mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 車、バイク > ディアブロGTR-S

ディアブロGTR-S

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年7月31日 01:06更新

どうも、管理人変わりましたあせあせ

オリジナルのGTR-Sは写真のライター・エンジニアリングのこの一台のみexclamation ×2

他に存在するGTR-Sは限定発売されたキットを組み込んで仕上げたらしいです手(パー)


ランボルギーニ設立者=フェルッチオ・ランボルギーニ

世界中で大ヒットを博した70〜80年代の名車「カウンタック」の後継車種でもある。空気抵抗を意識した低い車高とガルウイング(跳ね上げ式)といったカウンタックの特徴を踏襲した。
後継車はムルシエラゴ。

搭載エンジンは初期モデルは5.7リッターV12気筒DOHC48バルブである(最終型では排気量は6リッターに拡大されている)。カウンタック同様、縦置きのミッドシップで、前方にミッションを配置し、オイルパンを貫通したシャフトを介して後輪に駆動力を伝達するという特殊な構造を採用した。ホイールベース長は2650mm、カウンタックの最終モデルである25thアニバーサリーに比べ150mm延長され、居住性の向上が図られた(カウンタックの居住性は市販車中最悪と言われた)。フレームはカウンタック同様のマルチチューブラーフレームだが、断面形状が、カウンタックの丸断面に対し、角断面に変更された。
ボディデザインはマルチェロ・ガンディーニの手によるものだが、当時ランボルギーニ社を所有していたクライスラー社によって修正が加えられた。前後のフェンダーとドアにはアルミ素材、バンパー、フロントフード、エンジンフード等には「アウトクラーベ」というランボルギーニ社が開発した複合素材が使用され、ボディの軽量化がなされた。
グレードも様々な物が存在し、以下に羅列する。

VT:4WDモデル。

Roadster:着脱可能なカーボン製のルーフを装着したオープンカーモデル

SV:スポーツ性を重視したスパルタンモデル。ベーシックグレードでもある。

MY98 SV:(1998年モデル)で、フロントホイールが17インチから18インチに拡大、同時にフロントのブレーキディスクも355mmに変更された。

MY99 SV:(1999年モデル)からインテリアが一新されるとともに、リトラクタブルヘッドライトが廃止され、固定式のプロジェクターランプになった。これは、フェアレディZのものを流用している。

JOTA(イオタ):JGTC参戦のためにテライエンジニアリング向けに3台のみ製作された初代競技専用車。1台は公道用。

SE30 (JOTA):限定車種。部品を軽量化したレーシングな味付けがされたモデル。150台限定。
150台のうち30台はDIABLO JOTA

SE35:創立35周年を記念してスイスの「ガレージ・ローランド・アフォルター」が10台限定オーダーした車種

GT:競技用車種を公道仕様に改良した限定車。世界限定80台。

6.0:排気量を拡大し550馬力に出力を向上し、4WD駆動としたモデル。

6.0SE:2001年のジュネーブ・ショーで登場した、ディアブロの最終モデル。基本的なメカニズムはディアブロ6.0と同じだが、インテークマニフォールドとシリンダーヘッドがマグネシウム素材に変更された。軽量化も図られた。生産台数は約40。

SVR:競技用車種。SVをベースにしたワンメイクレース仕様車。徹底的な軽量化が行われ、1530kgから1385kgにダウンしている。

GTR:GTベースのレーシングモデル。1996年に登場したワンメイクレース仕様車SVRの後継モデルとして、「ランボルギーニ・スーパートロフィー」用に30台限定で開発された。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 30人

もっと見る

開設日
2007年7月22日

3598日間運営

カテゴリ
車、バイク
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!