斎の町
【Tシャツ畑】プロジェクト  http://www.t-obuse.com/

■小布施の畑でTシャツアート!! Tシャツの図柄と「着る人への手紙」を募ります。

「小布施町の600坪の畑に1000枚のTシャツをはためかせたい。」
そう思った男がいました。大好きな小布施に住みたくて、東京から家族で移り住んだ男です。
 Tシャツ。
ネクタイなどほとんどしない彼。ふだんからTシャツを着て過ごしています。その1枚、1枚のTシャツに思い出があり、お気に入りもあります。
 そうだ! 畑のTシャツ=ヒラヒラとはためく1000枚のTシャツの図柄には、創作した人それぞれの、ふだん着のままの着飾らない、素の思いが表現されているんだ。それぞれの思いが詰まっているんだ。
「Tシャツに宿したい思い、宿す思い、宿る思い」=それぞれの暮らし中の、喜びや悲しさ、こうあったらなーという願い……Tシャツ1枚1枚に、生き様がある。それが1000枚集まって、そこに生き様の交流が生まれたら、すてきだな。

Tシャツに描く図柄(デザイン)と、その図柄に寄せる思いやメッセージをつづる「着る人への手紙」(400文字以内)を募集します。
信州小布施には、日本一の大河・千曲川が、日本海を目指してゆったりと流れています。その広大な河川敷はむかし、菜種油を取る菜の花が、一面に黄金色に咲くために「黄金島(こがねじま)」と呼ばれていました。黄金島は、コットン(木綿)の産地でもありました。小布施人が紡いで織った木綿布は、花のお江戸にも運ばれていたといいます。
江戸時代にTシャツがあったなら、お江戸の粋人たちは、小布施産のオーガニック・コットンのTシャツに、どんな図柄を描いたことでしょう?
そのころ、日本のアニメ作家の草分けとも言われる絵師・葛飾北斎が、この地で晩年の日々を過ごしていました。北斎が滞在中に訪れたお寺や神社、眺めた山や川は、そのころのままに残っています。庶民的な俳句で知られる小林一茶が、小布施人と親しみながら俳句を詠んだのも、このころのことです。

「Tシャツ畑プロジェクト」の舞台、信州小布施に、みなさんの、ときはなたれた、やわらかな発想から生まれた図柄と「着る人への手紙」を、お寄せください。そして、小布施でお会いしましょう。きっとその交流の場から、私たちが予想もしていないものごとが、生まれ出ることでしょう。お待ちしております。

このプロジェクトが目指していること!
小布施産和綿「100% OBUSE ORGANIC COTTON」Tシャツ作りを目指します。
その理由・・・小布施は、木綿の産地でした。
このプロジェクトは、イベントのTシャツの元となるオーガニック・コットン畑を住民や子供たちと育てる「学びの場」と考えています。来年より綿の種をまき、育てる予定です。たんなるアートイベントではなく、まずはみんなで目に見える環境を考え、そこに僕らの生活、生き方を考えます。

ボランティア募集 申し込みフォーム
http://xippi.com/t-batake_v_form.html

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 15人

もっと見る

開設日
2007年7月27日

3527日間運営

カテゴリ
地域
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!