mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > 「純愛」

「純愛」

「純愛」

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年4月19日 22:21更新

2011年3月21日更新

mixiでつながる皆さまへ
いつも会っている人と、ずっとお会いしていない皆さまへ

よろしければご一読いただき、ご興味があれば遠慮なくメッセージください。

〜愛はすべての困難を超える、今私たちにできること〜

〜映画「純愛」は今年2月、英国貴族院に招待をいただきました〜

【開催】4月9、10日(土日)「純愛」東北関東大震災チャリティー上映会 

【場所】表参道 東京ウィメンズプラザ

【時間】12時開場 13時開演  16時30分頃終了予定

【内容】「純愛」上映&主演ご挨拶&アーチストライブ


東北関東大震災発生から約1ヵ月後の4月9日、10日、にて、チャリティー上映会を有志の仲間達と行うこととなりました。よろしければご一読いただき、参加希望、お問い合わせなどがございましたら、どうぞ奥山まで遠慮なくご連絡ください。誠意をもって対応させていただきます。


純愛プロジェクト事務局 事業運営

プロジェクトデザイン代表

奥山省吾

〒145-0071 大田区田園調布1-10-26-408

090-7283-5821

okuyama6868@yahoo.co.jp



☆「純愛」ストーリー☆

絶望と失望に向き合いながら、いつも心に希望と許しと思いやりを忘れなかった二人の女性、その家族や仲間たちの生き方が、数十年後に「奇跡の光景」を創り出す。これは戦争映画ではなく、愛の物語。描かれた人々の生き方は、過去を癒しつつ、その熱きメッセージは現代、そして未来に向けられている。

1945年夏、長い間続いた戦争が終わった。中国大陸には多くの日本人開拓団(32万人)が移り住んでいた。彼らの生活、夢は敗戦とともに崩れ去った。逃避行を続ける彼らは中国の山中で生死の縁をさまよっていた。

そこには中国の農民達が暮らしていた。彼らの多くは日本軍によって大切な家族を失っていた。愛、俊介、山龍(シャンロン)、そしてその年老いた母、彼らの間に国境を越えた友情、そして、命を懸けた愛が生まれようとしていた。


<「純愛」の歴史>

99年 純愛プロジェクト開始 「映画と学校を作り育てる市民プロジェクト」として

04年 中国山東省泰山の麓に小林桂子基金希望小学校を設立

05年 映画「純愛」撮影 中国吉林省にて

06年 編集、完成

07年 日本公開 開始

  純愛プロジェクト東京事務所開設

  エンジェルフィルムアワード・モナコ国際映画祭 最多5部門授賞

  BBCワールド アジアトゥデイ取材、オンエア

08年 日本の国会議員・職員対象の上映会 国会となりの憲政記念会館にて

  東京国連難民映画祭 正式出品

  中国 長春映画祭 正式出品

  中国全土 劇場公開

  純愛幼稚園開園 小学校の敷地内

09年 エンジェルフィルムアワード・モナコ国際映画祭 

  エンジェルピースセレブレーションアチーブメントアワード授賞

  純愛フェスティバルin東京 開催 日比谷公会堂

10年 中国国営放送(CCTV)にて中国全土オンエア

  希望小学校・純愛幼稚園改修工事

  英国ロンドン 英国映画テレビ芸術アカデミー 上映&フォーラム

  東京 純愛マザー・テレサ映画祭

11年 英国ロンドン 英国貴族院 上映&フォーラム



<当日の公演内容>


【開催】4月9、10日(土日)「純愛」東北関東大震災チャリティー上映会 

【場所】表参道 東京ウィメンズプラザ

【時間】12時開場 13時開演  16時30分頃終了予定

【内容】「純愛」上映&主演ご挨拶&アーチストライブ


●日中共同映画「純愛」上映 〜日中英マルチ言語字幕〜

●小林桂子、大村真吾によるトークライブ 「たったひとりとの出会いで、すべてが変わる」

●アーチストライブ 
 9日 秋山峰男のライブアート 
 10日 川口恭誉(主演・シンガー)、
     セドナのヒーラー クレッグ・ジュンジュラスからのメッセージ


<参加費>

●一般 3,000円 (事前お申し込みご入金 ※ 当日参加費3,500円)

●純愛パスポートメンバー 1,000円 (ライブイベント参加費として)

●大学生・高校生 1,000円 ●中学生以下 無料

※ この上映にかかる経費ー会場費、上映権料、通信費などーを除くすべての収益金は東北関東大震災の被災地に寄付されます。


<参加お申し込み・お問合せ>

発起人・主催・協賛の大村真吾さんが経営する会社です。

クラブワールド 東京都港区南青山2−22−15 内山ビル3F

電話 03−5413−7737 ファックス 03−5413−1338
Tokyo@club-world.net

お振込先 ゆうちょ銀行 記号10180 番号85547401

※ 他機関からお振込みの場合 

店名0一八(ゼロイチハチ) 店番018 普通預金 8554740 株式会社 クラブワールド 

受領書を兼ねた「参加証明(整理番号つき)」を発行いたします。
通常のチケットは発行いたしません。ご注意ください。

※ 純愛ファミリー&プロジェクト事務局にもお気軽にお問合せください。
 電話・Fax 03-3721-3677 (不在の場合あり)
 奥山(事業運営)090-7283-5821 okuyama6868@yahoo.co.jp

<交通アクセス>

東京ウイメンズプラザ

http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html
03)5476−2377 〒150-0001

東京都渋谷区神宮前5-53-67
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅下車徒歩7分
表参道 青山通り 国連大学裏 こどもの城のすぐ近く


<定員>

 各240名 (先着順 事前申し込み制 全席自由席)


<ご挨拶>

いつもあたたかいご支援をいただき、誠にありがとうございます。
そして、震災に遭われた皆さまの一人でも多くの方がご無事であることを祈ります。すでにお亡くなりになった皆様のご冥福を心よりお祈りいたします。

製作開始から12年目を迎える「純愛」は、去る2月24日、英国貴族院へご招待を受け、上映会と交流会を終え帰国しました。

世界には様々な困難が存在し、それを超えるために最も必要なことは世界中の誰の心にも息づく「真実の愛」であると確信し、帰国の途につきました。その東京での報告会を無事に終えた翌日、3月11日に未曾有の大震災が起きました。


この映画は中国においては四川大震災の直後に中国全土一斉劇場公開されました。

映画の中心である「愛」こそが、四川大震災で傷ついた中国の人々の心を力づける最大の力になり、また、経済中心で大切なものを失いつつある中国国民の心を目覚めさせるだろうとの評論家、有識者の皆さまの強い推薦を得たのです。



3月17日現在、東北関東大震災から避難された方は32万人と報道されています。

1945年当時、中国に取り残された日本開拓団民は32万人、当時に匹敵する国難である大震災の後の日本、さらには今なお戦争、テロ、貧困、飢餓の絶えることのないこの世界において、純愛=真実の愛の物語が人々の心を少しでも力づけることを願って止みません。

日中英3カ国語字幕による「純愛」上映に加え、製作総指揮・主演の小林桂子のご挨拶、賛同するアーチストの特別出演などを準備して、皆さまのご来場を心よりお待ちしています。


ONE WORLD, ONE LOVE, ONE FAMILY

日中共同製作映画「純愛」製作総指揮・主演   小林桂子
東北関東大震災チャリティー上映会 主催・協賛 大村真吾 松村健弘
純愛ファミリー&プロジェクト事務局 事業運営  奥山省吾



<出演者プロフィール>

☆小林桂子 (こばやし けいこ)

映画「純愛」製作総指揮・脚本・主演 
中国泰山小林桂子基金希望小学校名誉校長、純愛幼稚園名誉園長

映画プロデューサー、女優業を務めるとともに、女優として得た報酬でスリランカの幼稚園建設を支援するなど、社会活動家としての顔を併せ持つ。

純粋でまっすぐな生き方が信条で、その貫く精神が日中共同製作映画実現の原動力となった。観るものを目覚めさせる魂を込めたその演技は、日本、中国、欧米の有識者に高い評価を得た。銀幕上とともに、彼女のステージ上でのトークパフォーマンスに対するファンも多数。

第5回エンジェルフィルムアワード・モナコ国際映画祭にてベストプロデューサー賞、エンジェルピースアワード授賞。2011年2月24日、英国貴族院に純愛とともに招かれ、スピーチを行った


☆秋山峰男 (あきやま みねお)

年間300日間、乞われるがままに各地に赴きヒーリングアートを書き続けている。

行く先々で人々の魂や神社仏閣のエネルギーを描き、コンサートで様々なミュージシャンとコラボレーションを行っている。

旅を続けること2100日、7000人を越える人々の魂を描いて、現在その活動は日本国内にとどまらず

アメリカ、セドナ、マウントシャスタ、アシェランド、ハワイ、バリ島にも拡がっている。


☆川口恭誉(かわぐち やすたか)

「純愛」主演 俊介役・シンガー

2000年春、歌手デビューの準備中、映画「純愛」のプロデューサー小林桂子の目に留まる。

2009年モナコ国際映画祭、2010年英国アカデミー(BAFTA)上映会、2011年2月24日英国貴族院の上映会において、

世界各国で大ヒット曲となった「上を向いて歩こう〜Sukiyaki 」の独唱を行った。

☆☆☆

以下は、2007年当時の情報です。

2007年8月23日発売の「ぴあ」にて、この夏の映画満足度ランキング一位に選ばれました!!! 18作品中トップです。

<記事>
今週の満足度1位を記録した『純愛』は終戦直後の中国を舞台に、生死の淵を彷徨う若き開拓団の男女と、彼らを助ける中国人母子の、国境を越えた友情と愛を描く感動作。「心が激しく揺さぶられた」「素朴な純愛映画だと思っていたが、奥の深い内容で引き込まれた」「全篇を通じて“命の重み”を感じる作品だった」など、激動の時代の中で展開される様々な愛の形が深い感動を生んでいた。また、本作は日中文化・福祉交流の市民プロジェクトの一環として製作され、すでに製作準備資金の一部で中国に小学校が建設されたほか、今後も作品の収益金の一部(中略)世界中の学校建設に役立てられる。「1人から周りへと広がっていく大きな力というものをこの作品を通じて感じられた」という観客の声の通り、本作をきっかけに“映画と社会貢献”の新しいモデルが誕生することが期待される。

☆☆☆

プレス用リリースより

これは戦争映画ではなく、愛の物語。「純愛」とは真実の愛。
1945年、夏。長い間続いた戦争が終わった。中国大陸に渡った多くの日本の若者達が生きていた。希望に燃えた彼らの夢は一瞬で崩れ去った。愛と俊介たち開拓団は生死の淵をさまよっていた。中国の村人達がいた。彼らの多くは、日本軍に大切な家族の命を奪われていた。すべてを受け入れ、二人を助ける山龍(シャンロン)、そして年老いた母。彼らの中に、国境を越えた友情、そして生命を賭けた「愛」が生まれようとしていた…この映画は戦争の悲惨さを伝えようとしているのではなく、今の時代でも変わることのない真実の愛をテーマとしたものです。

総製作期間8年。映画「純愛」は映画と学校を作る市民プロジェクトの一環です。

小林桂子(製作総指揮・主演「愛」役)を軸とした「純愛」プロジェクト(Kプトジェクト1)は、99年にスタート。市民ボランティアから広がった輪は、映画スタッフ、俳優、アーチストへと広がり、日本と中国の民間の人々の間に架け橋が生まれました。今、深い感動を世に送り出します。04年、映画制作準備金の一部で中国山東省泰山に希望小学校を建設し、600人を超える子供達が元気に通っています。公開後はチケット代の一部を中国泰山の小学校を基点に、幼稚園建設など、世界の子供達のために使用します。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 246人

もっと見る

開設日
2007年7月18日

3433日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!